220件中 11 - 20件表示
  • サイクル安打

    サイクル安打から見た福留孝介福留孝介

    日本プロ野球界では、1948年10月2日に藤村富美男が最初に達成したが、これは後日認定されたものである。当時の日本で「サイクル安打」の概念はなく、17年後の1965年7月16日にダリル・スペンサーがサイクル安打を達成した際、スペンサーが自ら記者に「なぜ自分に質問をしてこないのか。これはサイクル安打といって、とんでもない記録なんだ」と言ったのがきっかけで遡って記録が調べられ、藤村が日本での最初の達成者であることが判明した。また、藤村は1950年に2度目を記録しており、複数回のサイクル安打を記録した最初の選手にもなっている(その後、松永浩美、ロバート・ローズ、福留孝介も記録)。サイクル安打 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本シリーズ

    1999年の日本シリーズから見た福留孝介福留孝介

    一方、中日は主砲の山崎武司をシーズン終盤の負傷で欠き、関川浩一の不振(21打数2安打、第一戦から第四戦まで無安打)、得点能力が激減し、益田大介ら1軍経験の浅い選手を先発で使うなどしたが野手層の薄さが露呈し、福留孝介は3戦から5戦まで失策を記録した。井上一樹は13打数ノーヒットだった。さらに、中継ぎの一人だったサムソン・リーが翌年のメジャー挑戦を公に表明してしまい選手登録から外されるなどしていた。なお、第2戦で好投した川上憲伸が敢闘賞に選ばれている。1999年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドームから見た福留孝介福留孝介

    両翼100m、中堅122m、左右中間116mと、日本国内で近年に建設されているプロ用の野球場としては一般的な大きさである。他のセ・リーグの本拠地球場に比べ、その広さと外野フェンスの高さによってホームラン(本塁打)が出にくく(実際、ナゴヤドーム移転後に中日の日本人選手で年間30本塁打以上を記録したのは福留孝介・和田一浩の2人のみであり、両名とも中日時代を含めて本塁打王は獲得できていない。外国人選手ではレオ・ゴメス、タイロン・ウッズ、トニ・ブランコ、アレックス・ゲレーロの4人が年間30本塁打を記録しているが、ウッズ、ブランコ、ゲレーロは本塁打王のタイトルを獲得している)投手が有利な球場となっており、ここをホームグラウンドとしている中日ドラゴンズはこのドームに移転したのちは投手力を前面に出したチーム編成としている。ファウルグラウンドは円形球場としては標準的な広さであるが、スタンドの設計の都合による弓形の出っ張りが特徴となっている。ナゴヤドーム フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た福留孝介福留孝介

    孝介あんかけ(2006年〜2007年。福留孝介プロデュースのあんかけスパ)東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見た福留孝介福留孝介

    2008年4月23日にサンフランシスコ・ジャイアンツに次いで『メジャーリーグ通算10,000勝』に到達。日本人選手では、2008年から福留孝介が所属したが、11年にクリーブランド・インディアンスにトレード。2008年には、3年ぶりのメジャー復帰を目指す高津臣吾ともマイナー契約を結んだが、スプリングトレーニング途中で自由契約。2009年は田口壮と門倉健がマイナー契約でスプリングトレーニングに参加したが、門倉のみメジャー昇格は果たせず。2013年は高橋尚成と藤川球児が所属した。2014年は前年に続き藤川が所属し、和田毅が渡米3年目でメジャーデビューを果たした。2015年は前年に続き和田が所属した。2016年は川崎宗則が所属した。2017年は上原浩治が所属した。2018年からはダルビッシュ有が所属する。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た福留孝介福留孝介

    1月30日に妻と死別。春にナゴヤドームが完成。球場が広くなったことでチームの体質改善が求められたが間に合わず、星野自身も「最下位覚悟で優勝を狙う」と先行きを危ぶむ発言。予想通り開幕から低迷し、高木時代の1992年以来5年ぶりとなる最下位に転落。チーム打率リーグ最下位、チーム防御率5位と投打共に振るわなかった。同年オフ、関川浩一・久慈照嘉を交換トレードで獲得し、大豊泰昭・矢野輝弘を放出し、アロンゾ・パウエルは退団した。投手コーチの小松辰雄は退団し後任に宮田征典を招聘、打撃コーチに水谷実雄、外野守備走塁コーチに二宮至、2軍監督には仁村徹、2軍投手コーチに梶本隆夫が就任した。外国人選手では李鍾範、サムソン・リーを獲得し、南渕時高も獲得、大学の後輩川上憲伸をドラフト1位で指名した。投手陣は肩の故障から伸び悩んでいた野口茂樹がエース級へ育ち、14勝し最優秀防御率、川上も14勝で新人王、中継ぎ陣では落合英二が最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得し、新人の正津英志も活躍した。チーム防御率は12球団トップ。盗塁はリーグトップだったもの打率はリーグ5位に終わった。は2位となった。明治大学の後輩であり、前年のパ・リーグ最多勝投手であった武田一浩をFAで獲得した。宮田は一年で辞任し、後任に山田久志が就任し、内野守備走塁コーチには高代延博を招聘した。ドラフトでは福留孝介、岩瀬仁紀が入団。は、の西鉄ライオンズ以来45年ぶりとなる開幕11連勝を飾った勢いでそのまま首位を突っ走り、自身2度目のリーグ優勝を果たした。昨年に引き続きチーム防御率は12球団一位。福岡ダイエーホークスとの日本シリーズは前評判では中日圧倒的優位だったが、1勝4敗で敗れた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • エスプリモデルズ

    エスプリモデルズから見た福留孝介福留孝介

    2008年12月 - プロ野球選手の福留孝介とマネジメント契約。エスプリモデルズ フレッシュアイペディアより)

  • フロント (芸能事務所)

    フロント (芸能事務所)から見た福留孝介福留孝介

    主に女性ファッションモデルが所属しており、ファッション雑誌やテレビCMなどに多数出演している。また、プロ野球選手・福留孝介のマネジメントも行っている。フロント (芸能事務所) フレッシュアイペディアより)

  • 野球好きニューススペシャル マル秘メジャー

    野球好きニューススペシャル マル秘メジャーから見た福留孝介福留孝介

    落合博満(中日ドラゴンズ監督)森繁和(中日ドラゴンズヘッドコーチ)福留孝介(シカゴ・カブス)野球好きニューススペシャル マル秘メジャー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アントネッティ

    クリス・アントネッティから見た福留孝介福留孝介

    就任後はファーム組織の底上げを図るべくトレードを主体にチームを構成2011年のシーズン中のトレードで福留孝介、ウバルド・ヒメネス、ジム・トーミを獲得したがその代償は大きく球団のトッププロステクトを多く出してしまった。2013年シーズンは初めてFA市場に進出。積極補強路線に切り替えニック・スウィッシャー、マーク・レイノルズ、マイケル・ボーン、ブレット・マイヤーズ、ジェイソン・ジアンビ、トレードで超有望株トレバー・バウアーの結果が出ず、結局再建に逆戻り。2015年にはスウィッシャーとボーンをトレードで放出。その分残り契約分の金銭もプラスして財政が圧迫し白旗を上げたかに見えたが何とかワイルドカード争いに加える事ができた。シーズン終了後球団副社長の就任で勇退しGM補佐のマイク・チェイノフを後継指名した。クリス・アントネッティ フレッシュアイペディアより)

220件中 11 - 20件表示

「福留孝介」のニューストピックワード