福留孝介 ニュース&Wiki etc.

福留 孝介(ふくどめ こうすけ、1977年4月26日 - )は、阪神タイガースに所属する鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「福留孝介」のつながり調べ

  • 島田海吏

    島田海吏から見た福留孝介

    初出場:2018年4月1日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、9回表に福留孝介の代走として出場(島田海吏 フレッシュアイペディアより)

  • 今成亮太

    今成亮太から見た福留孝介

    には、捕手陣の層を厚くしたチーム事情などを背景に、持ち前の打撃力を生かすべくバッテリー以外のポジションにも挑戦。セ・パ交流戦では、指名打者を採用するパ・リーグ主催試合で、右投手の先発が予告された場合に指名打者や左翼手としてスタメン。開幕当初のレギュラー福留孝介の故障による戦線離脱などを受けて、福留が一軍へ復帰する8月中旬まで、主に「6番・右翼手」としてスタメンに定着した。7月5日から同月7日までの対広島東洋カープ3連戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、5日の第1打席(2回表)に一軍公式戦初本塁打を放つと、7日には5番打者として1試合4安打を記録。。8月7日の広島戦(マツダスタジアム)から、福留がスタメンに復帰した同月15日までは「1番・右翼手」、開幕から「2番・中堅手」として常時出場していた大和の戦線離脱(同月22日)以降は「2番・右翼手」としてのスタメン起用が続いた。レギュラーシーズンの一軍公式戦では、捕手としての出場が前述の3試合にとどまる一方で、外野手として53試合、一塁手として4試合に出場。チームのシーズン2位で臨んだ広島とのクライマックスシリーズ ファーストステージでは、10月12日の第1戦(甲子園)4回裏に、前田健太からの安打でチーム唯一の得点を挙げた。この安打は、阪神の選手が一軍公式戦で49イニング振りに前田から放った適時打でもあった。(今成亮太 フレッシュアイペディアより)

「福留孝介」のニューストピックワード

  • 残り試合、全部頑張ってもらうくらいのつもりでね。

  • 一緒に頑張ろう!

  • スポーツの新しい本拠地DAZN 2周年 MEDIA CONFERENCE