福留功男 ニュース&Wiki etc.

福留 功男(ふくとめ のりお、1942年1月28日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、エグゼクティブ・プロデューサー。元日本テレビアナウンサー。 (出典:Wikipedia)

「福留功男」Q&A

  • Q&A

    下の中から好きな司会者に○、嫌いな司会者に×を コピペしてつけてください。 みのも…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年10月31日 20:49

  • Q&A

    なぜ宮地由紀男氏は悪者になってるのですか? ラジオを聞きましたが、アシスタントがプレ…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年7月3日 00:54

  • Q&A

    1992年に放送終了した「アメリカ横断ウルトラクイズ」。 1998年に一度だけ復活し…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年5月21日 20:11

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「福留功男」のつながり調べ

  • こじゃんと土佐流

    こじゃんと土佐流から見た福留功男

    高知県香美市出身の福留功男がリポーターとなり、高知県の歴史・風景・人情・人々の暮らしを再発見し、ゆるやかに流れる「高知の時間」に触れてゆく。2009年12月に第1回が放送され、2年間に11回放送された。(こじゃんと土佐流 フレッシュアイペディアより)

  • いつみても波瀾万丈

    いつみても波瀾万丈から見た福留功男

    元々、逸見政孝が司会の同系『いつみても平平凡凡』(芸能人とその家族がゲスト出演のトーク番組。最後に賞品獲得をかけたゲームに挑戦)を引き継ぐ形で逸見と間寛平のコンビで1992年3月22日にスタートしたが、1993年9月に逸見が癌による闘病生活に入り、すべての仕事を休止したため、元日本テレビアナウンサーである福留功男が代理で司会を担当(初日は逸見より病床からの「ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします」という録音メッセージが放送された)。その後、同年12月25日に逸見が逝去。それに伴い、福留がそのまま正式に2代目の司会者となり、最終回に至った。なお、タイトルの「いつみても」は、初代司会者である逸見の名字「いつみ」から取ったものである。このことは、逸見がかつて在籍していたフジテレビの5期先輩である露木茂がゲスト出演した際にも福留が再確認する表現がなされた。(いつみても波瀾万丈 フレッシュアイペディアより)

「福留功男」のニューストピックワード

  • アメリカ横断ウルトラクイズ

  • 史上最大! 第13回アメリカ横断ウルトラクイズ

  • 今だから話せるウルトラクイズ丸秘証言集PART2