192件中 11 - 20件表示
  • それいけ!アンパンマン てのひらを太陽に

    それいけ!アンパンマン てのひらを太陽にから見た福澤朗福澤 朗

    脚本は藤田伸三。ゲスト声優として、ヒロインのリナちゃん役に菊池桃子、シャイン王子役に前作「虹のピラミッド」でレインボー王子を演じた福澤朗が起用された。なお、本作はまだセル画が中心であるが、CGが多用されている。それいけ!アンパンマン てのひらを太陽に フレッシュアイペディアより)

  • 摩訶!ジョーシキの穴

    摩訶!ジョーシキの穴から見た福澤朗福澤 朗

    もともとこの番組は、特番で放送していた『国民脳力ランキング!クイズ!常識の時間』から2002年10月に『国民クイズ常識の時間』としてレギュラースタートしたのが始まりで、『クイズ!常識の時間!!』『ジョーシキの時間2』と変更してリニューアルしていった。これら前身番組の司会は古舘伊知郎だったが、2004年3月に古舘が『報道ステーション』のメインキャスターに専念するため、当番組からは福澤朗日本テレビアナウンサー(当時)が司会を担当した。摩訶!ジョーシキの穴 フレッシュアイペディアより)

  • それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド

    それいけ!アンパンマン 虹のピラミッドから見た福澤朗福澤 朗

    脚本は前作「空とぶ絵本とガラスの靴」を執筆した米村正二。ゲスト声優はアメちゃん役に松本伊代、レインボー王子役は当時日本テレビアナウンサーの福澤朗、かびるんるんのかびかびみっちゃん役には当時福澤が司会をしていたズームイン!!サタデーのサブキャスターであった山岡三子がそれぞれ担当した。福澤はゲスト声優の他、本作の劇中歌のひとつ「虹をつくる歌」を「レインボー福澤とスタタン隊」名義で歌唱している。それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ横断ウルトラクイズ (コンピュータゲーム)

    アメリカ横断ウルトラクイズ (コンピュータゲーム)から見た福澤朗福澤 朗

    番組で出題者が福留功男から福澤朗に交代した直後の時期に発売された。そのせいか、司会者は顔は福留、服装は赤いブレザーの福澤になっている(ゲーム中で司会者の名前は表示されない)。ウルトラクイズのゲームを通してチェックポイントが一番多い。アメリカ横断ウルトラクイズ (コンピュータゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た福澤朗福澤 朗

    福澤朗(2016年4月5日 - 元日本テレビアナウンサー、2016年9月27日まではアシスタントの役目も担っていた。)開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 羽鳥慎一

    羽鳥慎一から見た福澤朗福澤 朗

    羽鳥 慎一(はとり しんいち、1971年3月24日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。埼玉県上尾市出身。元日本テレビアナウンサー。現:株式会社TakeOFF所属。身長182cm。血液型はA型。愛称は福澤朗命名によるバード。羽鳥慎一 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見た福澤朗福澤 朗

    2005年4月、アサヒ初の第三のビール、「アサヒ新生」として発売。麦芽や麦の代わりに、「大豆たんぱく」から生まれた植物由来の成分「大豆ペプチド」を使用したビール風味の醸造系アルコール飲料。アサヒスーパードライと同じ酵母「アサヒ318号」を使用している。「その他の醸造酒(発泡性)?」に分類される「第三のビール」と呼ばれるアルコール飲料である。しかし、発売から半年経って「新生」の売れ行きは他社の第3のビール(『キリンのどごし』、『サッポロドラフトワン』など)に差をつけられた。2005年11月に商品テコ入れの為「アサヒ新生3(しんなまスリー)」としてリニューアル(CMは福澤朗)、従来の「新生」の製法はそのままに「新生トライアングル仕込み法」によってクリアな味わいを実現したが、売上下降により2009年2月に製造・出荷終了。新生で培われた麦汁不使用でドライ系の味わいを実現する技術は、後の「アサヒドライゼロ」に受け継がれている。アサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た福澤朗福澤 朗

    通常放送時では1997年頃からロケ企画の比率が高くなり、1998年以降はオールロケ番組となった(スタジオでメイン出演者がロケ映像を見るという形式をロケのみに変更した番組としては、『生ダラ』スタート以降の日本テレビでは『鉄腕!DASH!!』(1995年 - )がある。ちなみにこの『鉄腕!DASH!!』には福澤も出演していた)。1998年、平日朝の『ズームイン!!朝!』に専念するために番組を降板した進行役の福澤朗の勇退の際に、「さようなら福澤アナ」企画と題し総集編として約2年ぶりにスタジオから放送した。それ以降においてもロケ企画以外の内容や生放送が時々行われており、一例として2000年5月3日の生放送では、その日行われた巨人戦の模様を定岡正二に解説させるという企画などが行われていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 真相報道 バンキシャ!

    真相報道 バンキシャ!から見た福澤朗福澤 朗

    2013年3月31日放送分で放送500回を達成した。この回を以て鈴江奈々が番組を降板し、4月7日放送分(第501回)から夏目三久が出演する。3月31日の『おしゃれイズム』には宣伝を兼ねて福澤朗と夏目がゲスト出演した。真相報道 バンキシャ! フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校クイズ選手権

    全国高等学校クイズ選手権から見た福澤朗福澤 朗

    第11回(1991年)より、当時の日本テレビの看板アナウンサーであり、同年から福留の後継としてアメリカ横断ウルトラクイズの司会者にも就任する福澤朗が総合司会となる。150人近い高校生たちによる一斉早押しクイズ、複数の勝ち抜け条件を満たす必要のあるクイズ、深い知識だけでなくライバルとの駆け引きが求められるなど趣向を凝らしたクイズから、架空の事件を推理してトリックを解く形式、プレゼンテーション力や冠婚葬祭マナーが試されるものなどクイズと呼べないようなものまで、本家・『ウルトラクイズ』にはなかった独自のクイズが多数導入されていった。全国高等学校クイズ選手権 フレッシュアイペディアより)

192件中 11 - 20件表示

「福澤朗」のニューストピックワード