145件中 41 - 50件表示
  • 会田有志

    会田有志から見た福留孝介福留孝介

    初奪三振:2007年4月3日、対中日ドラゴンズ1回戦(東京ドーム)、8回表に福留孝介から会田有志 フレッシュアイペディアより)

  • 澤井良輔

    澤井良輔から見た福留孝介福留孝介

    小学生の頃は運動が苦手だったが、仲間はずれになりたくないとの理由で4年から野球を始める。元々は右打ちだったが、中学3年の時に左打ちを試したところ右打ちより飛んだという。憧れだった篠塚利夫と同じ銚子商業高に進学し主軸として大活躍。3年生時に春夏連続甲子園出場。センバツでは準優勝、夏の甲子園は3回戦敗退。そのパワーとスター性はプロ級と評判になり、「西の福留・東の澤井」とまで言われた。福留とは交友関係があったが、2人をライバルとして扱うマスコミには不快感を覚えていた。澤井良輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中村順司

    中村順司から見た福留孝介福留孝介

    清原和博、桑田真澄のKKコンビを始め、立浪和義、大村三郎、福留孝介らを代表とする、数々の超高校級の選手を育てあげた名将。監督就任後は、1981年度卒業生の吉村禎章、若井基安、西川佳明から、1998年度卒業生の大西宏明、平石洋介(あるいは中村を慕って入学したはずの、2000年度卒業生加藤領健、中尾敏浩)に至るまで、すべての年度の卒業生の少なくとも一人以上を最終的にプロ入りさせている。中村順司 フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピック野球日本代表

    アトランタオリンピック野球日本代表から見た福留孝介福留孝介

    日本代表チームからは松中信彦、谷佳知、福留孝介、今岡誠、井口忠仁らの選手がプロ入りしている。アトランタオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見た福留孝介福留孝介

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮至

    二宮至から見た福留孝介福留孝介

    に中日ドラゴンズ監督の星野仙一に請われ、ナゴヤドーム元年の前年に最下位に終わった中日に守備走塁コーチとして入団。内野手として不本意なシーズンを送った立浪和義、内野手として伸び悩んでいた福留孝介、捕手として伸び悩んでいた関川浩一、投手として伸び悩んでいた井上一樹をセ・リーグを代表する外野手として育て上げた。に退団。二宮至 フレッシュアイペディアより)

  • 籾山幸徳

    籾山幸徳から見た福留孝介福留孝介

    目標とする選手として福留孝介、小笠原道大を挙げている。籾山幸徳 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川事件

    荒川事件から見た福留孝介福留孝介

    現在では移籍を前提とした選手契約は禁止されており、1995年、近鉄バファローズが福留孝介を1位指名した際、入団を渋る福留に「3年後の移籍を条件に」と交渉した近鉄がコミッショナーから注意を受けている(なお福留は近鉄に入団せず、3年後のドラフトで中日に入団した)。荒川事件 フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た福留孝介福留孝介

    新人であった4月13日の広島東洋カープ戦でプロ初登板。初球を前田智徳に豊橋市民球場の右翼スタンドに放り込まれた。4日後の4月17日の阪神タイガース戦でプロ入り初勝利を挙げ、その試合で逆転適時打を打った福留孝介にお立ち台に連れて行ってもらい、岩瀬仁紀からウィニングボールを手渡された。初めてのヒーローインタビューでは照れて顔を真っ赤にしていたが、たどたどしい言葉が場内に響くたびに拍手が巻き起こった。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 米子市民球場

    米子市民球場から見た福留孝介福留孝介

    2006年(平成18年)4月22日には広島東洋カープ対中日ドラゴンズの試合が行われ、1戦目は広島・黒田博樹、中日・ルイス・マルティネスが先発。2戦目が広島・佐々岡真司、中日・山本昌のベテラン同士が先発した。1戦目の12回表の守備で、ブラウン監督は1死満塁となった際、中堅手福井に二遊間を守らせ、事実上内野手を5人として打球に備えさせた。次打者井端は三ゴロで2死となったが、二塁手東出を中堅手として内野を4人に戻した直後、福留への広池の投球を捕手の倉が捕逸し勝ち越し点を奪われ、その後も失点を重ねた広島は、奮闘むなしくこの試合に敗れた。2戦目は雨上がりでややぬかるんだグラウンド・コンディションで行われたが、ミスを連発した中日・タイロン・ウッズが、「ケンタッキーダービーで馬が走るようなグラウンドだった。プロがやるべき場所ではない」と苦言を呈した。試合は広島が佐々岡真司の好投で快勝した。米子市民球場 フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「福留孝介」のニューストピックワード