220件中 61 - 70件表示
  • ボーイズリーグ

    ボーイズリーグから見た福留孝介福留孝介

    福留孝介:PL学園高 - 日本生命 - 中日ドラゴンズ - シカゴ・カブス - 阪神タイガースボーイズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見た福留孝介福留孝介

    しかし、7回の表、先頭打者の4番松中信彦がライト線への二塁打を放ち、試合は大きく動いた。ここで韓国は金炳賢をマウンドに送り、後続の多村仁を凡退させた。日本は、これまで完全に抑えこまれていたためにスタメン落ちしていた福留孝介を代打として送り出した。福留は期待に応えてライトスタンドへ2点本塁打。金炳賢はこれに動揺したか次打者の小笠原道大に死球、審判により警告を受け、さらに暴投で1死2塁となったところで里崎智也にエンタイトルツーベースを打たれ、3点目を献上。その後、川崎宗則のセカンドゴロが進塁打となったものの二死。しかし、ここから日本は宮本慎也、西岡剛、イチローが三連打。打者一巡で5点を挙げた。8回の表にも多村のソロ本塁打で追加点を挙げ、日本は上原が7回を無失点、8回は薮田安彦、9回には守護神大塚晶則を投入し完封リレー。6-0と完勝で決勝へと駒を進めた。一方の韓国は日本に1次、2次の両ラウンドでは勝利していたが、まさかの敗戦を喫した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た福留孝介福留孝介

    ''には、2015年まで自身と共に救援陣の一角を担ってきた福原忍の引退(二軍育成コーチへの転身)によって、チームの現役最年長投手(野手を含めれば福留孝介と並ぶ最年長選手)としてシーズンに臨んだ。しかし、前年は二軍生活に終始していた桑原謙太朗がオープン戦から救援で好投を続けた影響などから、公式戦を二軍でスタート。二軍では、ウエスタン・リーグの公式戦で7月下旬までに23試合の登板(通算投球回数22イニング)で防御率0.41を記録するなど、セットアッパーとして好投を続けていた。それでも、若手投手を重用するチーム事情との兼ね合いで、一軍昇格の機会がなかった。さらに、体力の衰えを感じたことから、8月頃からこのシーズン限りでの現役引退を模索。9月12日に引退の意思を球団へ伝えると、14日には、球団を通じて引退を発表した。翌15日に臨んだ引退会見では、「毎日身体の心配をしなくても良いので、引退を決めたことで肩の荷が下りた」「小さい頃から憧れていた甲子園で一軍初勝利を挙げられたばかりか、仕事場になったのは夢のようで、(ファンの)声援が力になった」と涙ぐみながら語った。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • オクタゴン・ワールドワイド

    オクタゴン・ワールドワイドから見た福留孝介福留孝介

    2007年 - 福留孝介 シカゴ・カブスと4800万ドルの4年契約オクタゴン・ワールドワイド フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た福留孝介福留孝介

    審査員の候補に上原浩治、松坂大輔、福留孝介も挙がっていたという。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た福留孝介福留孝介

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た福留孝介福留孝介

    しかし、この年のドラフトで指名されなかったため、大学卒業後は社会人野球の強豪である東芝へ就職(東芝での背番号は24)。東芝では主に1番打者として活躍し、第51回東京スポニチ大会で打率.476を記録して新人王を獲得。第23回社会人野球日本選手権大会でチームは準決勝で敗退するが、坪井は14打数9安打、打率.634を記録して首位打者賞と大会優秀選手賞(外野手部門)に選出された。この年(1996年)の暮れに社会人ベストナインも獲得している。翌1997年の第24回社会人野球日本選手権大会では準決勝で三菱重工神戸に敗れるが、2年連続で大会優秀選手賞(外野手部門)に選出される。同年、第19回アジア野球選手権大会に出場する日本代表に選ばれた(坪井以外に選ばれた選手に福留孝介・二岡智宏らがいる)。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 大原慎司

    大原慎司から見た福留孝介福留孝介

    には、8月1日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)延長10回裏に一軍公式戦シーズン39試合目の登板を果たしたが、1死1・3塁から福留孝介にサヨナラ安打を浴びたことによって敗戦投手になった。大原は2011年7月16日の同カードで黒星を喫して以来、一軍公式戦への登板169試合で無敗を続けていたが、この敗戦によって連続無敗試合数がNPB歴代3位タイ記録で終わった。9月には左肩痛で戦線を離脱。手術を受けずに保存療法で回復を待つ道を選んだが、一軍公式戦への登板数は44試合、防御率は4点台にとどまった。大原慎司 フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・ゴメス

    マウロ・ゴメスから見た福留孝介福留孝介

    1月28日、同じくドミニカ出身で新たに阪神に入団したマルコス・マテオとラファエル・ドリスと共に日本に到着。入団後初めて春季キャンプに初日から参加した。シーズンでは金本知憲新監督の4番に福留孝介を据える構想により開幕から5番打者を担う。序盤こそ例年にないペースで本塁打・打点を稼ぐが、徐々に調子を崩し、1か月以上本塁打が出ないなど苦しい時期も長く続いた。球宴明けである7月18日の巨人戦以後は、6番での起用が増加して、原口文仁などに一塁手のスタメンを明け渡す試合も少なからずあった。最終的に139試合(うちスタメン131試合)に出場したが、「打率.255、22本塁打、79打点」に終わり、特に130三振はリーグワースト1位であった。オフの11月15日に来季契約を結ばないことが球団から発表された。12月2日、自由契約公示された。マウロ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • 三木肇

    三木肇から見た福留孝介福留孝介

    上宮高校時代は高校通算23本塁打を記録した強打者として知られ、1995年のドラフト会議で福留孝介(近鉄が指名権獲得)・澤井良輔(ロッテが指名権獲得)と、くじに敗れたヤクルトが1位指名(外れの外れ1位)をして入団。三木肇 フレッシュアイペディアより)

220件中 61 - 70件表示

「福留孝介」のニューストピックワード