220件中 101 - 110件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た福留孝介福留孝介

    オーダーについて原は、「1〜3番に出塁率が高く足の使える選手(イチロー、青木宣親ら)、4〜6番は得点力と進塁打などの自己犠牲を兼ねた選手(村田修一、小笠原道大ら)、7〜9番は意外性のある選手(福留孝介、城島健司らメジャーリーガー)」を起用すると発言。これを上杉謙信の戦術になぞらえて車懸かりの陣と呼んだ。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 金炳賢

    金炳賢から見た福留孝介福留孝介

    2006年のWBC準決勝の対韓国戦において、0-0の7回に代打で出場した福留孝介に2ランホームランを浴びる。その次打者の小笠原道大の初球がデッドボールとなり、これが原因で警告試合となった。金炳賢 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た福留孝介福留孝介

    には、開幕直後の4月4日に一軍へ昇格すると、主に対左投手用の代打として活躍。「代打の神様」と称される関本賢太郎が戦線を離れていたシーズン中盤には、「『代打の神様』の代役」と呼ばれるほど、勝負どころの代打要員として重用された。6月7日の対北海道日本ハムファイターズ戦と同月20日の対ヤクルト戦(いずれも甲子園)では、代打で適時打を放った末に、チームが勝利したことからヒーローインタビューを受けている。また、レギュラー右翼手の福留孝介が休養でスタメンを外れる場合には、外野手や3番打者としてスタメンに起用。代打からそのまま外野の守備に就くこともあった。しかし、代打からの出場でセンターの守備に就いていた9月10日の対巨人戦で、9回裏の第3打席に澤村拓一から右手に死球を受けた。さらに、試合後のレントゲン検査で、右手第5中手骨の骨折が判明。全治までに1ヶ月以上を要することが見込まれたため、翌11日に出場選手登録を抹消された。このため、一軍がレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでの出場機会はなかった。しかし、レギュラーシーズンでは、一軍公式戦66試合に出場。打率.274、3本塁打、13打点と活躍したことから、11月25日には推定年俸2,300万円(1,400万円増)で契約を更改した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た福留孝介福留孝介

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • 内藤尚行

    内藤尚行から見た福留孝介福留孝介

    アール・エフ・ラジオ日本およびJ SPORTSで解説者を務めるほか、プロ野球マスターズリーグでは名古屋80D'sers に所属。2006年 - 2007年シーズンで優勝した際の記念撮影では上半身裸になっていた。また、2006年に同チームが中日ドラゴンズのファン感謝デーでエキシビションゲームを行なった際、福留孝介に本塁打を浴びている。内藤尚行 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た福留孝介福留孝介

    2007年、本人は中堅手志望で、打順にはこだわりがないと発言。シーズン序盤からは中堅手としての出場が多かったものの、終盤には右翼手のレギュラーであった福留孝介の故障により右翼手として出場することとなった。オープン戦では1番を中心に様々な打順をテストされ、その結果を踏まえ開幕戦では5番で起用された。開幕から9試合連続安打を記録したものの、その後打率が.250近辺を低迷したことで、4月下旬からは森野将彦との入れ替えで7番に降格。3番や1番を打たせた結果、8月下旬からは6番で起用された。7月18日の対ヤクルト戦では日韓通算1500安打を達成。9月4日の対巨人戦で、高橋尚成から来日初となる満塁本塁打を放つ。韓国では走攻守揃った選手という評価だったが、レギュラーシーズンでは打率.262の割に低い出塁率.295で、三振は100を越え、盗塁0、守備の方も補殺0に終わる。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原正平

    吉原正平から見た福留孝介福留孝介

    大学卒業後は、社会人野球へと道を進め日本生命に入社。同社野球部では1年目から活躍し、2012年都市対抗野球大会では、3試合に登板し2試合連続完封、2勝0敗防0.46、という成績でチームのベスト8に貢献する活躍を見せ、大会優秀選手賞を受賞し、若獅子賞獲得。日生野球部からの若獅子賞受賞者は、福留孝介以来2人目。同年の日本選手権では2試合に登板し、1勝0敗防御率0.79という成績で、チームはベスト8という結果となった。吉原正平 フレッシュアイペディアより)

  • 澤井良輔

    澤井良輔から見た福留孝介福留孝介

    小学生の頃は運動が苦手だったが、仲間はずれになりたくないとの理由で4年から野球を始める。元々は右打ちだったが、中学3年の時に左打ちを試したところ右打ちより飛んだという。憧れだった篠塚利夫と同じ銚子商業高に進学し主軸として大活躍。3年生時に春夏連続甲子園出場。センバツでは準優勝、夏の甲子園は3回戦敗退。そのパワーとスター性はプロ級と評判になり、「西の福留・東の澤井」とまで言われた。福留とは交友関係があったが、2人をライバルとして扱うマスコミには不快感を覚えていた。澤井良輔 フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た福留孝介福留孝介

    オフには西岡剛・福留孝介がメジャーから国内復帰し阪神入りが濃厚だったこともあり内外野共にポジションが危ぶまれると感じ、11月10日、国内FA(フリーエージェント)権を行使することを表明した。平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年アトランタオリンピックの日本選手団

    1996年アトランタオリンピックの日本選手団から見た福留孝介福留孝介

    井口忠仁(青山学院大学)・今岡誠(東洋大学)・大久保秀昭(日本石油)・小野仁(日本石油)・川村丈夫(日本石油)・木村重太郎(東芝)・黒須隆(日産自動車)・桑元孝雄(三菱自動車川崎)・西郷泰之(三菱自動車川崎)・佐藤友昭(プリンスホテル)・杉浦正則(日本生命)・高林孝行(日本石油)・谷佳知(三菱自動車岡崎)・中村大伸(NTT東京)・野島正弘(日本石油)・福留孝介(日本生命)・松中信彦(新日鉄君津)・三澤興一(早稲田大学)・森昌彦(NTT東京)・森中聖雄(東海大学)1996年アトランタオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

220件中 101 - 110件表示

「福留孝介」のニューストピックワード