1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 岸和田市

    岸和田市から見た福田聡志福田聡志

    福田聡志(プロ野球選手、読売ジャイアンツ)岸和田市 フレッシュアイペディアより)

  • 9月12日

    9月12日から見た福田聡志福田聡志

    1983年 - 福田聡志、プロ野球選手9月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た福田聡志福田聡志

    は代打起用でシーズンを迎える。一時は中堅手としてデーモン・ホリンズや鈴木尚広と併用されたが、矢野が中堅手としての守備に不慣れな面を見せたことから、(原辰徳監督曰く)「攻撃と守備のバランスが取れた」ホリンズが先発として起用され、矢野は代打に回った。5月31日の福岡ソフトバンクホークス戦(東京ドーム)では、7回裏1アウト満塁の場面で福田聡志の代打で登場した清水隆行の「代打の代打」で登場し、相手投手の篠原貴行から代打逆転満塁本塁打を放った。この本塁打は観戦に来ていた渡邉恒雄会長から「今日の(矢野の)一発は1000万円以上の価値がある」と賞賛された。代打逆転満塁本塁打は巨人ではに原辰徳が記録して以来、球団史上5人目(他には樋笠一夫、広野功、駒田徳広。樋笠と広野はサヨナラ)、代打の代打による満塁本塁打は初の快挙となった。6月11日の北海道日本ハムファイターズ戦では武田勝から決勝ソロ本塁打。1-0のスコアで勝利した試合で代打本塁打を打ったのは、の藤本英雄以来58年ぶりの快挙となった。序盤と終盤の不振もあったものの、出塁率.354、長打率.538、代打成績は39打数10安打で打率.256、本塁打4という数字を残した。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 野球

    野球から見た福田聡志福田聡志

    2015年10月 - 読売ジャイアンツ所属の現役選手3名(福田聡志、笠原将生、松本竜也)が、野球賭博(読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題)に関与していたことが、日本野球機構の発表で明らかとなった。野球 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た福田聡志福田聡志

    2015年に福田聡志、笠原将生、松本竜也の3名が野球賭博に関与していたことに加え、2016年3月8日になって高木京介も関与していたことが発覚したため、11日付で責任を取って最高顧問を辞任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見た福田聡志福田聡志

    9月12日 - 福田聡志、プロ野球選手1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た福田聡志福田聡志

    4月29日 - 警視庁、プロ野球・読売ジャイアンツの一連の野球賭博問題に関連し、元投手の笠原将生を、同じく元投手の福田聡志、高木京介に賭博のルールを教えたなどとして賭博開帳図利幇助容疑で、またNPBが「野球賭博常習者」として認定していた人物を賭博開帳図利容疑でそれぞれ逮捕。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た福田聡志福田聡志

    2015年10月、所属選手の福田聡志が野球賭博をしていることが発覚。その後、同じく所属選手の笠原将生と松本竜也の2人も野球賭博を行っていたこともわかった。11月に日本野球機構(NPB)のコミッショナー・熊崎勝彦は、3選手を失格処分とし、それを受けた球団は3選手との契約を解除(事実上の解雇)。また球団に対しては指導、管理が不十分であったとされ1000万円の制裁金が科せられた。NPBコミッショナーによる野球賭博事件による選手の処分は1969年に西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の投手の八百長に端を発した『黒い霧事件』以来のことである。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た福田聡志福田聡志

    9月12日 - 福田聡志、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「福田聡志」のニューストピックワード