前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • Sakippo

    Sakippoから見た福田沙紀福田 沙紀

    「Sakippo」(サキッポ)は、福田沙紀の1枚目のアルバム。2006年9月6日にポニーキャニオンから発売された。Sakippo フレッシュアイペディアより)

  • メイド刑事

    メイド刑事から見た福田沙紀福田 沙紀

    2009年6月26日から9月11日まで毎週金曜日23:15 - 翌0:10に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。主演は福田沙紀メイド刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 奇跡体験!アンビリバボー

    奇跡体験!アンビリバボーから見た福田沙紀福田 沙紀

    所ジョージ / 関根勤 / 清水圭 / LIZA(隔週) / 福田沙紀→林丹丹→高部あい→武井咲(隔週)奇跡体験!アンビリバボー フレッシュアイペディアより)

  • IS〜男でも女でもない性〜

    IS〜男でも女でもない性〜から見た福田沙紀福田 沙紀

    テレビ東京系列で2011年7月18日から9月19日まで毎週月曜日22:00 - 22:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ。主演は福田沙紀と剛力彩芽。IS〜男でも女でもない性〜 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻の園 (漫画)

    櫻の園 (漫画)から見た福田沙紀福田 沙紀

    1990年にじんのひろあき脚本、中原俊監督で実写映画化された。2008年11月、中原俊監督がふたたびメガホンを取り福田沙紀を主演に迎えてリメイクされた。櫻の園 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • グッド・バイ・マイ・ラブ

    グッド・バイ・マイ・ラブから見た福田沙紀福田 沙紀

    1989年の坂上香織によるカバー作品(タイトル表記は「グッドバイ・マイ・ラブ」)、2006年に発売された福田沙紀によるカバー作品など、後年他の歌手によるカバーがいくつかある。グッド・バイ・マイ・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • ヒミツの関係〜先生は同居人〜

    ヒミツの関係〜先生は同居人〜から見た福田沙紀福田 沙紀

    『ヒミツの関係〜先生は同居人〜』(ヒミツのかんけい・せんせいはどうきょにん)は、BeeTVにて2010年7月1日より配信されたテレビドラマ。放送時間は各10分。全13回。小泉孝太郎と福田沙紀のW主演作品。ヒミツの関係〜先生は同居人〜 フレッシュアイペディアより)

  • 潔子爛漫〜きよこらんまん〜

    潔子爛漫〜きよこらんまん〜から見た福田沙紀福田 沙紀

    東海テレビにてかつて制作・放送された『愛の嵐』などに代表される壮大な純愛ラブストーリー路線「嵐シリーズ」らを踏襲する本格派のラブストーリーとなるとスタッフは語っていたが、実際はラブストーリー展開は少なく、ふりかかる困難を武家の誇りを保ちながら乗り越える潔子の生き様を描かれている。潔子役の福田沙紀はこの枠での初主演となる。明治時代を舞台とした作品は1990年の「新金色夜叉 百年の恋」以来23年ぶりとなる。潔子爛漫〜きよこらんまん〜 フレッシュアイペディアより)

  • 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜

    四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜から見た福田沙紀福田 沙紀

    木曜ナイトドラマ枠に替わって新設された木曜ミステリーシアター枠の第1作。城田優は本作が連続ドラマ初主演で、アーティスト・U名義で主題歌も担当する。福田沙紀は2011年1月期の『カルテット』(毎日放送)に続き、2クール連続で深夜枠の連続ドラマにレギュラー出演となる。城田優と福田沙紀は2010年10月期の『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS)以来の共演。四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見た福田沙紀福田 沙紀

    また、なかなか正解を出せずブレーキになってしまう解答者、あるいはそうなりそうな解答者に関して紳助は「ストッパー」と呼んでいる。2007年5月2日放送分のピンクチームは4人目まで順調に勝ち抜いたが、5人目以降の福田沙紀、香田晋、スザンヌで止まっている間に他のチームに追いつかれるだろうと紳助が予想したことから、「3枚ストッパー」と命名していた。最初の福田は一発で正解したが、香田とスザンヌが正解できない間に他の2チームとのアンカー対決に持ち込まれた(アンカーは木下優樹菜、里田まい)。それまでのスザンヌの回答がひどかったことから紳助は「木下と里田の一騎打ちになった」とコメントしたが、結末はそのコメントにふさわしい内容であった。最後の問題になった「南太平洋のイースター島にある石像の名前は?(正解はモアイ)」という問題で、先に解答権を得た木下が「モ…モ…何だったっけ」と迷った末にモナ・リザと誤答。「モ」をヒントにした里田が正解を出し、木下はその場に倒れこんで悔しがった。責任を感じたのか木下は紳助に促されたこともあってチームの面々に「言い訳なんてしません。自分のミスです。本当に申し訳ないです。すみませんでした!」と謝った。なお、木下が謝るのは名物となり、2007年5月23日放送分では「番組的にはお前が抜けなあかん」と紳助に促されたのに勝ち抜けなかったことから、またしてもチームの面々に謝ることになった。また2007年7月18日放送分では最後まで残ったわけではなかったが、勝ち抜いた後で「いつもいつもホントすいません」と謝ってからなかなか勝ち抜けなかったことを悔しがり、「人前で泣きたいくらいです」と言ってから席に着いた。そして2007年8月22日放送分では、スザンヌとのアンカー同士の対決に負けて勝ち抜けず、紳助に促されて謝った。このとき、木下は土下座をしているが、謝ったのが3度目だからというのが理由であった。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示

「福田沙紀」のニューストピックワード