134件中 61 - 70件表示
  • ビッグサタデー

    ビッグサタデーから見た福留功男福留功男

    ナレーションは本放送と同様に国外レポーター(福留功男→福澤朗)が担当していたが、そのナレーションは大半が新録で、一部本放送から流用したものもあった。ビッグサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 堤信子

    堤信子から見た福留功男福留功男

    FBSに在職中は、現在FBSアナウンスチーフとなっている古賀ゆきひととともに『ズームイン!!朝!』(日本テレビ)の福岡・佐賀担当レポーターとなり、余りにも可愛い美人さのゆえに「のんちゃん」の愛称で全国の脚光を浴びた。そのお陰で、同番組を担当していた当時の総合司会であった徳光和夫や福留功男(2人共元日テレアナウンサー)とは現在でも親交が深いという。堤信子 フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!

    ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!から見た福留功男福留功男

    福留功男(当時:日本テレビアナウンサー)ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!! フレッシュアイペディアより)

  • 高田みづえ

    高田みづえから見た福留功男福留功男

    最近では2012年5月29日に『火曜サプライズ』(日本テレビ・録画収録)にて、福留功男・山瀬まみ・ウエンツ瑛士が松ヶ根部屋を訪問し、おかみさんの高田や松ヶ根親方らと対面。その後ウエンツ瑛士が部屋の現役力士との猛稽古に恐々参加する場面や、部屋のちゃんこ鍋を共に食事するなどの光景が放映されていた。高田みづえ フレッシュアイペディアより)

  • 復活の日 (テレビ番組)

    復活の日 (テレビ番組)から見た福留功男福留功男

    「Fukutome & Yakumaru Day of Rebibal」と表記され、福留功男と薬丸裕英の冠番組扱いとなっていた。復活の日 (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 梅田淳

    梅田淳から見た福留功男福留功男

    全国ネットの番組にも数多く出演し、フジテレビ系列で毎年夏に放送している『FNSの日』では数回にわたって関西テレビの中継アナとして登場。中でも1992年と1993年に放送された『平成教育テレビ』では、司会のビートたけし、逸見政孝を爆笑させるほどのしゃべりで注目を浴びた。1993年の『平成教育テレビ』では福留功男のモノマネでズームイン!!ポーズを行い、ビートたけしに「梅田さんはフリーになったほうがいいですね」と言われた。他に1999年に放送された『スーパーバスケ』では福澤朗(当時日本テレビアナウンサー)のモノマネで「フジテレビV4スタジオに向かってズームイン!!」と行ってポーズを行い、司会の中居正広から「それは4チャン(=日本テレビ)」とツッコまれた。梅田淳 フレッシュアイペディアより)

  • 脇田義信

    脇田義信から見た福留功男福留功男

    中でも「ズームイン」の名物コーナーだった「プロ野球いれコミ情報」では、読売ジャイアンツファンの徳光和夫(途中から福留功男)、中日ドラゴンズファンのきくち教児、阪神タイガースファンの辛坊治郎、森武史とともにプロ野球の情報を連日伝え、広島が勝った翌朝の放送では「やーるときゃやっちょる!!」と広島の勝利を喜んでいた。1982年「広島が優勝しなかったら丸坊主になる」と番組内で公約、中日がリーグ優勝して、巨人ファンの徳光和夫とともに東京のスタジオで板東英二(当時「ズームイン」で中日情報の解説者として出演)立ち会いのもと、頭を丸坊主にした。脇田義信 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑!!マイスタ

    爆笑!!マイスタから見た福留功男福留功男

    前番組『タウン5』の流れを汲んだ番組で、同様に月曜から金曜までの帯で放送されていた。また、前番組と同様に当時の日本テレビエンタープライズが番組制作に携わっていた。ステレオ放送である点も同様である。レギュラー陣については一新されており、前番組の福留功男に替わって出門英とB&Bが司会を務めていた(ともに隔日出演)。爆笑!!マイスタ フレッシュアイペディアより)

  • なぜなぜダイヤル!?

    なぜなぜダイヤル!?から見た福留功男福留功男

    『なぜなぜダイヤル!?』は、1981年4月13日から1982年1月25日まで日本テレビ系列局で放送された、電話を利用した視聴者参加型の教養バラエティ番組である。司会は福留功男(当時日本テレビアナウンサー)と大橋恵里子。ロート製薬の一社提供番組だが、前番組『底ぬけ脱線ゲーム』『ほんものは誰だ?!』『推理クイズ・私がほんもの!』以来続いてきたクイズとゲームの枠がこの番組から一旦途切れることになった。番組キャッチコピーは「見ても聞いてもためになる、なぜなぜダイヤル!?」。なぜなぜダイヤル!? フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た福留功男福留功男

    30日 - 当時の三木内閣で沖縄開発庁政務次官を務めていた立川談志(落語家、当時参議院議員)、国会の発言が元で政務次官を辞職。談志が司会を務めていた日本テレビ系『やじうま寄席』『蝶々・談志のあまから家族』は2月放送分より談志が降板し、『やじうま』は談志と共に司会を担当していた毒蝮三太夫と月の家円鏡(現:八代目橘家圓蔵)が、そのまま1980年3月29日の最終回まで担当、『あまから』は徳光和夫・千昌夫・福留功男(徳光と福留は当時局アナ)がミヤコ蝶々の相手役を引き継いだ後、4月4日からは湯原昌幸に交代し、同年9月26日の最終回まで担当。1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「福留功男」のニューストピックワード

  • アメリカ横断ウルトラクイズ

  • 史上最大! 第13回アメリカ横断ウルトラクイズ

  • 今だから話せるウルトラクイズ丸秘証言集PART2