前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド

    それいけ!アンパンマン 虹のピラミッドから見た福澤朗福澤 朗

    アンパンマンミュージアムオープン1周年記念作品として制作。本作では砂漠化してしまった虹の星を舞台にしており、この作品に登場するレインボー王子と虹の子達はこの星の住人となっている。アメちゃんはのちにテレビアニメ版にも登場する。またばいきんまんのばいきんメカのひとつもぐりんが映画のなかで重要な役割を果たしている。脚本は前作「空とぶ絵本とガラスの靴」を執筆した米村正二。ゲスト声優はアメちゃん役に松本伊代。レインボー王子役は当時日本テレビアナウンサーであった福澤朗。かびるんるんのかびかびみっちゃん役には当時福澤が司会をしていたズームイン!!サタデーのサブキャスターであった山岡三子がそれぞれ担当した。福澤はゲスト声優の他、本作の劇中歌のひとつ「虹をつくる歌」をレインボー福澤とスタタン隊名義で歌唱している。それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド フレッシュアイペディアより)

  • 摩訶!ジョーシキの穴

    摩訶!ジョーシキの穴から見た福澤朗福澤 朗

    元々本番組は、特別番組で放送していた『国民脳力ランキング!クイズ!常識の時間』が、2002年10月に『国民クイズ常識の時間』としてレギュラースタートしたのが始まり、『クイズ!常識の時間!!』『ジョーシキの時間2』と変更してリニューアルしていった。これら前身番組の司会は古舘伊知郎だったが、2004年4月に古舘がテレビ朝日系列『報道ステーション』のメインキャスターを担当することとなったため、本番組からは当時日本テレビアナウンサーの福澤朗が司会を担当した(福澤は古舘に尊敬の念を持っている)。摩訶!ジョーシキの穴 フレッシュアイペディアより)

  • ピンポン!

    ピンポン!から見た福澤朗福澤 朗

    総合司会は福澤朗が務める。スタジオが変わるJNNニュース以外は、全編ステレオ放送を実施した。ハイビジョン制作。ピンポン! フレッシュアイペディアより)

  • 福澤朗ラヂオ☆スター

    福澤朗ラヂオ☆スターから見た福澤朗福澤 朗

    福澤朗ラヂオ☆スター(ふくざわあきららぢおすたー)は、ニッポン放送のラジオ番組。2006年4月1日から放送開始。パーソナリティはフリーアナウンサーの福澤朗福澤朗ラヂオ☆スター フレッシュアイペディアより)

  • ぴーかんバディ!

    ぴーかんバディ!から見た福澤朗福澤 朗

    2005年7月に日本テレビを退職し、フリーアナウンサーに転身した福澤朗が日本テレビ以外でレギュラーとして出演した初めての番組である。ぴーかんバディ! フレッシュアイペディアより)

  • 人間!これでいいのだ

    人間!これでいいのだから見た福澤朗福澤 朗

    前身は2005年7月に日本テレビを退社してフリーアナウンサーに転身した福澤朗が、フリーになって初のレギュラー番組として2006年4月に鳴り物入りでスタートした『ぴーかんバディ!』。しかし、2006年5月6日放送分で、白インゲン豆を使ったダイエット法を紹介したところ、全国の視聴者から下痢や嘔吐を訴える騒動が起こった。また、視聴率も低迷していることから、TBSは『ぴーかんバディ!』を8月12日に終了し、翌週の8月19日から番組タイトル・企画内容を大幅にリニューアルして、番組タイトルを『人間!これでいいのだ』に改めることになった。人間!これでいいのだ フレッシュアイペディアより)

  • ズームイン!!朝!

    ズームイン!!朝!から見た福澤朗福澤 朗

    1996年4月6日、土曜日に姉妹番組として『ズームイン!!サタデー』を放送開始。通称『ズムサタ』。初代司会者は福澤朗。なお、テレビ大分はフジ系番組や自社制作などの折り合いが付かず、2年後の1998年4月に開始した。ズームイン!!朝! フレッシュアイペディアより)

  • 国民クイズ常識の時間

    国民クイズ常識の時間から見た福澤朗福澤 朗

    本来のコンセプトは「テレビの前でクイズに答えるだけで、自分の常識力が日本国民1億3000万人の中で何位にランク付けされるかが分かる!」というものだったが、視聴率の悪化で早々とリニューアルを余儀なくされた。後に『ジョーシキの時間2』で視聴率が改善されたが、古舘伊知郎が2004年4月にテレビ朝日系列『報道ステーション』のメインキャスターを担当することとなったため降板。司会を当時日本テレビアナウンサーの福澤朗に変えて(福澤は古舘に尊敬の念を持っている)、『摩訶!ジョーシキの穴』にリニューアルしたが、2005年3月に終了した。国民クイズ常識の時間 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た福澤朗福澤 朗

    通常放送時では1997年頃からロケ企画の比率が高くなり、1998年以降はオールロケ番組となった(スタジオでロケをメイン出演者がスタジオでVTRを見るという形式をロケのみに変更した日本テレビの番組では1991年の『生ダラ』スタート以降では『鉄腕!DASH!!』(1994年 - )がある。ちなみにこの『鉄腕!DASH!!』には福澤も出演していた)。1998年、平日朝の『ズームイン!!朝!』に専念するために番組を降板した進行役の福澤朗の勇退の際に、「さようなら福澤アナ」企画と題し総集編として約2年ぶりにスタジオから放送した。それ以降においてもロケ企画以外の内容や生放送が時々行われており、一例として2000年5月3日の生放送では、その日行われた巨人戦の模様を定岡正二に解説させるという企画などが行われていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!

    クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!から見た福澤朗福澤 朗

    本番組では番組自体を店とみなし、司会の逸見が「店長」(逸見没後の1994年3月16日の放送からは福澤朗、福澤の愛称は「若旦那」)、渡辺正行が「大番頭」、賭け点を「ショーバイマネー」、トップ賞を「売上No.1」と呼称する。得点は「売上金」と見立てて「萬」(=万円)という単位が使われた。クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「福澤朗」のニューストピックワード