1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見た1993年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    習志野市立第二中学校、習志野市立習志野高等学校を経て、1993年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに投手として7位指名され入団。しかし半年で3回肩を壊し打者に転向。入団4年目の1997年に振り子打法を引っさげ一軍デビュー、即座に一塁のレギュラーに定着。しかしその後は石井浩郎、ボーリック、初芝清などにポジションを譲り外野を守ることも多くなった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た振り子打法

    習志野市立第二中学校、習志野市立習志野高等学校を経て、1993年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに投手として7位指名され入団。しかし半年で3回肩を壊し打者に転向。入団4年目の1997年に振り子打法を引っさげ一軍デビュー、即座に一塁のレギュラーに定着。しかしその後は石井浩郎、ボーリック、初芝清などにポジションを譲り外野を守ることも多くなった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た犠牲フライ

    2005年は故障もありやや低調なシーズンだったが、終盤の追い込みで辛うじて5年連続の打率3割を達成。チャンスでの強さは変わらず、ロッテのプレーオフ進出に大きく貢献した。そのプレーオフでも好調を維持し、ロッテの31年ぶりのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズ第3戦では阪神の桟原将司から満塁本塁打を放った。アジアシリーズでは腰痛のため選手登録はされなかった。また、この年にはリーグトップの犠飛(9本)を打っている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た西武ドーム

    初二塁打:1997年8月19日、対西武ライオンズ19回戦(西武ライオンズ球場)、2回表に豊田清から福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た左利き

    元々右利きだが、幼少時の怪我が原因で左投げに転向した。ちなみに足は左利きである。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た札幌市円山球場

    初打点:1997年7月13日、対西武ライオンズ15回戦(札幌市円山球場)、5回表に石井丈裕から福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た死球

    2002年はタイトルホルダー故の厳しいマークに遭い17死球を受けるも打率3割を記録。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た打点

    2007年は開幕から故障し、5月までは3割を維持して復帰直後こそ高打率だったものの、怪我の影響で打率を徐々に落とし、打率.258、本塁打4という自己最低の成績に終わってしまった。前年まで左投手に対して3割近く打っていたが、この年は打率.181に終わった。しかし勝負強さは健在で、得点圏打率は.339だった。更に打点は57と前年より多かった。規定打席にはわずか1打席足りず届かなかった。それでも守備では往年の動きが健在で、自身3度目のゴールデングラブ賞を獲得。オフには複数年契約が切れ、メジャー挑戦も視野に入れたFA宣言も噂されたが、宣言せずに残留した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た得点圏打率

    2007年は開幕から故障し、5月までは3割を維持して復帰直後こそ高打率だったものの、怪我の影響で打率を徐々に落とし、打率.258、本塁打4という自己最低の成績に終わってしまった。前年まで左投手に対して3割近く打っていたが、この年は打率.181に終わった。しかし勝負強さは健在で、得点圏打率は.339だった。更に打点は57と前年より多かった。規定打席にはわずか1打席足りず届かなかった。それでも守備では往年の動きが健在で、自身3度目のゴールデングラブ賞を獲得。オフには複数年契約が切れ、メジャー挑戦も視野に入れたFA宣言も噂されたが、宣言せずに残留した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:1回(2006年4月)福浦和也 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「福浦和也」のニューストピックワード