70件中 21 - 30件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見た初芝清

    習志野市立第二中学校、習志野市立習志野高等学校を経て、1993年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに投手として7位指名され入団。しかし半年で3回肩を壊し打者に転向。入団4年目の1997年に振り子打法を引っさげ一軍デビュー、即座に一塁のレギュラーに定着。しかしその後は石井浩郎、ボーリック、初芝清などにポジションを譲り外野を守ることも多くなった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た岸孝之

    100本塁打:2010年3月22日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(西武ドーム)、3回表に岸孝之から右中間へ2ラン ※史上258人目福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た水田章雄

    1500本安打:2009年5月2日、対福岡ソフトバンクホークス5回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、8回表に水田章雄から左中間へ2点適時二塁打 ※史上99人目福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た大松尚逸

    2010年は、金泰均の加入で主にDHや代打の切り札として出場。この年はここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)にて6回表1死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され代打逆転満塁ビデオ判定弾となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率は.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録した。また、指名打者部門でベストナインに選ばれた。ベストナイン受賞は自身初である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た西村龍次

    初盗塁:1998年7月28日、対福岡ダイエーホークス16回戦(北九州市民球場)、2回表に二盗(投手:西村龍次、捕手:城島健司)福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た石井丈裕

    初打点:1997年7月13日、対西武ライオンズ15回戦(札幌市円山球場)、5回表に石井丈裕から福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見たゲイリー・バーナム・ジュニア

    2009年 シーズン当初はここ数年同様低調で打率は2割前半に沈み、またチャンスに弱く得点圏打率は1割台、長打率も2割台後半まで低くなり打順は主に2番や8番で堀幸一やゲイリー・バーナム・ジュニアと併用されていたが、8月後半から徐々に調子を上げ、勝負強さと長打力を取り戻しシーズン終盤には再び3番に定着、3割には届かなかったものの2年ぶりに100安打、3年ぶりに規定打席に到達した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た横田久則

    初本塁打:1997年8月12日、対西武ライオンズ16回戦(千葉マリンスタジアム)、2回裏に横田久則から右中間へ逆転決勝2ラン福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た山本功児

    2001年から2006年まで6年連続で打率3割を記録したアベレージヒッター。3度ゴールデングラブ賞を獲得したこともあり守備の評価も高い。家族は夫人と一男。なお息子の名前の一部に彼を見出した山本功児前監督にあやかって「功」の字が使われている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た堀幸一

    2009年 シーズン当初はここ数年同様低調で打率は2割前半に沈み、またチャンスに弱く得点圏打率は1割台、長打率も2割台後半まで低くなり打順は主に2番や8番で堀幸一やゲイリー・バーナム・ジュニアと併用されていたが、8月後半から徐々に調子を上げ、勝負強さと長打力を取り戻しシーズン終盤には再び3番に定着、3割には届かなかったものの2年ぶりに100安打、3年ぶりに規定打席に到達した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「福浦和也」のニューストピックワード