29件中 11 - 20件表示
  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た福田聡志福田聡志

    10月5日に発表された巨人の福田聡志の野球賭博関与問題についてNPB調査委員会として関与する。弁護士が中心の調査委員会にあって選手経験者として大きな役割を担う。宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 香月良太

    香月良太から見た福田聡志福田聡志

    しかしその後は一軍と二軍を往復することとなり、福田聡志や高木京介などと併用で1軍定着は出来なかった。香月良太 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た福田聡志福田聡志

    読売ジャイアンツの一連の野球賭博問題に関連し、警視庁は元投手の笠原将生を、同じく元投手の福田聡志、高木京介に賭博のルールを教えたなどとして賭博開帳図利幇助容疑で、また福岡市中央区に住む38歳の元飲食店経営者(NPBが「野球賭博常習者」として認定)を賭博開帳図利容疑でそれぞれ逮捕した。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見た福田聡志福田聡志

    5日 - 【プロ野球】 読売ジャイアンツ(以下巨人と表記)投手の福田聡志が野球賭博の関与の疑いで、また福田を知人男性に紹介した同じく投手の笠原将生がいずれも謹慎処分を受けた。最悪の場合、福田、笠原共に解雇の可能性がある。なお巨人は10月7日、コミッショナーの熊崎勝彦に対して野球協約の定めにより福田を告発した。2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た福田聡志福田聡志

    読売ジャイアンツ(以下巨人と表記)投手の福田聡志が野球賭博の関与の疑いで、また福田を知人男性に紹介した同じく投手の笠原将生がいずれも謹慎処分を受けた。なお巨人は10月7日、コミッショナーの熊崎勝彦に対して野球協約の定めにより福田を告発した。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た福田聡志福田聡志

    は5月10日に初めて一軍に昇格し、5月11日に代走で初出場。5月12日に「9番・二塁手」で初めてスタメン出場を果たし無安打だったが、5月13日は休養の西岡剛に代わり「1番・遊撃手」でスタメン出場。この日も4打数無安打だったが、10回裏二死二塁の場面でプロ初安打よりも先にプロ初敬遠を記録する珍しい事態が発生した(試合は福浦和也がサヨナラ安打を放ち勝利)。5月14日に黒田博樹からプロ初安打を放った。最終的には31試合に出場するも打率1割台、三振率は4割を超えるなど結果を残せず、昇格してからちょうど1か月後に二軍落ちした。二軍では左方向への安打を量産し、打率.343でイースタン・リーグ首位打者を獲得し、1年目から二軍の主力選手として活躍した。二塁打24本も同リーグ1位。11盗塁を決めたが盗塁失敗12回も記録した。5月25日の阪神タイガース戦で、3-2と1点リードの9回表無死三塁のピンチで、4番・金本知憲のセンター前に抜けるような当たりを前進守備ながらもダイビングキャッチで好捕し、一塁に送球する前にずれた帽子を一瞬で直すという新人離れの余裕を見せた(根元自身は無意識だったと話している)。このプレーが相手に傾きかけた流れを阻み、試合に勝利した(このプレーは好プレーなどプロ野球の好珍プレー番組で何度か紹介された)。5月27日の対巨人戦では代走から途中出場し、10回表無死一塁で打席についた。ここで、ボビー・バレンタイン監督からバスターエンドランを指示されると、福田聡志が低めに投じたストレートをセンター前に弾き返し、直後の福浦の決勝適時打を呼び込んだ。本人の最も印象に残っている試合・プレーとしてあげている1。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た福田聡志福田聡志

    永久失格を受けた例としては、黒い霧事件の池永正明ら3チーム6人が有名である。無期失格の例としては、2015年(平成27年)に発覚した巨人軍野球賭博問題での笠原将生、福田聡志、松本竜也がいる。有期失格は、巨人軍野球賭博問題で3人の無期失格が確定後に発覚した高木京介の例がある。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た福田聡志福田聡志

    29日 - 【プロ野球】 読売ジャイアンツの一連の野球賭博問題に関連し警視庁は元投手の笠原将生を、同じく元投手の福田聡志、高木京介に賭博のルールを教えたなどとして賭博開帳図利幇助容疑で、また福岡市中央区に住む38歳の元飲食店経営者(NPB日本野球機構が「野球賭博常習者」として認定)を賭博開帳図利容疑でそれぞれ逮捕した。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 笠原将生

    笠原将生から見た福田聡志福田聡志

    はリリーフで20試合に登板。10月5日、球団が福田聡志が野球賭博に関与していた事を発表。その時点で笠原は、福田を賭博常習者と疑われている知人に紹介したものの直接賭博には関わっていないとされたために告発対象にはなっていなかったが、その後球団から告発を受けて調査していた日本野球機構(NPB)の調査委員会は10月21日の中間報告で、笠原と松本竜也も野球賭博に関与していたと発表した。さらに笠原は福田と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。福田とは最も仲が良く、読売ジャイアンツ球場の練習から帰る際には一緒のことが多かったという。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日にNPBの熊崎勝彦コミッショナーは福田、松本とともに無期失格処分とすることを決定、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。笠原将生 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題

    読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題から見た福田聡志福田聡志

    2015年9月30日、二軍本拠地の読売ジャイアンツ球場での練習直後にある不動産会社の元社員が所属選手の福田聡志のもとへ借金百数十万円を取り立てに来た際、球団職員が対応したため騒ぎとなり、10月5日に福田が野球賭博に関与していたことが球団から発表された。同じく所属選手の笠原将生の知人を仲介とした賭博行為であり、全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)や日本プロ野球、メジャーリーグベースボール(MLB)を対象とし、その中には巨人の試合も賭博対象に含まれていた。知人を福田に紹介した笠原は当初野球賭博を断っていたと主張していたが、日本野球機構(NPB)の調査委員会がメールなどを解析した結果、笠原と共に同じく所属選手の松本竜也も野球賭博を行っていたとの中間報告を発表した。読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「福田聡志」のニューストピックワード