145件中 111 - 120件表示
  • 林昌範

    林昌範から見た福留孝介福留孝介

    初奪三振:同上、1回裏に福留孝介から林昌範 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た福留孝介福留孝介

    「日本一」「三冠王」の2つを目標に掲げて10年目のシーズンをスタート。開幕後間もない4月13日にFA権を取得。7月9日に黒田博樹から通算300号本塁打を放つ。28歳0ヶ月での到達は王貞治の27歳3ヶ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、1200試合目での達成は史上6番目に速さであった。また、8月1日には4番打者としての連続出場を363試合に伸ばし、石井浩郎の記録を抜き当時の単独1位となった。オールスターゲーム前までは、前年同様打球が上がらず76試合で18本塁打だったが、後半戦は64試合で32本塁打という驚異のペースで打ち続け、自己最多、史上8人目の50本塁打を記録する。セ・リーグでは1985年のランディ・バース以来17年ぶり、巨人では同じく1977年の王貞治以来の25年ぶりの快挙となった。ペタジーニに9本差をつけた50本目のホームランは2002年の本拠地最終戦の対ヤクルト戦(東京ドーム)で記録。最終打席はキャッチャーへのファウルフライを打ったところ捕手の米野智人が落球。次の投球で本塁打を放った。7・8月と2ヶ月連続で月間MVPを受賞。9月7日の広島戦でプロ野球新記録となる5年連続100得点を記録した。シーズン終盤までは打率3割5分台を維持し、三冠王目前だったが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者争いで福留孝介にタイトルを譲った。打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得した。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た福留孝介福留孝介

    中日時代は井端弘和、福留孝介の主力3選手がともに独身であることがネタにされていたが、福留は2007年に、井端は2008年に結婚している。2011年末に29歳の一般女性と結婚していたことが2012年2月に明らかになった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 西沢道夫

    西沢道夫から見た福留孝介福留孝介

    2006年、首位打者のタイトルを獲得した福留孝介が、西沢の持つ「3割30本100打点100得点」のシーズン記録にドラゴンズの選手として56年ぶりに到達し、また同年打点王・本塁打王の2冠に輝いたタイロン・ウッズが、同じく西沢の135打点と46本塁打の球団記録を144打点・47本塁打でそれぞれ更新した。福留は前年にもこの記録に肉薄しており、2006年シーズン中盤から地元紙などを通じて、両名とも西沢の球団記録を更新する意欲を見せていた。西沢道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見た福留孝介福留孝介

    オリックス時代の教え子であり、故障で不振の平井正史を獲得し中継ぎの一人として復活させたこと、ポジションが固定されなかった福留孝介を外野に固定したこと、荒木雅博や井端弘和を辛抱強く使い続けたことなど、後の中日躍進の基礎を築いた人物でもある。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の野球

    1995年の野球から見た福留孝介福留孝介

    11月22日 - ドラフト会議が行われ、PL学園の福留孝介は高校生として最多となる7球団の競合の末近鉄が交渉権を獲得。当たりクジを引いた佐々木監督は「ヨッシャー」と絶叫したが、その後福留は入団を拒否。1995年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 清水崇行

    清水崇行から見た福留孝介福留孝介

    ※2002年は中堅手・松井秀喜、右翼手・福留孝介に次ぐ3位清水崇行 フレッシュアイペディアより)

  • アジア野球選手権大会

    アジア野球選手権大会から見た福留孝介福留孝介

    外野手:高橋由伸、和田一浩、木村拓也、福留孝介、谷佳知、赤星憲広アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tパーク

    AT&Tパークから見た福留孝介福留孝介

    ボンズがスプラッシュ・ヒットを多く打っているため、他の打者でも簡単に海へ打てるように思えるが、実際には前述のとおり極めて打者不利な球場であり、右中間方向は深いため130メートル以上飛ばさないとスプラッシュ・ヒットとはならない。したがって並みの打者ではそうそう打てるものではない。ジャイアンツ公式サイトでは、スプラッシュ・ヒットを放った選手のリストが掲載され、ジャイアンツ所属選手に関してはその映像を見ることができる。日本人初のスプラッシュ・ヒット達成者は福留孝介AT&Tパーク フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見た福留孝介福留孝介

    中学では宝塚シニアに所属。PL学園高校3年時に第64回選抜高等学校野球大会に出場し、8強入りする。東都大学野球連盟所属の東洋大学に進学後は遊撃手として大学通算89試合出場、335打数100安打、打率.299, 12本塁打、73打点を記録。ベストナインに2回選出され、同リーグの青山学院大学で同学年、同ポジションの井口忠仁と双璧ともいわれた。アトランタオリンピックでは日本生命の福留孝介も含めて3人の遊撃手が選出されたが、主に7番遊撃手井口、8番二塁手今岡、9番三塁手福留で起用され、打率.435を記録した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

145件中 111 - 120件表示

「福留孝介」のニューストピックワード