21件中 11 - 20件表示
  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た福田健二福田健二

    10月21日 - 福田健二(愛媛県、サッカー)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 刑事の証明

    刑事の証明から見た福田健二福田健二

    福田(雫出版「FRESH」編集部員) - 福田健二刑事の証明 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木規郎

    鈴木規郎から見た福田健二福田健二

    2009年6月末、依然鈴木を評価しているというアンジェSCOから再オファーが届き、同クラブへと完全移籍。この際、FC東京在籍時のチームメートで海外でプレーを続ける福田健二のようになりたいとコメントを残している。鈴木規郎 フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見た福田健二福田健二

    福田健二 2005-2008 (CDカステリョン、CDヌマンシア、UDラス・パルマス)リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • アーセン・ベンゲル

    アーセン・ベンゲルから見た福田健二福田健二

    1996年3月9日、ゼロックス・スーパーカップ決勝で横浜マリノスと対戦し、高卒新人福田健二の大胆起用が見事的中して2-0で完勝した。前半戦を10勝5敗の6位で終えたチームは後半戦開始から5連勝し、9月28日の柏レイソル戦が名古屋グランパスでのラストマッチとなった。柏レイソル戦終了後、日本語で「みなさんありがとう。グランパスサポーターのことは忘れません。私はいつまでも名古屋を愛しています」とファンに向けて挨拶した。アーセン・ベンゲル フレッシュアイペディアより)

  • 笠井健太

    笠井健太から見た福田健二福田健二

    2004年からサンパウロ州のパウリスタFCの下部組織に移り、12月には2年間のプロ契約を結ぶ。俊足と運動量を買われ、フォワードからディフェンダーに転向。パウリスタでは本田技研でプレー経験を持つヴァグネル・マンシーニ監督や、元日本代表FWであった呂比須ワグナーコーチなどの日本人選手に理解のある指導者の下で才能を徐々に開花させていき、2005年にはBチームで右サイドバックのポジションを奪取し、2006年にはトップチームに昇格して、同年4月2日にアメリカ-SP戦でプロデビュー。サンパウロ州選手権やブラジル全国選手権・セリエB(2部)などで活躍した。2006年シーズン終了後にはパウリスタからの3年間の契約延長オファーを受けて残留した。日本人選手としては廣山望、福田健二、澤昌克に続く4人目のリベルタドーレス杯出場も果たしている。笠井健太 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見た福田健二福田健二

    ベンゲル体制2年目。西ヶ谷隆之、福田健二、望月重良が入団。小杉敏之、沢入重雄、米倉誠、パシが退団。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見た福田健二福田健二

    福田健二:(FC東京フォワード):同上。第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 10月21日

    10月21日から見た福田健二福田健二

    1977年 - 福田健二、サッカー選手10月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 澤昌克

    澤昌克から見た福田健二福田健二

    2008年に移籍したシエンシアーノは、2003年のコパ・スダメリカーナにおいてペルーのサッカークラブとして初の国際タイトルを獲得。また翌2004年のレコパ・スダメリカーナでも優勝を果たした強豪クラブである。澤のデビュー戦となるコパ・リベルタドーレス予選、ウルグアイのモンテビデオ・ワンダラーズ戦(ホーム)でいきなりゴールを決め1対0で勝利に導いた。アウェーゲームの第2戦ではスコアレスドローに持ち込み澤の第1戦でのゴールを守りきり本戦出場を果たした。本戦初戦となる2月14日のナシオナル・モンテビデオ戦で先発フル出場。廣山望、福田健二に続くリベルタドーレス杯本戦でプレーした3人目の日本人選手となった。澤昌克 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示