90件中 21 - 30件表示
  • 福田健二

    福田健二から見た吉武剛

    愛媛在籍時のダービーマッチでの対戦を機に親交を持ったペ・スンジン(2012年より横浜FCに在籍)から横浜FC香港(後に改称)がFWを探していると聞かされ、2013年1月に香港甲組(1部リーグ)の同クラブへ完全移籍。2012-13シーズン終了までの4ヶ月契約だった。同年、JFA・B級ライセンス取得。香港では前年より加入していたFW吉武剛との共存を求められ、トップ下でチャンスメイクにも励んだ。シーズン最終節では、試合終了間際になってチームを2部降格の危機から救う劇的な同点ゴールを挙げ、チームの1部残留と自身の契約延長を掴んだ。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た小田島隆幸

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たマルコス・パウロ・ソウザ・リベイロ

    同年8月、負傷したマルコスに代わる攻撃の核を求めていたベガルタ仙台から熱烈なオファーを受け、仙台へ完全移籍。しかし先発出場の機会は少なく、同年チームはJ2に降格した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアマラオ

    この際、ベルギー・REムスクロンからオファーを受けていたが、代理人からの説得を受けて2001年8月、FC東京へ完全移籍。しかし東京では、1トップにアマラオが入る布陣が採用されていたため、福田は左サイドハーフ(SH)という不慣れなポジションに配された。同年9月、トルシエ率いるA代表候補に選出。2002年は監督交代の影響もあって先発から外れていたが、練習に打ち込む真摯な姿勢は若手選手から慕われ、同年J1・2nd第14節浦和戦のVゴールなど印象に残るプレーでサポーターから愛された。同年12月、チームが天皇杯を控える中、ムスクロンへ短期留学。翌2003年より東京に復帰したが、チーム事情よりも自身の希望を優先したためにポジション争いの序列からさらに後退してしまった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ

    1996年に高校を卒業し、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに加入。「日本人ストライカーを育てたい」と語るアーセン・ベンゲル監督の下、同年3月のスーパーカップで先発出場し、デビュー戦で1得点1アシストを記録した。1997年、U-20日本代表としてワールドユース出場。名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、アジア予選では平瀬とともにレギュラー格として出場を続けていたが、平瀬が得点を量産するのに対しなかなか得点ができず、スランプだった柳沢が復調してきた事や、ひとつ下のワールドユース組のエース高原がFW争いに加わり、出番が減っていった。トルシエからは「クラブでレギュラーを取らなければ代表でも呼べない」と発破をかけられるが、呂比須ワグナーやウェズレイとのレギュラー争いに勝てずベンチ要員となると、シドニー五輪本大会のメンバーから外れた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアンドニ・ゴイコエチェア・オラスコアガ

    スペイン2部・CDヌマンシアのゴイコエチェア監督はカステリョン戦において、福田の激しい形相でボールを追いゴールを狙う姿を目に留めており、2006年8月に福田を練習に呼び寄せた。福田は練習参加した数日間、持ち前の闘争心を発揮してアピールに成功。移籍期間末日の同月31日にヌマンシアへの期限付き移籍が決定した。序盤は1トップにFWボロが配されていたため福田はその控えとなっており、前シーズン不振だった「アジア人」アタッカーに対してメディアやサポーターからの批判が集中していたが、後にボロと福田の2トップへ変更。これによって福田は古巣カステリョン戦で移籍後初得点を挙げ、主力として定着。同年末、シーズン終了までの契約延長を掴んだ。ホームゲームでの得点の多さでサポーターの心を掴み、ボロと並ぶチーム得点王となって地元メディアから年間最優秀選手に選出された。ヌマンシアは福田との翌シーズン以降の契約に動いたが、保有権は未だベガルタ仙台にあり折衝は中々進まなかった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た西脇徹也

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た国際サッカー連盟

    2010年は前所属クラブであるイオニコスが移籍証明書の発行を拒否したために開幕戦への選手登録が叶わず、已む無くFIFA承認の下での暫定登録という措置を取り第2節以降の出場が可能となった。サッカー人生初となる主将を任され、巧みなポストプレーや相手DFを引き付ける潰れ役として貢献し、チーム最多の7得点を記録した。しかし2011年、2012年と徐々に出場機会を減らしていき、2012年限りで契約満了により退団。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たヴィッセル神戸

    名古屋ではドラガン・ストイコビッチの勝利への執着心に刺激を受け、その姿勢を学びとろうと片言の英語を使って話しかけている。英語は元々好きだったが「ストイコビッチと少しでも会話がしたくて」熱心に英語のレッスンを受けたという。二人の話題はコソボ紛争にも及び、1999年3月27日の「名古屋vsヴィッセル神戸」において福田がストイコビッチのアシストから決勝点を挙げた際、ストイコビッチは「NATO STOP STRIKES」とメッセージを示したが、福田もすぐさま駆け寄ってこのメッセージが書かれたシャツを指差し、共にアピールした。ストイコビッチの去就は、福田が名古屋退団を考える切っ掛けの一つとなった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    1996年に高校を卒業し、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに加入。「日本人ストライカーを育てたい」と語るアーセン・ベンゲル監督の下、同年3月のスーパーカップで先発出場し、デビュー戦で1得点1アシストを記録した。1997年、U-20日本代表としてワールドユース出場。名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、アジア予選では平瀬とともにレギュラー格として出場を続けていたが、平瀬が得点を量産するのに対しなかなか得点ができず、スランプだった柳沢が復調してきた事や、ひとつ下のワールドユース組のエース高原がFW争いに加わり、出番が減っていった。トルシエからは「クラブでレギュラーを取らなければ代表でも呼べない」と発破をかけられるが、呂比須ワグナーやウェズレイとのレギュラー争いに勝てずベンチ要員となると、シドニー五輪本大会のメンバーから外れた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示