220件中 81 - 90件表示
  • 2004年アテネオリンピック

    2004年アテネオリンピックから見た福留孝介福留孝介

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)2004年アテネオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 種田仁

    種田仁から見た福留孝介福留孝介

    はさらに少ない8試合の出場に終わった。その年のオフにプロ野球脱税事件に関与。脱税額が少なかったため起訴猶予処分となり、翌は前年の脱税事件の影響で開幕から3週間の出場停止処分を受けた。この年、背番号も翌年入団する福留孝介に1を用意するため49に変更。阪神から移籍してきた久慈照嘉の活躍もあり、打率は.280であったものの43試合の出場に終わった。種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た福留孝介福留孝介

    、中日の選手会長を4歳年下の井端弘和より受け継ぐ。井上はファンサービスに熱心に取り組み、「福留孝介デー」などといった企画の実行にこぎつけた(後述)。8月15日の対広島東洋カープ13回戦で、プロ野球史上411人目となる通算1000試合出場を達成した。8月30日の対阪神15回戦(阪神甲子園球場)では劣勢の中、9回表二死から代打で登場し、藤川球児から高めの球を捕らえて値千金となる同点本塁打を放った。試合は結局引き分けに終わったが、中日はマジックを1減らし、勝ちに等しい引き分けとなり、この年のペナントレースを大きく左右する本塁打となった。シーズン全体では英智や藤井淳志らとレギュラー争いをし、規定打席には足りないものの勝負強さを発揮し、2年連続で3割と2桁本塁打を達成するなど、優勝に大きく貢献した。井上一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高代延博

    高代延博から見た福留孝介福留孝介

    中日へ移籍。ノックを浴びせていた福留孝介、立浪和義のあまりの守備の緩慢さに大激怒し、「お前ら! PLに返すぞ!」と怒鳴り散らした。その後高代延博 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た福留孝介福留孝介

    初奪三振:同上、1回表に福留孝介から空振り三振木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋薫

    高橋薫から見た福留孝介福留孝介

    卒業後は日本通運に進む。サウスポーから繰り出される140km/h代後半の速球と大きなカーブを武器に活躍。の都市対抗では順調に勝ち進み、決勝で日本生命を相手に先発として起用される。日本生命のエース杉浦正則との投げ合いになるが、初回に福留孝介に先制二塁打を浴びるなど打ち込まれ敗戦、準優勝にとどまった。その後は左ひじに不安があったが、シドニー五輪の予選を兼ねたの第20回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。決勝リーグ最終戦の対韓国戦では先発の小池秀郎をリリーフして登板するが、1回を投げて3失点で敗戦投手となった。高橋薫 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た福留孝介福留孝介

    阪神タイガースの福留孝介が史上6人目の日米通算2000本安打を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 規定打席

    規定打席から見た福留孝介福留孝介

    この例外規定については首位打者は1967年、最高長打率は1984年、最高出塁率は2008年から適用されている(ただし、最高長打率はリーグの公式な表彰項目には入っていない)。首位打者についてはメジャーリーグベースボール並びに日本の二軍ではこの例外規定適用での首位打者が実際に誕生しているが、一軍のセ・パ両リーグではまだ例がない。最高長打率については2003年のロベルト・ペタジーニと2011年の阿部慎之助がこの例外規定適用で最高長打率打者と認定されている。最高出塁率については2003年のペタジーニが出塁率.457であり、不足分を加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回る例があったが、この時点では野球規則10.22(a)(当時は10.23(a))の但書には最高出塁率打者に関して記載がなかったため、同年の最高出塁率は福留が獲得した。したがって、例外規定適用で最高出塁率打者と公式に認定された例はまだ出ていない。規定打席 フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校野球選手権大会決勝

    第78回全国高等学校野球選手権大会決勝から見た福留孝介福留孝介

    28年前、延長18回を戦った松山商の元投手で朝日新聞記者としてこの試合を取材中だった井上明も、このバックホームには身震いしたと語った。当時中日ドラゴンズの中軸打者だったアロンゾ・パウエルは、「今まで見た中で最高のプレー」と語っている。ただし、矢野と同じ右翼手である福留孝介はこのバックホームについて暴投に過ぎないと分析している。第78回全国高等学校野球選手権大会決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 天野義明

    天野義明から見た福留孝介福留孝介

    大学卒業後は日本生命に進み、主に外野手として活躍。には都市対抗で準々決勝・準決勝・決勝と3戦連続で本塁打を放ち、三番・福留孝介の後を打つ四番打者としてチームの優勝を支えた。同年、梶山義彦らとともに初の社会人ベストナインに外野手として選出されている。8月には翌年のシドニー五輪の予選を兼ねたアジア選手権の日本代表候補合宿で主将を務めたが、同大会の代表には選ばれなかった。しかし翌は日本生命の主将を務めるとともに、日本選手権で指名打者として表彰選手に選ばれる活躍でチームのベスト4進出を支え、2度目の社会人ベストナインを受賞している。の都市対抗には初めて補強選手として参加し、10年連続出場選手として表彰を受けた。をもって現役を引退している。2016年に結成された地元静岡の社会人野球・山岸ロジスターズの監督に就任。天野義明 フレッシュアイペディアより)

220件中 81 - 90件表示

「福留孝介」のニューストピックワード