135件中 11 - 20件表示
  • 福留孝介

    福留孝介から見たアレックス・オチョア

    アーレックス(名古屋地区のラジオCM、中日の先輩の山本昌投手とともに、2007年からしばらくの間出演していた。なおCMではかつて出演していたアレックス・オチョアのモノマネを聴くことができる。バックの音楽は私設応援団による自らの応援歌)福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たタイロン・ウッズ

    はナゴヤドームでの入場曲にレッド・ホット・チリ・ペッパーズの『アラウンド・ザ・ワールド』を使用した(2006年シーズンはホワイト・ストライプスの『ブルー・オーキッド』を使用していた)。開幕から不動の3番(タイロン・ウッズの欠場時には数試合4番で起用された)として活躍するが、7月中旬から右肘に見つかった遊離軟骨の状態が思わしくなく試合出場を見合わせることが多くなり、ファン選出で初めて選ばれたオールスターゲームはウッズの代走から次の打席に指名打者として打席に立った(結果は遊ゴロ)。その後も様子を見つつ症状の改善を図っていたが、8月に渡米して内視鏡による除去手術を行う事を決意。これにより、シーズン中の復帰は不可能に。続くクライマックスシリーズ、日本シリーズも出場することはできなかった(日本シリーズ出場選手40人枠には入っていた)。2007年は規定不足ながら、200打席以上の選手では、リーグ内でOPSが2位、NOIが1位、GPAが1位、SecAが2位、TAが1位と非常に優秀な成績であった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た上原浩治

    100本塁打:2004年4月14日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)、8回表に上原浩治から右越逆転決勝2ラン ※史上230人目福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たイチロー

    も4月は打率.344、出塁率.443、長打率.525、OPS1.084の好成績を残すも、6月は自己ワーストの月間OPS.485を残すなどその後は失速し、8月2日には打率が.247まで降下したが、それ以降は復調し8月はメジャー3年目で最高となる月間打率.365、出塁率.467、OPS1.118をマークして9月1日には打率が.281まで上昇する。8月10日のAT&Tパークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、ティム・リンスカムからライトスタンドを越える場外ホームランを放ち、日本人初の「スプラッシュ・ヒット」を記録した(ただし、フェンス最後部にある旗に当たってから海に落下したため、障害物に触れた打球は公式には「スプラッシュ・ヒット」として認定されていない)。しかし9月に再び失速し、最終的に打率や長打率、本塁打数などでカブス移籍後自己最高の成績を残し、イチローと松井秀喜に次いで日本人メジャーリーガー史上3人目となるOPS.800以上を記録したが、好不調の波が激しかったことが災いし、3年目で初めて規定打席に到達できなかった。守備では右翼手として起用されたが、±システム-3、DRS-3、UZR-4.4と振るわなかった。オフにはシカゴ市内にマンションを購入した他、グリーンカードを取得し、カブスとの契約終了後もメジャーでのプレーを希望していることを明らかにした。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た岩村明憲

    17 (2006 WBC)※岩村明憲・金城龍彦と背番号が重複したため。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た下柳剛

    には強打者不在のチーム事情により開幕から4番に座る。またアテネオリンピック野球日本代表の一員として選ばれ、銅メダルを獲得した。オリンピックから帰国しチームに戻るものの、復帰2戦目に阪神の下柳剛による死球で骨折。チームは福留を欠いたままリーグ優勝こそ果たすが、西武との日本シリーズでは3勝4敗と惜敗。不在は大きな痛手となった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た藤井秀悟

    藤井秀悟とは高校2年の冬休みに第1回AAAアジア野球選手権大会日本代表選出され渡辺元智監督の期待に応え第1回AAAアジア野球選手権大会優勝に貢献して以来の親友。名門PL学園の4番として、1年秋から4番を打ち、3年夏の地方予選では7本塁打を放った。この年の高校No.1スラッガーとしてスカウト陣の注目を浴びた。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たティム・リンスカム

    も4月は打率.344、出塁率.443、長打率.525、OPS1.084の好成績を残すも、6月は自己ワーストの月間OPS.485を残すなどその後は失速し、8月2日には打率が.247まで降下したが、それ以降は復調し8月はメジャー3年目で最高となる月間打率.365、出塁率.467、OPS1.118をマークして9月1日には打率が.281まで上昇する。8月10日のAT&Tパークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、ティム・リンスカムからライトスタンドを越える場外ホームランを放ち、日本人初の「スプラッシュ・ヒット」を記録した(ただし、フェンス最後部にある旗に当たってから海に落下したため、障害物に触れた打球は公式には「スプラッシュ・ヒット」として認定されていない)。しかし9月に再び失速し、最終的に打率や長打率、本塁打数などでカブス移籍後自己最高の成績を残し、イチローと松井秀喜に次いで日本人メジャーリーガー史上3人目となるOPS.800以上を記録したが、好不調の波が激しかったことが災いし、3年目で初めて規定打席に到達できなかった。守備では右翼手として起用されたが、±システム-3、DRS-3、UZR-4.4と振るわなかった。オフにはシカゴ市内にマンションを購入した他、グリーンカードを取得し、カブスとの契約終了後もメジャーでのプレーを希望していることを明らかにした。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た阪神タイガース

    福留 孝介(ふくどめ こうすけ、1977年4月26日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。愛称は「ドメさん」「ドメ」。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た中日ドラゴンズ

    本人は「希望球団の中日・巨人以外なら社会人」と意思表示していたこともあって断りを入れ(親族や関係者からセ・リーグ向きだとアドバイスを受け、パ・リーグの球団が指名した場合は社会人へ行こうと決めていた事を後年「ベースボールマガジン」誌のインタビューで語った)、日本生命に進む。シーズンオフに外回りの営業もしていたという。日本生命に進んでからは、当時史上最年少でアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル獲得に貢献した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「福留孝介」のニューストピックワード