前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示
  • 2013年の阪神タイガース

    2013年の阪神タイガースから見た福留孝介福留孝介

    藤川球児がメジャー移籍し、守護神を失った阪神は前年に16試合先発していた久保康友を新守護神とした。先発陣ではドラフトで1984年の嶋田章弘以来、28年ぶりにドラフト1位のくじ引きを引き当て(4球団競合)、即戦力でローテーションに入ることが期待された藤浪晋太郎を獲得した。野手では、金本知憲、城島健司が現役引退し、ブラゼルが退団し、平野恵一がオリックスにFA移籍した。その一方、メジャーから帰国した福留孝介と西岡剛を獲得した。外国人選手はマートン、スタンリッジ、メッセンジャーが安定した成績を残し、主力外国人の退団が前述のブラゼルのみに留まったため、ブラゼルに代わる外国人野手としてコンラッドのみを獲得した。阪神が新外国人で野手を獲得するのは2010年のマートン以来であった。2013年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た福留孝介福留孝介

    はオープン戦で打率.360と活躍したが、開幕スタメンは新人の鳥谷敬だった。その後、開幕6試合目でスタメンに復帰。前年は本塁打0だったが満塁打を含む5本塁打を放つなど、目立った活躍も多く見られた。また、アテネオリンピック野球日本代表に選出され、オランダ戦で本塁打を放つなど二塁手のレギュラーとして、福留孝介とともにチームで2人だけの全試合フルイニング出場を果たした。しかし、決勝トーナメント準決勝のオーストラリア戦では終盤の決定機で、同僚のジェフ・ウィリアムスに三振を喫しノーヒット、次の3位決定戦でもノーヒットに終わった。帰国後は不振に陥り、鳥谷にスタメンを奪われ、打率.257と前年より大きく成績を落とした。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た福留孝介福留孝介

    から背番号を4に変更し、前半戦から福留孝介の離脱までは5番打者を務める。4月7日の対巨人戦で日本で初となる逆転サヨナラ3ラン本塁打を放つ。4月13日にはサイクル安打を達成。1996年にMLBで達成したサイクル安打と合わせ、史上唯一のMLB、NPBでのサイクル安打達成者となっている。なお、本塁打、三塁打、二塁打、単打の順で達成したのはNPBでは初だった。守備でも評価を高め、左翼手の英智、右翼手の福留とのトリオは鉄壁で、ゴールデングラブ賞に選出された。アテネオリンピック、及びその後の怪我により福留が離脱した際には代役の4番としても活躍。打率.294、21本塁打は前年とほぼ同じながら、前年の65打点を大きく上回る89打点という成績を残し、優勝に貢献。日本シリーズにも4番・中堅手で出場したものの、チームは3勝4敗で敗れた。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • 春田剛

    春田剛から見た福留孝介福留孝介

    落合監督曰く「ライトには孝介が居るから」との理由で2007年から一塁手へコンバートされ、内野手登録となった。落合監督は打撃が佐々木誠に似ているとも評し、自身の現役時代と同じ型の一塁グラブを発注するなど、周囲から期待される存在だった。しかし、2007年シーズンは1年目のような思い切ったバッティングができず、二軍で打率.188、1本塁打と結果を出すことができなかった。春田剛 フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・インディアンス

    クリーブランド・インディアンスから見た福留孝介福留孝介

    日本人選手は多田野数人(2004年から2005年まで)、小林雅英(2008年から2009年まで)、大家友和(2009年)、福留孝介(2011年途中から同年終了まで)、村田透(2015年)が在籍した。クリーブランド・インディアンス フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た福留孝介福留孝介

    開幕戦の対横浜戦で盛田幸妃から初回先頭打者本塁打を放ち、ナゴヤドーム初の公式戦で同球場第1号本塁打となる。8月22日の対阪神戦ではサイクル安打を達成。しかしシーズンを通しては不調に終わり、チームも最下位に転落。この年に作られた応援歌は成績不振のためかわずか1年で廃止されたが、にPL学園の後輩である福留孝介の応援歌として復活、歌詞変更を経て福留が退団したまで使用されたのち、応援団不在となったには非公式ながら小笠原道大に流用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木恭介

    佐々木恭介から見た福留孝介福留孝介

    からまで近鉄監督を務める。就任直後のドラフト会議では(赤いふんどしを着用し当日に臨んだと言われる)抽選でPL学園の福留孝介の交渉権を獲得し(入団は拒否)、『ヨッシャー』の掛け声(これが愛称となる)で話題となった。スカウトより事前に「意中球団でないため、近鉄に入団する可能性は極めて低い」という報告を受けていたが、PL学園は藤井寺からおよそ10分の距離なのに、何もしないのは惜しいということで強行1位指名に踏み切ったという。福留獲得のため近鉄球団は7億円まで積み、さらに数年間プレーすれば自由契約にするとまで約束したとのことだが福留は首を縦には振らなかったと、MBSラジオ「ゴー傑P」で佐々木は語っている。当時は巨人と出来ていると思っていたが、ふたを開けてみると中日だったのかと驚いたという。佐々木恭介 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    6月8日 - 中日の福留孝介が対広島戦(ナゴヤドーム)でNPB史上55人目(58度目)のサイクル安打を達成。満塁本塁打を含む達成は史上3人目、セ・リーグでは初2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見た福留孝介福留孝介

    濱中治が阪神の主力選手だった時代(2005年?2007年)には、毎年クリスマス近くの放送で、濱中が「浜ちゃんサンタ」としてスタジオに登場。電話を通じてファンと話すことが恒例になっていた。濱中の引退後も、藤浪晋太郎が「藤浪サンタ」(2014年・2015年)、能見篤史が「能見サンタ」(2016年)、福留孝介が「福留サンタ」(2017年)に扮したうえで企画を引き継いでいる。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た福留孝介福留孝介

    、3位に終わる。監督就任5年目で順位・勝利数・勝率のいずれもワーストとなり、監督として最悪のシーズンとなった。ただし、本拠地・ナゴヤドームへの観客動員数は自身が監督を務めた8年間で最高であった。主力の不振や衰え、福留孝介のメジャー移籍や北京五輪で5人の主力選手が抜けたことで打撃力がリーグワーストの成績に陥ったことが響いた。クライマックスシリーズ2ndステージでは巨人に1勝したのみに終わり敗退。オフに球団と新たに3年契約を結んだ。落合博満 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示

「福留孝介」のニューストピックワード