145件中 61 - 70件表示
  • 奈良原浩

    奈良原浩から見た福留孝介福留孝介

    6月に、金銭トレードにより中日ドラゴンズに移籍。中日では川相昌弘、デニー友利に続く「一芸に秀でたベテラン選手」として期待され、主に後半の代走や二塁・三塁守備固め要員として出場。以後、閉幕まで出場選手登録を外れることなく、随所で活躍し優勝に貢献した。中日移籍後の初打点は、リーグ優勝が決定した10月10日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回表、福留孝介の決勝タイムリー、タイロン・ウッズの満塁ホームランの後に放った適時打であった。同年シーズン限りで現役を引退し、二軍内野守備走塁コーチに就任した。一塁コーチャーを務めたのち、より二軍野手コーチとなった。2011年10月6日付けで退団が発表された。2012年より、最初に所属した埼玉西武ライオンズの一軍守備走塁コーチに就任した。奈良原浩 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た福留孝介福留孝介

    名古屋市交通局 - 2000年に名古屋市営地下鉄名城線大曽根駅 - 砂田橋駅開通時。福留孝介とともに出演し、キャッチコピーは「ドームへは地下鉄で」岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 関川浩一

    関川浩一から見た福留孝介福留孝介

    その後、監督が山田久志に代わり、福留孝介の外野手転向や英智の台頭も有り出番が激減。、と2年連続で出場試合数が100試合を大きく下回るなど、低迷が続いた。しかし、は打棒が復活し、規定打席には届かなかったものの、3割を大きく超える好成績を残した。関川浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た福留孝介福留孝介

    、中日の選手会長を4歳年下の井端弘和より受け継ぐ。井上はファンサービスに熱心に取り組み、「福留孝介デー」などといった企画の実行にこぎつけた(後述)。8月15日の対広島東洋カープ13回戦で、プロ野球史上411人目となる通算1000試合出場を達成した。8月30日の対阪神15回戦(阪神甲子園球場)では劣勢の中、9回表2死から代打で登場し、藤川球児から高めの球を捕らえて値千金となる同点本塁打を放った。その裏に右翼手として守備に就いた時、阪神ファンから野次を浴びたが、それは本人にとって人生で経験のしたことのないほど凄まじいものであったという。試合は結局引き分けに終わったが、中日はマジックを1減らし、勝ちに等しい引き分けとなり、この年のペナントレースを大きく左右する本塁打となった。シーズン全体では規定打席には足りないものの勝負強さを発揮し、2年連続で3割と2桁本塁打を達成するなど、優勝に大きく貢献した。井上一樹 フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た福留孝介福留孝介

    一塁・栗原、二塁・東出、三塁・新井、遊撃・山崎に加え、中堅・福井が二塁上を守る5人内野シフトをとった。打者の井端弘和は三塁ゴロに打ち取ったが、次の福留孝介に対しての場面で捕手・倉のパスボールなどがあり敗戦。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 上田利治

    上田利治から見た福留孝介福留孝介

    ドラフト1位重複の抽選に弱かった。特に阪急・オリックス時代には、単独指名の年と、の伊藤敦規(日本ハム球団との抽選)やの酒井勉(ロッテ球団との抽選)を除いて、に石毛宏典(西武)、は金村義明(近鉄バファローズ)、は野口裕美(西武)、は高野光(ヤクルト)、は清原和博(西武)、は田島俊雄(南海ホークス)、は野茂英雄(近鉄)とことごとく外している。それらの選手の「外れ1位」も活躍したのは野口の外れ1位・山沖之彦ぐらいであった。後年、日本ハム監督時代にもに福留孝介(近鉄・入団拒否)、に松坂大輔(西武)を1位重複で外している。2位重複の抽選でもに、司会者の手違いで順番が先になったにもかかわらず新沼慎二(横浜)を外している。上田利治 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井良

    浅井良から見た福留孝介福留孝介

    も、前年よりも幾分持ち直し、出場試合数も前年とほぼ同じであったものの不調が続き、打率.211に終わった。シーズン終了後、阪神に新加入する福留孝介が背番号8を着用することとなったため、背番号が5に変更された。浅井良 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た福留孝介福留孝介

    社会人野球の東芝時代は、主に1番打者として活躍し、第51回東京スポニチ大会で打率.476を記録して新人王を獲得する。第23回社会人野球日本選手権大会でチームは準決勝で敗退するが、坪井は14打数9安打、打率.634を記録して首位打者賞と大会優秀選手賞(外野手部門)に選ばれている。この年(1996年)の暮れに社会人ベストナインも獲得している。翌1997年の第24回社会人野球日本選手権大会では準決勝で三菱重工神戸に敗れるが、2年連続で大会優秀選手賞(外野手部門)に選ばれている。同年、第19回アジア野球選手権大会に出場する日本代表に選ばれた(坪井以外に選ばれた選手に福留孝介・二岡智宏らがいる)。練習では金属バットを使用せず木製バットを使用していた。坪井は「金属バットはどこに当たっても打球がポンポン飛ぶ。それじゃ、今まで培ってきた技術が失われてしまうから試合以外では使わないようにした」と語っている。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 久慈照嘉

    久慈照嘉から見た福留孝介福留孝介

    1997年オフ、脱税事件で出場停止となった鳥越裕介の穴埋めとして1998年に関川浩一とともに、大豊泰昭・矢野輝弘との交換で中日にトレードで移籍。遊撃手として李鍾範が入団したため二塁手に転向。しかし李が死球により戦列を離れたため、シーズン後半からは遊撃手を務めた。1999年には福留孝介にレギュラーの座こそ譲ったものの、当時守備に不安があった福留に代わり試合の後半に出場する事も多かった。その後井端弘和ら若手の台頭により出場機会が減少し、2002年シーズン後、コーチ就任の打診を受けるも、自由契約で退団した。久慈照嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た福留孝介福留孝介

    前年に阪神よりトレードされた関川浩一が開花し、韓国人選手の李鍾範とともにリードオフマンとして抜群の働きをするなど、1998年の補強の成果が明瞭にあらわれた。4番ゴメス・5番立浪・6番山崎の強打者に加え、7番井上が開幕21試合連続安打を達成するなど好調。さらにドラフトで福留孝介が入団して2番打者として定着を果たす。しかし日本シリーズでは主砲山崎が同年9月30日(リーグ優勝を決めた日)に負傷離脱、関川の不調、福留の三塁での守備ミス等が重なり不本意な結果に終わる。シーズンMVPはエース野口茂樹。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示

「福留孝介」のニューストピックワード