194件中 131 - 140件表示
  • 福留孝介

    福留孝介から見た2017年の日本シリーズ

    、球団史上最年長の40歳でチームキャプテンに就任。前年まで5シーズン務めてきた鳥谷の後任で、他球団からの移籍によって阪神へ入団した選手からの起用は球団史上初めてであった。レギュラーシーズン中は、左投手の先発が予告された試合を中心に、首脳陣の方針で「積極的休養」(週に1?2試合ペースでの欠場)をはさみながら一軍公式戦93試合で4番打者に起用。6月6日の対オリックス戦(京セラドーム)からは、守備位置を右翼から左翼へ変更した。福留が本格的に左翼を守るのは、中日時代の2003年以来14年振りであった。レギュラーシーズン全体では、127試合の出場で、チーム2位の18本塁打、前年を上回る79打点、打率.263をマーク。シーズン2号本塁打を記録した4月21日の対巨人戦(東京ドーム)から本塁打を放った試合でチームを12連勝に導いたり、8月に休養明けの5試合で全て本塁打を放ったりするなど、前述した首脳陣の配慮にも応え続けた。レギュラーシーズン終盤の9月には、甲子園球場で3日に催された古巣の中日戦で、NPB一軍公式戦通算350二塁打を達成。29日の対DeNA戦(横浜)では、全4打席の出塁でシーズン初の4打点を挙げたことによって、チームの大勝と2年振りCS進出確定に貢献した。DeNAとのCSファーストステージ(甲子園)では、40歳5ヶ月で迎えた10月14日の第1戦で決勝本塁打を放ったことによって、NPBのポストシーズンにおける決勝本塁打の最年長記録を更新。しかし、日本シリーズへの進出には至らず、12月11日には推定年俸2億2,000万円(前年から1,000万円減)という条件で契約を更改した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たサヨナラゲーム

    は、当時の星野仙一監督が積極的にスタメンに起用し、また福留も2割8分4厘、16本塁打とこれによく応え、新人としては上々の成績を収めリーグ優勝に貢献した。しかし三振数リーグ1位を記録するなど粗さも目立ち、加えて守備には難があった。9月4日の広島市民球場での対広島戦、0-0で迎えた9回裏二死一・二塁の場面には左翼手の守備に就いていたがフライ性の打球を落球。ランナーを返しサヨナラ試合にした。この試合を始め、ペナントレースや日本シリーズでも敗因に繋がるミスが続出。試合終盤は交代させられた。この年のプロ野球珍プレー好プレーにはエラーを連発する彼(及びそれに怒る星野監督及び高代延博内野守備コーチ)の姿が放送された。ちなみに応援歌はに立浪の応援歌として使用されていたものを転用したものであり、の歌詞変更を経て福留が退団した2007年まで使用された。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たMLBオールスターゲーム

    MLBオールスターゲーム選出:1回 (2008年)福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たパシフィック・リーグ

    本人は「希望球団の中日・巨人以外なら社会人」と意思表示していたこともあって断りを入れ(親族や関係者からセ・リーグ向きだとアドバイスを受け、パ・リーグの球団が指名した場合は社会人へ行こうと決めていた事を後年「ベースボールマガジン」誌のインタビューで語った)、日本生命に進む。シーズンオフに外回りの営業もしていたという。日本生命に進んでからは、当時史上最年少でアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル獲得に貢献した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た犠打

    には、右翼手として公式戦開幕3戦目の巨人戦(3月30日・東京ドーム)2回裏の守備で、大竹寛が放った浅い飛球を追って二塁手の西岡剛と激突(記録は右越2点三塁打)。その勢いで宙を舞った西岡は、後頭部からグラウンドに落下したため、大事を取って救急車で病院に搬送された(搬送先の病院での診断は鼻骨の骨折・胸部の打撲・軽度の左肩鎖関節の脱臼)。福留もしばらく昏倒していたが、西岡の搬送後から守備に復帰。4回表の第2打席(失策による出塁)で代走を送られるまで出場を続けた後に、病院での診察で胸部打撲との診断を受けた。4月29日の広島戦(甲子園)でブライアン・バリントンから決勝のソロ本塁打を放ってNPB一軍通算200本塁打を記録したが、以降の公式戦では1ヶ月以上長打が出なかった。また、開幕直後から打率が1割台にとどまったことに加えて、緒方凌介の台頭などの影響で次第に出場機会が減少。6月10日から同月26日までは、阪神への入団後初めて、不調を理由に出場選手登録を抹消されていた。一軍復帰後は、コンパクトなスイングへの改造によって打撃が復調したことから、再び右翼のレギュラーを確保。7月10日の中日戦(ナゴヤドーム)では自身10年振りの犠打を成功させるなど、攻守にわたってチームプレーをたびたび披露している。同月22日の巨人戦(甲子園)では、引き分け寸前の延長12回裏2死無走者で迎えた打席で、スコット・マシソンからライトポール直撃のサヨナラ本塁打を放った。福留はこの本塁打で、NPBの一軍公式戦における延長12回以降のサヨナラ本塁打の通算最多記録(3本)を樹立。巨人戦における延長12回以降のサヨナラ本塁打は、阪神球団史上初の快挙であった。さらに、8月1日の対DeNA戦(甲子園)でも、同点で迎えた延長10回裏1死1・3塁から中前にサヨナラ安打。代打で登場した関本賢太郎が敬遠四球で出塁した直後の打席で、この日が開場90周年の節目に当たる甲子園球場に花を添えた。クライマックスシリーズファーストステージ(対広島、甲子園)では、第1戦で前田健太からソロホームランを放って決勝点を挙げた。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た1995年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    同年のドラフト会議では指名順位1位で7球団が競合する。高校生選手に対する7球団1位指名競合は1985年の清原和博の6球団1位指名競合を上回る歴代1位。当時近鉄バファローズの監督に就任したばかりの佐々木恭介が当たりクジを引き、交渉権を獲得(この際、佐々木は『ヨッシャー』と声をあげて喜んだ)。この時は指名を断り社会人へ進むが、佐々木は後に中日ドラゴンズの打撃コーチ・監督代行となり、時を経て福留を直接指導し、飛躍のきっかけとなった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た週刊少年ジャンプ

    『福留孝介物語』(1996年8月、集英社、週刊少年ジャンプ(読切作品))原作:矢崎良一漫画:太田文彦福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た明治神宮野球場

    300二塁打:2015年8月16日、対東京ヤクルトスワローズ19回戦(明治神宮野球場)、8回表にオーランド・ロマンから左中間適時二塁打 ※史上63人目福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たリグレー・フィールド

    守備では主に右翼手に就き、メジャーの右翼手としての平均を上回る強肩を備える。右翼守備ではフライの読みに優れ、カブス時代の2008年と2009年は外野の守備が難しい球場として知られているリグレー・フィールドを本拠地としながらも2009年までは右翼手でのDRSとUZR共に高い数値を記録したが、2010年以降は振るわず、通算DRS2、通算UZR-2.2を記録した。中堅手としても起用されたが、中堅手では通算DRS-10、通算UZR-9.7と平均を大きく下回る数値を喫した。阪神への移籍後は、守備範囲や送球で守備力の衰えが露呈したため、2017年のセ・パ交流戦期間中から左翼手に転向している。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た2004年の日本シリーズ

    には強打者不在のチーム事情により開幕から4番に座る。またアテネオリンピック野球日本代表の一員として選ばれ、銅メダルを獲得した。オリンピックから帰国しチームに戻るものの、復帰2戦目に阪神の下柳剛による死球で骨折。チームは福留を欠いたままリーグ優勝こそ果たすが、西武との日本シリーズでは3勝4敗と惜敗。不在は大きな痛手となった。4番の重圧もあったとはいえ、同年はシーズン途中離脱まで打率.277と低迷した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

194件中 131 - 140件表示

「福留孝介」のニューストピックワード