48件中 11 - 20件表示
  • 福田聡志

    福田聡志から見た中日ドラゴンズ

    開幕一軍はならなかったが、不振の姜建銘に代わる右の先発投手として5月1日に一軍登録。同日の中日ドラゴンズ戦でプロ初先発を果たし、5回5失点で勝敗はつかなかった。5月8日の阪神タイガース戦では8回1失点の好投を見せ、先発初勝利。その後は先発と中継ぎの両方で起用され、5勝を挙げた。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見た熊崎勝彦

    プロ入り初の一軍登板なしに終わった。10月5日、球団より福田が野球賭博に関与していたことが発表された。これはチームメイトの笠原将生の知人を介しての行為で、全国高校野球選手権や巨人の試合、メジャーリーグベースボール(MLB)など国内外の試合に関して賭博行為を続けていたとしており、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発したほか、福田と笠原の2名が謹慎処分を受けていたことも発表された。さらに、福田は笠原と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日には熊崎コミッショナーは笠原、松本竜也とともに無期失格処分とすることを決定し、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。これに伴い、福田、笠原、松本の3名は今後処分解除がされない限りプロ野球界での活動は一切できず、またNPBと提携結んでいる海外プロリーグでも選手契約も結べることもできないため球団職員等に就く場合も処分解除が必要となった。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見たコミッショナー

    プロ入り初の一軍登板なしに終わった。10月5日、球団より福田が野球賭博に関与していたことが発表された。これはチームメイトの笠原将生の知人を介しての行為で、全国高校野球選手権や巨人の試合、メジャーリーグベースボール(MLB)など国内外の試合に関して賭博行為を続けていたとしており、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発したほか、福田と笠原の2名が謹慎処分を受けていたことも発表された。さらに、福田は笠原と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日には熊崎コミッショナーは笠原、松本竜也とともに無期失格処分とすることを決定し、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。これに伴い、福田、笠原、松本の3名は今後処分解除がされない限りプロ野球界での活動は一切できず、またNPBと提携結んでいる海外プロリーグでも選手契約も結べることもできないため球団職員等に就く場合も処分解除が必要となった。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見たオープン戦

    キャンプ当初は二軍スタートだったがオープン戦で自責点0と結果を出し、新人では唯一の開幕一軍入り。4月2日の横浜ベイスターズ戦でプロ初勝利をあげた。しかし7月1日に二軍へ降格となりそのまま一軍へ再昇格せず、シーズンを終えた。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見た日本野球機構

    プロ入り初の一軍登板なしに終わった。10月5日、球団より福田が野球賭博に関与していたことが発表された。これはチームメイトの笠原将生の知人を介しての行為で、全国高校野球選手権や巨人の試合、メジャーリーグベースボール(MLB)など国内外の試合に関して賭博行為を続けていたとしており、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発したほか、福田と笠原の2名が謹慎処分を受けていたことも発表された。さらに、福田は笠原と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日には熊崎コミッショナーは笠原、松本竜也とともに無期失格処分とすることを決定し、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。これに伴い、福田、笠原、松本の3名は今後処分解除がされない限りプロ野球界での活動は一切できず、またNPBと提携結んでいる海外プロリーグでも選手契約も結べることもできないため球団職員等に就く場合も処分解除が必要となった。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見たオリックス・バファローズ

    4月19日に越智大祐と入れ替わりで一軍登録。5月16日のオリックス・バファローズ戦で1回でマウンドを降りた先発の宮國椋丞に代わって緊急登板、3回を無失点に抑え勝利投手となった。監督の原辰徳からは「福田は緊急登板の方が良いピッチングをする」と評された。その後もシーズン通してロングリリーフや勝ちパターン等様々な場面で起用され、登板数・投球回数・勝利数・奪三振数・防御率・WHIPの全てにおいて自己最高の成績を残した。またリリーフでの8勝はこの年のセ・リーグで最多であった。クライマックスシリーズでは3試合で3回2/3を1失点、日本シリーズでは3試合で2回2/3を無失点。契約更改では年間を通じての活躍で日本一に貢献したことを評価され、年俸は3倍増、背番号も「29」に変更された。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見た全国高等学校野球選手権大会

    プロ入り初の一軍登板なしに終わった。10月5日、球団より福田が野球賭博に関与していたことが発表された。これはチームメイトの笠原将生の知人を介しての行為で、全国高校野球選手権や巨人の試合、メジャーリーグベースボール(MLB)など国内外の試合に関して賭博行為を続けていたとしており、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発したほか、福田と笠原の2名が謹慎処分を受けていたことも発表された。さらに、福田は笠原と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日には熊崎コミッショナーは笠原、松本竜也とともに無期失格処分とすることを決定し、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。これに伴い、福田、笠原、松本の3名は今後処分解除がされない限りプロ野球界での活動は一切できず、またNPBと提携結んでいる海外プロリーグでも選手契約も結べることもできないため球団職員等に就く場合も処分解除が必要となった。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見た広島東洋カープ

    7月4日に中継ぎとしてシーズン初登板し、7月6日に今季初勝利。7月21日で先発登板すると、8月1日の広島東洋カープ戦で5回2/3を無失点で今季先発での初勝利を挙げた。この年は18試合(うち先発6試合)に登板して3勝4敗、防御率3.68と一定の成績を残した。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見た麻雀

    プロ入り初の一軍登板なしに終わった。10月5日、球団より福田が野球賭博に関与していたことが発表された。これはチームメイトの笠原将生の知人を介しての行為で、全国高校野球選手権や巨人の試合、メジャーリーグベースボール(MLB)など国内外の試合に関して賭博行為を続けていたとしており、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発したほか、福田と笠原の2名が謹慎処分を受けていたことも発表された。さらに、福田は笠原と共に知人男性と賭け麻雀やバカラなどの賭博を行っていたことも明らかにされている。球団は11月9日に契約解除の方針を決定。翌11月10日には熊崎コミッショナーは笠原、松本竜也とともに無期失格処分とすることを決定し、黒い霧事件以来の野球賭博による処分となった。これに伴い、福田、笠原、松本の3名は今後処分解除がされない限りプロ野球界での活動は一切できず、またNPBと提携結んでいる海外プロリーグでも選手契約も結べることもできないため球団職員等に就く場合も処分解除が必要となった。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田聡志

    福田聡志から見たイースタン・リーグ

    2年連続で開幕一軍入りを逃し、シーズンの大半を二軍で過ごす。イースタン・リーグでは31試合に登板、53回を投げ43奪三振、4勝4敗2セーブ、防御率は3.23だった。シーズン終了後、中継ぎで台頭した越智大祐に背番号22番を譲り、「59」へ変更になった。オフにはドミニカ・ウィンターリーグに参加。福田聡志 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「福田聡志」のニューストピックワード