前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 福田健二

    福田健二から見た廣山望

    福田 健二(ふくだ けんじ、1977年10月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。香港ファーストディビジョンリーグの横浜FC香港所属。元サッカー選手の廣山望とは、小学生時代からの幼馴染である。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たフィリップ・トルシエ

    習志野高校を経て、1996年に名古屋グランパスエイトに加入。3年目の1998年には16得点を挙げて名古屋のエースとして活躍し、フィリップ・トルシエによって五輪代表候補にも選ばれるなど、将来が嘱望された。しかし2000年頃から、負傷に加え、主力選手が次々に退団するなどのチームの内紛も重なり、徐々に結果が残せなくなる。同年途中に移籍したFC東京、更に2003年途中に移籍したベガルタ仙台でも目立った活躍は出来なかった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た李天秀

    ヌマンシア入団後しばらく福田はヌマンシアサポーターに批判的な目で見られていた。これは2004-05シーズンに同チームに所属した韓国人FW李天秀が15試合出場も0得点と全くの期待外れで「なぜまた使えないアジア人を獲るんだ」と思われていた為である。しかし福田はゴールという結果を出し続け次第にヌマンシアサポーターに愛される選手となった(ただし李が在籍した時期のチームはトップリーグ所属であり、李の不振が降格の一因となっていた。)。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たベガルタ仙台

    習志野高校を経て、1996年に名古屋グランパスエイトに加入。3年目の1998年には16得点を挙げて名古屋のエースとして活躍し、フィリップ・トルシエによって五輪代表候補にも選ばれるなど、将来が嘱望された。しかし2000年頃から、負傷に加え、主力選手が次々に退団するなどのチームの内紛も重なり、徐々に結果が残せなくなる。同年途中に移籍したFC東京、更に2003年途中に移籍したベガルタ仙台でも目立った活躍は出来なかった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た愛媛FC

    イオニコスとの契約を解除した後、UAE1部のアル・アインFCとフランス1部のUSブローニュにテスト生として練習に参加したものの契約に至らず無所属となっていたが、2009年10月28日に故郷・愛媛県のクラブチームである愛媛FCと契約。実に6年ぶりの日本復帰となった。なお、2009年シーズン途中からの契約ではあるが、Jリーグの選手登録期限を過ぎていたため、試合に出場するのは2010年シーズン以降となった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たFC東京

    習志野高校を経て、1996年に名古屋グランパスエイトに加入。3年目の1998年には16得点を挙げて名古屋のエースとして活躍し、フィリップ・トルシエによって五輪代表候補にも選ばれるなど、将来が嘱望された。しかし2000年頃から、負傷に加え、主力選手が次々に退団するなどのチームの内紛も重なり、徐々に結果が残せなくなる。同年途中に移籍したFC東京、更に2003年途中に移籍したベガルタ仙台でも目立った活躍は出来なかった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た習志野市立習志野高等学校

    習志野高校を経て、1996年に名古屋グランパスエイトに加入。3年目の1998年には16得点を挙げて名古屋のエースとして活躍し、フィリップ・トルシエによって五輪代表候補にも選ばれるなど、将来が嘱望された。しかし2000年頃から、負傷に加え、主力選手が次々に退団するなどのチームの内紛も重なり、徐々に結果が残せなくなる。同年途中に移籍したFC東京、更に2003年途中に移籍したベガルタ仙台でも目立った活躍は出来なかった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た国際サッカー連盟

    2010年は開幕戦からの出場を期待されていたが、前所属クラブであるイオニコスが移籍証明書の発行を拒否していたため、開幕戦を欠場。3月12日にFIFAが福田の暫定登録を認めたため、第2節以降に出場可能となった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たコパ・リベルタドーレス

    2004年、リーガ・パラグアージャ(パラグアイ1部リーグ)のクラブ・グアラニーへと移籍。ここでレギュラーを掴んでリーグ10得点を挙げ、コパ・リベルタドーレスにも出場した。2005年にはプリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のCFパチューカへ移籍。シーズン途中にはメキシコ2部のイラプアトFCに引き抜かれ、両クラブで2桁得点を挙げる活躍を見せた。この頃に、前述の幼少期の来歴がスポーツ誌で紹介されたこともあり、「Jリーグでも欧州の有名リーグでもない、独自の道で活躍する選手」として、再び注目を受けるようになる。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たFIFAワールドユース

    1997年FIFAワールドユース(ベスト8)福田健二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「福田健二」のニューストピックワード