135件中 51 - 60件表示
  • 福留孝介

    福留孝介から見た故障者リスト

    2月14日にシカゴ・ホワイトソックスと1年100万ドルで契約する(2年目は年俸300万ドルの球団オプション)。主に代打や守備要員として起用されるも、24試合の出場で打率.171、本塁打なし、OPS.489を喫し、6月7日に右わき腹痛でDL入りする。22日にDFAとなり、26日に解雇された。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たシカゴ・ホワイトソックス

    2月14日にシカゴ・ホワイトソックスと1年100万ドルで契約する(2年目は年俸300万ドルの球団オプション)。主に代打や守備要員として起用されるも、24試合の出場で打率.171、本塁打なし、OPS.489を喫し、6月7日に右わき腹痛でDL入りする。22日にDFAとなり、26日に解雇された。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    も4月は打率.344、出塁率.443、長打率.525、OPS1.084の好成績を残すも、6月は自己ワーストの月間OPS.485を残すなどその後は失速し、8月2日には打率が.247まで降下したが、それ以降は復調し8月はメジャー3年目で最高となる月間打率.365、出塁率.467、OPS1.118をマークして9月1日には打率が.281まで上昇する。8月10日のAT&Tパークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、ティム・リンスカムからライトスタンドを越える場外ホームランを放ち、日本人初の「スプラッシュ・ヒット」を記録した(ただし、フェンス最後部にある旗に当たってから海に落下したため、障害物に触れた打球は公式には「スプラッシュ・ヒット」として認定されていない)。しかし9月に再び失速し、最終的に打率や長打率、本塁打数などでカブス移籍後自己最高の成績を残し、イチローと松井秀喜に次いで日本人メジャーリーガー史上3人目となるOPS.800以上を記録したが、好不調の波が激しかったことが災いし、3年目で初めて規定打席に到達できなかった。守備では右翼手として起用されたが、±システム-3、DRS-3、UZR-4.4と振るわなかった。オフにはシカゴ市内にマンションを購入した他、グリーンカードを取得し、カブスとの契約終了後もメジャーでのプレーを希望していることを明らかにした。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た戦力外通告

    2月14日にシカゴ・ホワイトソックスと1年100万ドルで契約する(2年目は年俸300万ドルの球団オプション)。主に代打や守備要員として起用されるも、24試合の出場で打率.171、本塁打なし、OPS.489を喫し、6月7日に右わき腹痛でDL入りする。22日にDFAとなり、26日に解雇された。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た広島市民球場 (初代)

    入団1年目のは、当時の星野仙一監督が積極的にスタメンに起用し、また福留も2割8分4厘、16本塁打とこれによく応え、新人としては上々の成績を収めリーグ優勝に貢献した。しかし三振数リーグ1位を記録するなど粗さも目立ち、加えて守備には難があった。9月4日の広島市民球場での対広島戦、0-0で迎えた9回裏二死一・二塁の場面には左翼手の守備に就いていたがフライ性の打球を落球。ランナーを返しサヨナラ試合にした。この試合を始め、ペナントレースや日本シリーズでも敗因に繋がるミスが続出。試合終盤は交代させられた。この年のプロ野球珍プレー好プレーにはエラーを連発する彼(及びそれに怒る星野監督及び高代延博内野守備コーチ)の姿が放送された。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たニューヨーク・ヤンキース

    7月13日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結ぶ。AAA級スクラントンでは39試合の出場で打率.276、2本塁打、OPS.818を残し、外野手の他22試合で一塁手としても起用されるがメジャー昇格はならず、シーズン最終戦の9月3日に解雇される。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たナゴヤドーム

    初出場・初先発出場:1999年4月2日、対広島東洋カープ1回戦(ナゴヤドーム)、2番・遊撃手として先発出場福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た河出書房新社

    『ひとを見抜く』澤宮優 著、河出書房新社、2010年(ドラフト指名した福留選手の入団交渉に向かったスカウト河西俊雄の評伝)福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た大阪近鉄バファローズ

    同年のドラフト会議では指名順位1位で7球団が競合する。高校生選手に対する7球団1位指名競合は1985年の清原和博の6球団1位指名競合を上回る歴代1位。当時大阪近鉄バファローズの監督に就任したばかりの佐々木恭介が当たりクジを引き、交渉権を獲得(この際、佐々木は『ヨッシャー』と声をあげて喜んだ)。この時は指名を断り社会人へ進むが、佐々木は後に中日ドラゴンズの打撃コーチ・監督代行となり、時を経て福留を直接指導することになる。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たアーレックス

    アーレックス(名古屋地区のラジオCM、中日の先輩の山本昌投手とともに、2007年からしばらくの間出演していた。なおCMではかつて出演していたアレックス・オチョアのモノマネを聴くことができる。バックの音楽は私設応援団による自らの応援歌)福留孝介 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「福留孝介」のニューストピックワード