220件中 71 - 80件表示
  • フェルナンド・エイバッド

    フェルナンド・エイバッドから見た福留孝介福留孝介

    同年メジャーへ昇格し、7月28日のシカゴ・カブス戦でメジャー初登板を果たした。8対1とリードした9回表にマウンドに登り、先頭打者の福留孝介に死球を与えるなど、1アウト一・二塁のピンチを招いたが、最後は1回無失点に抑えて試合を締めくくった。その後、一時期AAA級ラウンドロック・エクスプレスに降格したが、8月20日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャー復帰した。この試合では0対7とリードされた8回裏に登板し、5番打者のジャンカルロ・スタントンから初奪三振を記録したが、続くコディ・ロスとヘクター・ルナに連続本塁打を浴び、初被本塁打と発失点も記録した。続く8月24日のフィラデルフィア・フィリーズ戦からは8試合連続で無失点、9月以降はチームが戦った30試合中17試合に登板して6ホールドを記録した。シーズントータルでは、22試合の登板で防御率2.84・WHIP1.00という成績だった。ちなみに、同年のマイナーでの成績は、コーパスクリスティとラウンドロックで計19試合に登板し、防御率2.35・4勝3敗・WHIP1.33だった。フェルナンド・エイバッド フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の野球

    2001年の野球から見た福留孝介福留孝介

    6月26日 - 札幌ドームでの初のプロ野球公式戦、巨人対中日戦が行われ、初回先頭打者の中日の福留孝介がダレル・メイの初球を同球場第1号となる本塁打。試合は6対5で巨人が勝利。2001年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    阪神タイガースの福留孝介が対広島戦(阪神甲子園球場)でブライアン・バリントンからNPB通算200本塁打2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 炭火焼肉たむら

    炭火焼肉たむらから見た福留孝介福留孝介

    かねてからたむらとの交流がある西岡剛や福留孝介が阪神タイガースに入団した2013年には、「スポーツニッポン」大阪本社発行版の紙面で読者からの応募・抽選による「炭火焼肉たむら」食事券プレゼントを実施。前日開催のタイガース公式戦で西岡が猛打賞を記録するか、福留が満塁ホームランを放つことをプレゼントの条件に定めている。炭火焼肉たむら フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た福留孝介福留孝介

    には、外野のレギュラーがマット・マートン、大和、新加入福留孝介にほぼ固定されたことなどから、3シーズン振りに開幕を二軍で迎えた。福留が故障で戦線を離脱した後の5月17日に出場選手登録を果たすと、大学時代を過ごした千葉県のQVCマリンフィールドで開かれた同月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初本塁打。地元・福岡県の福岡 ヤフオク!ドームで開かれた6月3日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、観戦した家族の前でチームの勝利を決める適時打を放つとともに、初めて単独でヒーローインタビューを受けた。しかし、同月16日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)で二塁への盗塁を成功させた際に左足を負傷。その後の診断で左足首の捻挫が判明したため、翌17日に出場選手登録を抹消された。9月11日に福留とともに再び一軍へ昇格すると、当日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)に「7番・右翼手」としてスタメンに起用。7回裏の第3打席では、先制の二塁打によって復帰後初安打を記録した。なお、プライベートでは、6月22日に第1子(女児)を授かっている。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た福留孝介福留孝介

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左膝故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • 契約更改

    契約更改から見た福留孝介福留孝介

    「誠意は言葉ではなく金額」(福留孝介。中日在籍時の2007年のオフの契約更改にて、提示額に不満を抱いて保留した際の言葉。)契約更改 フレッシュアイペディアより)

  • 久慈照嘉

    久慈照嘉から見た福留孝介福留孝介

    1997年オフ、脱税事件で出場停止となった鳥越裕介の穴埋めとして1998年に関川浩一とともに、大豊泰昭・矢野輝弘との交換トレードで中日へ移籍。背番号は6。6は高校時代と社会人時代に慣れ親しんでいた背番号でもあった。遊撃手として新外国人の李鍾範が入団したため二塁手に転向。しかし李が死球により戦列を離れたため、シーズン後半からは遊撃手を務めた。1999年には福留孝介にレギュラーの座こそ譲ったものの、当時守備に不安があった福留に代わり試合の後半に出場することも多かった。久慈照嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た福留孝介福留孝介

    西武は3回2死3塁から佐藤のセカンド内野安打(ドミンゴのグラブに当たり打球が変化)で先制得点を挙げ、フェルナンデスが中前適時打を放ち2点目。フェルナンデスが1.2塁間に挟まれるも井端の送球がフェルナンデスに当たり、この間に赤田が生還して3点目。ドミンゴから代わった山井からもカブレラが2ラン本塁打を放ち5対0とする。西武は6.7回にフェルナンデスの適時打、平尾博嗣の右翼への本塁打で7-0とし、8回には前日先発の松坂が連投で登板し無失点に抑えた。中日は9回に豊田から2点を取るが最後は渡邉博幸が一飛で西武が7-2で勝利し、西武は1992年以来12年ぶりの日本一を達成した。一方中日はケガの福留孝介を欠いた打線で先に日本一に王手をかけたものの、山本昌の乱調や西武の石井貴の前に得点を奪えないなど第6戦と第7戦で打線が機能しなかったことが響いて50年ぶりの日本一を逃した。2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た福留孝介福留孝介

    実況:高田寛之、解説:山田久志・衣笠祥雄、ゲスト解説:福留孝介(前クリーブランド・インディアンス)リポーター:角上清司(中日サイド)・田中友英(RKB、ソフトバンクサイド、監督・ヒーローインタビュー兼務)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

220件中 71 - 80件表示

「福留孝介」のニューストピックワード