前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 細山田武史

    細山田武史から見た福田聡志福田聡志

    横浜は前年の正捕手・相川亮二がFA移籍し、阪神から野口寿浩がFA加入し、大矢明彦監督から正捕手候補として期待されていた。キャンプでアピールを重ね、新人ながら同期の松本啓二朗、山崎憲晴と共に開幕一軍入りを果たした。4月4日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で5点ビハインドの5回裏の守備から途中出場し、4人の中継ぎ投手をリードして4イニングを1失点に抑え、プロ初出場を果たした。打撃は吉見一起の前に2打数無安打と抑えられた。野口が開幕マスク4連敗したため4月8日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初となる先発マスクを被り、工藤公康とのバッテリーを組んだが、制球が定まらず本塁打を4本浴び、5イニング8失点で敗戦した。2打席目に福田聡志から二塁打を放ってプロ初安打、その後内藤雄太のゴロで生還して初得点を記録した。先発マスクで2連敗したため再び正捕手は野口に戻ったが、4月下旬から奪い返した。4月24日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初めて横浜のエース・三浦大輔とバッテリーを組み8回2/3で無失点に抑え、代わった石井裕也で後続も断ち、捕手としてプロ入り初の完封勝利を果たした。4月26日の同カードでは由規から押し出し四球でプロ初打点を挙げた。4月28日の対阪神タイガース戦では6回1点ビハインド二死満塁の場面で走者一掃の二塁打を放ち、プロ初タイムリー打と初マルチヒットを記録した。5月8日の対阪神戦では三浦が完封勝利し、プロ入り初めて先発投手を完封に導いた。翌日5月9日の同カードでも完封リレーで自身初の連続完封勝利となり、投手陣や首脳陣の信頼を得た。5月18日から無期限休養となった大矢監督に代わって、湘南シーレックスの田代富雄が指揮を執り始めると、新沼慎二と武山真吾の起用機会も増え、6月以降は新沼とのスタメン併用、7月以降は黒羽根利規、武山との併用となっていった。田代体制ではスクイズや盗塁アシストなど小技を見せる機会が増えた。5月29日から6月26日の10試合で先発マスクで10連敗した。8月27日の対阪神戦の7回に見逃しと空振りでリーグ31人目となる1イニング2三振を記録した。8月下旬以降は打率.160前後で、被盗塁も多くバントミスもあり、三浦先発時に2試合連続チームが敗戦したことなどから9月9日に二軍降格となった。降格後の9試合で29打数10安打、打率.345を残したが、9月18日のイースタン・リーグ対千葉ロッテマリーンズ戦の5回フライ捕球守備の際に三塁手・村田修一と交錯し、左太腿を強打して筋挫傷となり、そのまま二軍でシーズンを終え、フェニックス・リーグも不参加となった。最終的にチーム捕手最多となる88試合に出場したが、盗塁阻止率はリーグワーストの.173、打率も.158と課題を残した。チームの盗塁阻止率.181とした張本人であり、セントラル・リーグのチームの盗塁阻止率が2割に満たなかったのは1997年の中日ドラゴンズ以来12年ぶりの失態となった。62試合で先発マスクを被り、フル出場した30試合では17勝13敗、3完封勝利だった。エース・三浦大輔との15試合では7勝6敗だったが、最も多く組んだレス・ウォーランドとのコンビでは18試合で5勝9敗、その他の先発とは29試合で3勝14敗と大幅に負け越し、チームがリーグ最下位(勝率.354)となる一因を作った。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎伸吾

    松崎伸吾から見た福田聡志福田聡志

    卒業後は東北福祉大学に進学し、1年秋からベンチ入り。後に巨人に入団した福田聡志と共に2004年の全日本大学野球選手権大会優勝に貢献した。2005年は第34回日米大学野球選手権大会の全日本大学選抜メンバーに選出された。同年秋にはベストナインを獲得したほか、防御率0.48でリーグ最優秀防御率を獲得する。大学通算20勝1敗。松崎伸吾 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の読売ジャイアンツ

    2015年の読売ジャイアンツから見た福田聡志福田聡志

    10月、所属選手の福田聡志が野球賭博をしていることが発覚。その後、同じく所属選手の笠原将生と松本竜也の2人も野球賭博を行っていたこともわかった。11月に日本野球機構(NPB)のコミッショナー・熊崎勝彦は、3選手を失格処分とし、それを受けた球団は3選手との契約を解除(事実上の解雇)。また球団に対しては指導、管理が不十分であったとされ1000万円の制裁金が科せられた。NPBコミッショナーによる野球賭博事件による選手の処分は1969年に西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の投手の八百長に端を発した『黒い霧事件』以来のことである。2015年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の読売ジャイアンツ

    2012年の読売ジャイアンツから見た福田聡志福田聡志

    マジック1で迎えた9月21日の東京ドームでの対東京ヤクルト21回戦、2回裏に阿部慎之助が先制のソロ本塁打、3回裏にも阿部の適時打、村田修一の犠飛で加点し、一時3点のリードを奪った。4-1で迎えた5回表、先発内海哲也が宮出隆自に3ラン本塁打を打たれ同点とされるが、6回裏一死満塁から長野久義の2点適時打にて再び勝ち越す。その後は7回を福田聡志、8回を山口鉄也が抑え、9回は西村健太朗が登板。二死の後、打者田中浩康の空振りの際に一塁走者雄平がカウントを間違え飛び出してしまい、タッチアウトとなり試合終了。3年ぶり34回目の優勝を決めた。2012年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 松本竜也

    松本竜也から見た福田聡志福田聡志

    、10月5日に福田聡志が野球賭博に関与していた問題で、球団から告発を受けて調査していた日本野球機構の調査委員会は10月21日の中間報告で、福田、笠原将生と共に松本も2014年の試合で野球賭博に関与していたと発表した。11月10日、日本野球機構より福田、笠原とともに失格選手として公示された。それに伴い、今後は処分が解除されない限り、プロ野球界においての活動が一切できなくなる。松本竜也 フレッシュアイペディアより)

  • ブレント・リーチ

    ブレント・リーチから見た福田聡志福田聡志

    初打点:2011年8月11日、対読売ジャイアンツ12回戦(横浜スタジアム)、4回裏に福田聡志から左中間へ適時二塁打ブレント・リーチ フレッシュアイペディアより)

  • 内藤雄太

    内藤雄太から見た福田聡志福田聡志

    初打点:2009年4月8日、対読売ジャイアンツ2回戦(横浜スタジアム)、5回裏に福田聡志から遊撃ゴロの間に記録内藤雄太 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・アルバラード

    ジャンカルロ・アルバラードから見た福田聡志福田聡志

    初安打:2010年8月7日、対読売ジャイアンツ16回戦(東京ドーム)、2回表に福田聡志から中前安打ジャンカルロ・アルバラード フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た福田聡志福田聡志

    初安打:2014年6月4日、対読売ジャイアンツ2回戦(福岡ヤフオク!ドーム)、4回裏に福田聡志から遊撃内野安打攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 東北福祉大学硬式野球部

    東北福祉大学硬式野球部から見た福田聡志福田聡志

    福田聡志(読売ジャイアンツ)東北福祉大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「福田聡志」のニューストピックワード