108件中 31 - 40件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見たオリックス・バファローズ

    、7月5日に初の一軍昇格。その日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で7番一塁手でスタメン出場し、プロ入り初安打を記録。同月15日の対日本ハムファイターズ戦ではサヨナラ打、8月1日の対西武ライオンズ戦では初本塁打を放つなど活躍し、3番一塁手のレギュラーに定着。67試合に出場して打率.289の成績を残した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た堀幸一

    、シーズン当初はここ数年と同様に低調で、打率は2割台前半、得点圏打率は1割台、長打率も2割台後半に沈み、打順は主に2番や8番で堀幸一やゲイリー・バーナム・ジュニアと併用されていた。しかし、8月から徐々に調子を上げ、8月と9月の2ヶ月間で49安打、打率.363と勝負強さと長打力を取り戻してシーズン終盤には再び3番に定着。3割には届かなかったものの2年ぶりに100安打、3年ぶりに規定打席に到達した。また、5月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、史上99人目、球団史上10人目の1500本安打、8月19日の対オリックス・バファローズ戦では1500試合出場を達成。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    、開幕戦で3点本塁打を放つ活躍などで、シーズン序盤は4番を任されるものの不振に陥る。6月は月間打率.346と持ち直したが、7月から9月は1割台と再び低迷。8月以降はスタメンを外れることが多くなり規定打席は未到達。最終的に80安打で打率.223、本塁打3、打点43と一軍での自己最低の成績であり、三振72と例年より三振率の高いシーズンでもあった。なお、4月13日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で史上30人目の通算350二塁打を達成。1654試合での達成は歴代3位のスピード記録である。thumb|2011年8月6日、QVCマリンフィールドにて福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た日米野球

    、前年韓国で56本塁打を記録した一塁手の李承燁が入団したが、この年も打率.314(リーグ9位)、11本塁打の成績で一塁のレギュラーを守った。両リーグ最多の42二塁打、史上初の3年連続40二塁打、8月20日の対福岡ダイエーホークス戦では通算1000本安打を達成。6月1日の同対戦では杉内俊哉から満塁本塁打を放った。また、2度目となるオールスターゲームと、シーズンオフに開催された日米野球にも出場した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見たゴールデングラブ賞

    、初の全試合出場を達成し、自己最多の172安打、21本塁打、76打点で3年連続の打率3割を記録。また、歴代2位の50二塁打、史上初の2年連続40二塁打、シーズン2度の1試合5安打を達成。なお、シーズン172安打は2010年に西岡剛に更新されるまで、球団3位の記録であった。守備面では3年ぶりに外野を守る機会もあったが、一塁手部門で初のゴールデングラブ賞を獲得した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た東京ヤクルトスワローズ

    、シーズン初スタメンだった4月9日の対オリックス・バファローズ戦で5年ぶりとなる1試合2本塁打を放つが、4月下旬から尿管結石のため一時登録を抹消される。5月に復帰後はスタメン出場もしばしばあり、最終的に73試合に出場で47安打、打率.272の成績を残した。6月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、史上48人目、球団記録では4人目の通算2000試合出場を達成した。また、クライマックスシリーズファーストステージの対北海道日本ハムファイターズ戦では、スタメン出場した2試合で7打数4安打の成績を残すが、ファイナルステージでは無安打に終わった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た北海道日本ハムファイターズ

    、7月5日に初の一軍昇格。その日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で7番一塁手でスタメン出場し、プロ入り初安打を記録。同月15日の対日本ハムファイターズ戦ではサヨナラ打、8月1日の対西武ライオンズ戦では初本塁打を放つなど活躍し、3番一塁手のレギュラーに定着。67試合に出場して打率.289の成績を残した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た阪神タイガース

    、故障もありやや低調なシーズンだったが、終盤の追い込みで5年連続の打率3割と3年連続の70打点を達成。本塁打は一桁に終わったが、得点圏打率.333、満塁打率.556、犠飛はリーグトップの9本を記録した。また、5月12日の対阪神タイガース戦では通算1000試合出場を達成している。ボビー・バレンタイン監督による日替わりのマリンガン打線において、唯一福浦だけが1年間「3番」に固定されるなど、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。阪神タイガースとの日本シリーズ第3戦では桟原将司からシリーズ史上17本目となる満塁本塁打を放った。なお、優勝したアジアシリーズでは腰痛のため選手登録はされなかった。3度目のオールスターゲーム出場と2度目のゴールデングラブ賞受賞を果たす。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た千葉ロッテマリーンズ

    福浦 和也(ふくうら かずや、1975年12月14日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属する千葉県習志野市出身のプロ野球選手(内野手)。左投左打。背番号は9。「幕張の安打製造機」の異名を持つ。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た谷佳知

    シーズン50二塁打:2003年 ※谷佳知に次いで史上2例のみ福浦和也 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示