220件中 41 - 50件表示
  • アブナー・アブレイユ

    アブナー・アブレイユから見た福留孝介福留孝介

    福留孝介のトレード相手の1人としてシーズン途中にシカゴ・カブスに移籍し、マイナーA+級のデイトナ・カブスで25試合に出場した。アブナー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • 小坂将商

    小坂将商から見た福留孝介福留孝介

    組み合わせ抽選会で、1回戦はシード(不戦勝)。初戦の2回戦では高岡商高校(富山)に10-0と、一方的な試合展開で甲子園初勝利。続く3回戦も青森山田高校(青森)に、5-2で下しベスト8進出。その準々決勝では福留孝介ら擁するPL学園高校(大阪)に8-6と接戦の末勝利、智弁学園としては夏の甲子園初となるベスト4まで進出した(準決勝は星稜高校(石川)に1-3と敗退し、決勝戦進出はならず)。小坂将商 フレッシュアイペディアより)

  • 上村恭生

    上村恭生から見た福留孝介福留孝介

    1982年卒業し、保健体育教師として母校に赴任。同時に野球部コーチとなる。1988年に監督に就任し、早くも1989年夏の第71回全国高等学校野球選手権大会に出場、3回戦まで進出する。その後、2001年春に監督を退くまで指揮を執った。この間、特に1995年の第77回全国高等学校野球選手権大会では、のちに当校野球部監督となる主将・小坂将商を率いて、準々決勝戦では福留孝介らが居たPL学園に8-6と競り勝ち、夏の甲子園大会では最高位のベスト4入りを果たしている。上村恭生 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表から見た福留孝介福留孝介

    本塁打:<日本> 福留孝介2号(2ラン、金炳賢) 多村仁3号(ソロ、裵英洙)2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 立石尚行

    立石尚行から見た福留孝介福留孝介

    卒業後は社会人野球のNTT関東に入社。川崎製鉄千葉・新日本製鐵君津と共に『千葉3強』の一角を形成していたチームをエースとして支えた。チームメートにバッテリーを組んでいた小笠原道大(当時捕手)や、遊撃手の沖原佳典がいる。1996年の都市対抗に小笠原、沖原とともに新日本製鐵君津の補強選手として出場。1回戦ではJR東海を相手に先発として起用され好投、勝利投手となる。チームも準々決勝に進むが朝日生命に敗退した。1998年はNTT関東チームの一員として都市対抗に出場。同年の日本選手権では、決勝で福留孝介を擁する日本生命に9回裏逆転サヨナラ勝ち、優勝を飾る。この試合で勝利投手となり優秀選手に選出された。同年のアジア大会日本代表にも選ばれたが、この年限りでNTT関東硬式野球部がNTTグループの統合再編に伴って廃部。これに伴って立石にも転籍話が持ち上がったが、日本ハムファイターズからドラフト3位指名を受け、28歳でプロ入りした。立石尚行 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の中日ドラゴンズ

    2002年の中日ドラゴンズから見た福留孝介福留孝介

    首位打者:福留孝介(.343、初受賞)2002年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    4月6日 - 中日の福留孝介が対横浜戦でNPB史上415人目の通算1000試合出場2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    1月5日 - 元中日ドラゴンズで、シカゴ・カブスなどに在籍した福留孝介が阪神タイガースに移籍。福留は6年ぶりの日本球界復帰。背番号は8。これに伴い、浅井良の背番号が、8から5に変更2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    4月9日 - 中日の福留孝介が対巨人戦でNPB史上140人目の通算150本塁打2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    4月14日 - 中日の福留孝介が東京ドームでの対巨人5回戦の八回表に巨人の上原浩治から3号2点本塁打を打ち、プロ通算100号本塁打を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

220件中 41 - 50件表示

「福留孝介」のニューストピックワード