90件中 11 - 20件表示
  • 福田健二

    福田健二から見たFC東京

    この際、ベルギー・REムスクロンからオファーを受けていたが、代理人からの説得を受けて2001年8月、FC東京へ完全移籍。しかし東京では、1トップにアマラオが入る布陣が採用されていたため、福田は左サイドハーフ(SH)という不慣れなポジションに配された。同年9月、トルシエ率いるA代表候補に選出。2002年は監督交代の影響もあって先発から外れていたが、練習に打ち込む真摯な姿勢は若手選手から慕われ、同年J1・2nd第14節浦和戦のVゴールなど印象に残るプレーでサポーターから愛された。同年12月、チームが天皇杯を控える中、ムスクロンへ短期留学。翌2003年より東京に復帰したが、チーム事情よりも自身の希望を優先したためにポジション争いの序列からさらに後退してしまった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た裴乗振

    愛媛在籍時のダービーマッチでの対戦を機に親交を持ったペ・スンジン(2012年より横浜FCに在籍)から横浜FC香港(後に改称)がFWを探していると聞かされ、2013年1月に香港甲組(1部リーグ)の同クラブへ完全移籍。2012-13シーズン終了までの4ヶ月契約だった。同年、JFA・B級ライセンス取得。香港では前年より加入していたFW吉武剛との共存を求められ、トップ下でチャンスメイクにも励んだ。シーズン最終節では、試合終了間際になってチームを2部降格の危機から救う劇的な同点ゴールを挙げ、チームの1部残留と自身の契約延長を掴んだ。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たハレド・ボルヘッティ

    2005年、プリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のCFパチューカへ期限付き移籍。当初はリザーブチーム(2部リーグ)のパチューカ・ジュニアーズに登録されたが、標高2400mの高地にも順応し、出だしから好調なプレーでクラブからの信頼を得ると、コパ・リベルタドーレスではトップチームに入りハレド・ボルヘッティを押しのけて出場した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た本田裕一郎

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た大木勉

    天然キャラ。本人は自覚に無いそうだが、矢部次郎(名古屋)、佐藤由紀彦(東京)、大木勉(愛媛)など、かつてのチームメートの見解は一致している。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアウレリアーノ・トーレス

    2003年夏、海外リーグで経験を積んでいた旧友の廣山から代理人を紹介され、2004年より仙台からリーガ・パラグアージャ(パラグアイ1部リーグ)のクラブ・グアラニーへ半年間の期限付き移籍。リーグ第2節のソル・デ・アメリカ戦で高い打点のヘディングから移籍後初ゴールを記録した。外国籍選手として結果を求められることによってプレーの迷いが消え、激しいボティコンタクトを厭わず、パラグアイ人選手に比べると優れたスピードも活きて得点を量産。コパ・リベルタドーレスでも活躍し、契約延長を勝ち取った。この時のチームメートであるアウレリアーノ・トーレスとは互いに成長を誓い合い、後にスペインでの対戦を果たしている。セロ・ポルテーニョのヘラルド・マルティーノ監督からの移籍オファーを固辞した際には、グアラニーサポーターから「お前を愛している」と横断幕を掲げられた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た桜井啓

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た矢部次郎

    天然キャラ。本人は自覚に無いそうだが、矢部次郎(名古屋)、佐藤由紀彦(東京)、大木勉(愛媛)など、かつてのチームメートの見解は一致している。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアーセン・ベンゲル

    1996年に高校を卒業し、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに加入。「日本人ストライカーを育てたい」と語るアーセン・ベンゲル監督の下、同年3月のスーパーカップで先発出場し、デビュー戦で1得点1アシストを記録した。1997年、U-20日本代表としてワールドユース出場。名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、アジア予選では平瀬とともにレギュラー格として出場を続けていたが、平瀬が得点を量産するのに対しなかなか得点ができず、スランプだった柳沢が復調してきた事や、ひとつ下のワールドユース組のエース高原がFW争いに加わり、出番が減っていった。トルシエからは「クラブでレギュラーを取らなければ代表でも呼べない」と発破をかけられるが、呂比須ワグナーやウェズレイとのレギュラー争いに勝てずベンチ要員となると、シドニー五輪本大会のメンバーから外れた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た御厨景

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示