前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 小沢チルドレン

    小沢チルドレンから見た福田衣里子福田衣里子

    第45回衆議院議員総選挙において、小沢は全国各地の自民党大物議員の地盤に女性候補を多数擁立し、また政権交代の象徴区として必勝を期すために私設秘書の派遣や選挙支援に力を注いだため、それらの選挙区は公示前から全国的な注目を浴びることとなった。結果、それらの選挙区で小選挙区当選が相次ぎ、また小差の惜敗率で復活当選する候補者も多かったため、スポーツ新聞や夕刊紙、週刊誌などはこれらの女性候補者を従来一般的に報道で使われていた「くノ一」や「女性刺客候補」ではなく「小沢ガールズ」という表現で記事を記し、全国紙もこの呼称を使用した。「小沢ガールズ」について明確な定義はないものの、「小沢ガールズ」とされた当選者は、新人当選者の三宅雪子、福田衣里子、江端貴子、中林美恵子、岡本英子、山尾志桜里、永江孝子、田中美絵子等や、元々小沢グループとして前議員であった青木愛や太田和美等であった。小沢チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 片木美穂

    片木美穂から見た福田衣里子福田衣里子

    ドラッグ・ラグ解消を訴える一方、薬害肝炎訴訟九州原告団である福田衣里子とセミナーを行ったり、東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)原告である川田龍平が主宰する勉強会で講師を行うなど活動の幅を広げている。片木美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た福田衣里子福田衣里子

    相原史乃((比)南関東)、青木愛(東京12)、東祥三(東京15)、石井章((比)北関東)、石原洋三郎(福島1)、石山敬貴(宮城4)、太田和美(福島2)、大谷啓(大阪15)、大山昌宏((比)東海)、岡島一正(千葉3)、岡本英子(神奈川3)、小沢一郎(岩手4)、階猛(岩手1)、笠原多見子((比)東海)、加藤学(長野5)、金子健一((比)南関東)、川島智太郎((比)東京)、川内博史(鹿児島1)、菊池長右エ門((比)東北)、木村剛司(東京14)、京野公子(秋田3)、熊谷貞俊((比)近畿)、熊田篤嗣(大阪1)、黒田雄(千葉2)、小泉俊明(茨城3)、古賀敬章(福島4)、小林興起((比)東京)、小宮山泰子(埼玉7)、菅川洋((比)中国)、瑞慶覧長敏(沖縄4)、鈴木克昌(愛知14)、平智之(京都1)、高松和夫((比)東北)、橘秀徳(神奈川13)、玉城デニー(沖縄3)、辻恵(大阪17)、中川治(大阪18)、中津川博郷((比)東京)、中野渡詔子((比)東北)、萩原仁(大阪2)、畑浩治(岩手2)、初鹿明博(東京16)、鳩山由紀夫(北海道9)、樋高剛(神奈川18)、橋本勉((比)東海)、福嶋健一郎(熊本2)、福島伸享(茨城1)、福田衣里子(長崎2)、牧義夫(愛知4)、松崎哲久(埼玉10)、松野頼久(熊本1)、水野智彦((比)南関東)、三宅雪子((比)北関東)、村上史好(大阪6)、山岡賢次(栃木4)、山田正彦(長崎3)、横山北斗(青森1)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た福田衣里子福田衣里子

    相原史乃((比)南関東)、青木愛(東京12)、東祥三(東京15)、石井章((比)北関東)、石原洋三郎(福島1)、石山敬貴(宮城4)、太田和美(福島2)、大谷啓(大阪15)、大山昌宏((比)東海)、岡島一正(千葉3)、岡本英子(神奈川3)、小沢一郎(岩手4)、階猛(岩手1)、笠原多見子((比)東海)、加藤学(長野5)、金子健一((比)南関東)、川島智太郎((比)東京)、川内博史(鹿児島1)、菊池長右エ門((比)東北)、木村剛司(東京14)、京野公子(秋田3)、熊谷貞俊((比)近畿)、熊田篤嗣(大阪1)、黒田雄(千葉2)、小泉俊明(茨城3)、古賀敬章(福島4)、小林興起((比)東京)、小宮山泰子(埼玉7)、菅川洋((比)中国)、瑞慶覧長敏(沖縄4)、鈴木克昌(愛知14)、平智之(京都1)、高松和夫((比)東北)、橘秀徳(神奈川13)、玉城デニー(沖縄3)、辻恵(大阪17)、中川治(大阪18)、中津川博郷((比)東京)、中野渡詔子((比)東北)、萩原仁(大阪2)、畑浩治(岩手2)、初鹿明博(東京16)、鳩山由紀夫(北海道9)、樋高剛(神奈川18)、橋本勉((比)東海)、福嶋健一郎(熊本2)、福島伸享(茨城1)、福田衣里子(長崎2)、牧義夫(愛知4)、松崎哲久(埼玉10)、松野頼久(熊本1)、水野智彦((比)南関東)、三宅雪子((比)北関東)、村上史好(大阪6)、山岡賢次(栃木4)、山田正彦(長崎3)、横山北斗(青森1)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 福田氏

    福田氏から見た福田衣里子福田衣里子

    福田衣里子(長崎県出身 薬害C型肝炎訴訟原告団 民主党長崎県第2区選出衆議院議員)福田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 真の一体改革を実現する一期生の会

    真の一体改革を実現する一期生の会から見た福田衣里子福田衣里子

    2012年7月6日、消費増税関連法案の衆院採決で造反し党に残った当選1回の衆院議員13人は、政策研究会「真の一体改革を実現する1期生の会」を結成した。代表世話人は福田衣里子と熊田篤嗣が共同で務める。真の一体改革を実現する一期生の会 フレッシュアイペディアより)

  • 熊田篤嗣

    熊田篤嗣から見た福田衣里子福田衣里子

    2012年7月6日、消費増税関連法案の衆院採決で造反し党に残った当選1回の衆院議員12人と共に、「真の一体改革を実現する一期生の会 (真実の会)」を結成。福田衣里子衆院議員と共に代表世話人に就任。後に人数は、26人(衆院議員23人、参院議員3人)になった。8月7日、真実の会のうち、24人の連名で、前原誠司政調会長に、「社会保障と税の一体改革について再修正の提案」を申し入れた。8月10日、真実の会の代表者として、声明文を発表し記者会見を行う。23人の連名で、9月民主党代表選に向け、候補者擁立も視野に思いを一つに行動することを宣言。熊田篤嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県第2区

    長崎県第2区から見た福田衣里子福田衣里子

    久間章生が中選挙区時代から連続当選9回をなしていたが、2009年の総選挙では民主党公認の福田衣里子が久間を破って当選した。長崎県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢グループ

    小沢グループから見た福田衣里子福田衣里子

    福田衣里子(1回、長崎2区、民主党除籍後みどりの風を経て日本未来の党所属)小沢グループ フレッシュアイペディアより)

  • 日本未来の党

    日本未来の党から見た福田衣里子福田衣里子

    みどりの風は、本党に合流した3人の当選後に関し、復党させる方針を示していた。 しかし、比例代表近畿ブロックで未来から立候補する福田衣里子は、みどりの風への復党を否定し、「一部報道で、選挙は『日本未来の党』で戦い、選挙後は『みどりの風』に戻るということが、あたかも私が発言したかのように流れていますが、それは事実に反しています。」と主張している。日本未来の党 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「福田衣里子」のニューストピックワード