135件中 61 - 70件表示
  • 福留孝介

    福留孝介から見た遊撃手

    1998年のドラフト会議で中日ドラゴンズを逆指名。ドラフト1位で入団。入団当初のポジションは遊撃手だった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た右翼手

    には、山田久志監督の下、二宮至外野コーチの進言により本格的に外野にコンバートされる。当初もやはり守備に難があったものの、辛抱強く起用され続けると、やがて練習の甲斐もあって右翼手に定着する。すると本来の俊足や強肩が生きるようになり、強肩の指標とも言われるライトゴロも記録。オフには佐々木恭介打撃コーチの下、大幅な打撃改造を行った。更に守備の上達と共に打撃も見違え、3番に定着。松井秀喜(当時巨人)の三冠王を阻む首位打者のタイトルを獲得、一気に素質開花となった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    WBC代表に選出され、スタメン3番として起用されたが、予選リーグでの中国戦の本塁打以外はなかなか結果が出なかった。しかしスタメンから外された準決勝の対韓国戦において、7回に代打で出場し、金炳賢(キム・ビョンヒョン)から先制2点本塁打を放ち、日本の決勝進出に大きく貢献。それまで日本は韓国相手に2敗しており3連敗はできない状況だったためか、この本塁打はマスコミにも大きく取り上げられた。決勝戦でも代打で2点適時打を放つなど、持ち前の勝負強さを発揮した。シーズンに入ってからは開幕は5番で起用されるものの、前を打つ2番藤井淳志、3番井端弘和の不調もあり、3番に昇格する。同年6月14日、インボイスSEIBUドームにおける西武戦で、クリストファー・ギッセルから左中間に二塁打を放ち、通算1000本安打を達成。6月末に太ももを痛め14試合を欠場するものの、復帰後は首位打者争いを独走。同年10月10日、マジックナンバーを1として迎えた対巨人戦で、12回表に決勝点となる勝ち越しタイムリーを放ち優勝を決めると共に、シーズン打率3割5分1厘・長打率6割5分9厘・本塁打30本・100打点・100得点を達成。この内、3割・30本・100打点・100得点は中日の選手としての西沢道夫以来56年ぶりの達成であった。10月は打率.275、OPS.831とやや調子を落としたが、3月から9月まで月間打率3割、同OPS10割を切ることのない安定した打撃をシーズンを通して続け、以来4年ぶりの首位打者と2年連続の最高出塁率を獲得。二塁打もセ・リーグのシーズン記録を塗り替える47本を記録し、11月14日にはセ・リーグのシーズンMVPも受賞した。ポジションも開幕はライト、その後は元々予定されていたセンターへコンバートされたが、シーズン終盤からはライトに固定となった。オフには12月2日の『スーパーサタデー』に出演した際、司会の峰竜太から「メジャーに興味はありますか?」と聞かれ、「興味がないと言ったら嘘になるので、あります。WBCに出場してメジャーへの憧れがより一層強くなった」と答え、この頃からFA権取得以降のメジャー移籍に含みを持たせる発言をしていた。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たセントラル・リーグ

    本人は「希望球団の中日・巨人以外なら社会人」と意思表示していたこともあって断りを入れ(親族や関係者からセ・リーグ向きだとアドバイスを受け、パ・リーグの球団が指名した場合は社会人へ行こうと決めていた事を後年「ベースボールマガジン」誌のインタビューで語った)、日本生命に進む。シーズンオフに外回りの営業もしていたという。日本生命に進んでからは、当時史上最年少でアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル獲得に貢献した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た首位打者

    には、山田久志監督の下、二宮至外野コーチの進言により本格的に外野にコンバートされる。当初もやはり守備に難があったものの、辛抱強く起用され続けると、やがて練習の甲斐もあって右翼手に定着する。すると本来の俊足や強肩が生きるようになり、強肩の指標とも言われるライトゴロも記録。オフには佐々木恭介打撃コーチの下、大幅な打撃改造を行った。更に守備の上達と共に打撃も見違え、3番に定着。松井秀喜(当時巨人)の三冠王を阻む首位打者のタイトルを獲得、一気に素質開花となった。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た2008年のMLBオールスターゲーム

    3月31日の開幕戦では5番・右翼手で先発出場しメジャーデビューを果たした。この試合では複数のカブスファンが福留に対し、カブスファンの常套句である「It's gonna happen」(「何かが起こるぞ」あるいは「ついにその時が来た」)の誤訳と思われる「偶然だぞ」と書かれたサインボードを掲げる珍事が起こった(当時はGoogle翻訳で「It's gonna happen」を訳すと「偶然だぞ」になっていたが、これが話題になったためか、後に修正されている。)。初打席ではベン・シーツから二塁打を放ち、9回無死の場面ではエリック・ガニエから同点3ラン本塁打を放ち、鮮烈な印象を与えるデビューとなった。4月までは打率.327、出塁率.436、長打率.480、OPS.915の成績を残し、多くの地元紙がチーム四球数の増加を受けて「カブス打線を変えた福留」という記事を取り上げる活躍を見せた。その後はオールスターにもファン投票で選出されたが、インコースの速球に弱いと見抜かれると徐々に調子を落とし、以降は打率と出塁率が前月の数字を上回ることがなく、5月以降は打率.241、出塁率.340、長打率.355の成績に終わり、起用法も9月以降は守備要員としての出場が増えていった。チームはディビジョンシリーズに進出し、第1戦と第2戦でスタメン出場も8打数無安打4三振に終わり、監督のルー・ピネラは「もう福留を使う意味がない」と公言。チームもディビジョンシリーズ3連敗でシーズンを終えた。右翼手として守備は±システム1、DRS3、UZR6.0と高い数値を残した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た中堅手

    はWBC代表に選出され、スタメン3番として起用されたが、予選リーグでの中国戦の本塁打以外はなかなか結果が出なかった。しかしスタメンから外された準決勝の対韓国戦において、7回に代打で出場し、金炳賢(キム・ビョンヒョン)から先制2点本塁打を放ち、日本の決勝進出に大きく貢献。それまで日本は韓国相手に2敗しており3連敗はできない状況だったためか、この本塁打はマスコミにも大きく取り上げられた。決勝戦でも代打で2点適時打を放つなど、持ち前の勝負強さを発揮した。シーズンに入ってからは開幕は5番で起用されるものの、前を打つ2番藤井淳志、3番井端弘和の不調もあり、3番に昇格する。同年6月14日、インボイスSEIBUドームにおける西武戦で、クリストファー・ギッセルから左中間に二塁打を放ち、通算1000本安打を達成。6月末に太ももを痛め14試合を欠場するものの、復帰後は首位打者争いを独走。同年10月10日、マジックナンバーを1として迎えた対巨人戦で、12回表に決勝点となる勝ち越しタイムリーを放ち優勝を決めると共に、シーズン打率3割5分1厘・長打率6割5分9厘・本塁打30本・100打点・100得点を達成。この内、3割・30本・100打点・100得点は中日の選手としての西沢道夫以来56年ぶりの達成であった。10月は打率.275、OPS.831とやや調子を落としたが、3月から9月まで月間打率3割、同OPS10割を切ることのない安定した打撃をシーズンを通して続け、以来4年ぶりの首位打者と2年連続の最高出塁率を獲得。二塁打もセ・リーグのシーズン記録を塗り替える47本を記録し、11月14日にはセ・リーグのシーズンMVPも受賞した。ポジションも開幕はライト、その後は元々予定されていたセンターへコンバートされたが、シーズン終盤からはライトに固定となった。オフには12月2日の『スーパーサタデー』に出演した際、司会の峰竜太から「メジャーに興味はありますか?」と聞かれ、「興味がないと言ったら嘘になるので、あります。WBCに出場してメジャーへの憧れがより一層強くなった」と答え、この頃からFA権取得以降のメジャー移籍に含みを持たせる発言をしていた。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た守備防御点

    3月31日の開幕戦では5番・右翼手で先発出場しメジャーデビューを果たした。この試合では複数のカブスファンが福留に対し、カブスファンの常套句である「It's gonna happen」(「何かが起こるぞ」あるいは「ついにその時が来た」)の誤訳と思われる「偶然だぞ」と書かれたサインボードを掲げる珍事が起こった(当時はGoogle翻訳で「It's gonna happen」を訳すと「偶然だぞ」になっていたが、これが話題になったためか、後に修正されている。)。初打席ではベン・シーツから二塁打を放ち、9回無死の場面ではエリック・ガニエから同点3ラン本塁打を放ち、鮮烈な印象を与えるデビューとなった。4月までは打率.327、出塁率.436、長打率.480、OPS.915の成績を残し、多くの地元紙がチーム四球数の増加を受けて「カブス打線を変えた福留」という記事を取り上げる活躍を見せた。その後はオールスターにもファン投票で選出されたが、インコースの速球に弱いと見抜かれると徐々に調子を落とし、以降は打率と出塁率が前月の数字を上回ることがなく、5月以降は打率.241、出塁率.340、長打率.355の成績に終わり、起用法も9月以降は守備要員としての出場が増えていった。チームはディビジョンシリーズに進出し、第1戦と第2戦でスタメン出場も8打数無安打4三振に終わり、監督のルー・ピネラは「もう福留を使う意味がない」と公言。チームもディビジョンシリーズ3連敗でシーズンを終えた。右翼手として守備は±システム1、DRS3、UZR6.0と高い数値を残した。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見た西武ドーム

    はWBC代表に選出され、スタメン3番として起用されたが、予選リーグでの中国戦の本塁打以外はなかなか結果が出なかった。しかしスタメンから外された準決勝の対韓国戦において、7回に代打で出場し、金炳賢(キム・ビョンヒョン)から先制2点本塁打を放ち、日本の決勝進出に大きく貢献。それまで日本は韓国相手に2敗しており3連敗はできない状況だったためか、この本塁打はマスコミにも大きく取り上げられた。決勝戦でも代打で2点適時打を放つなど、持ち前の勝負強さを発揮した。シーズンに入ってからは開幕は5番で起用されるものの、前を打つ2番藤井淳志、3番井端弘和の不調もあり、3番に昇格する。同年6月14日、インボイスSEIBUドームにおける西武戦で、クリストファー・ギッセルから左中間に二塁打を放ち、通算1000本安打を達成。6月末に太ももを痛め14試合を欠場するものの、復帰後は首位打者争いを独走。同年10月10日、マジックナンバーを1として迎えた対巨人戦で、12回表に決勝点となる勝ち越しタイムリーを放ち優勝を決めると共に、シーズン打率3割5分1厘・長打率6割5分9厘・本塁打30本・100打点・100得点を達成。この内、3割・30本・100打点・100得点は中日の選手としての西沢道夫以来56年ぶりの達成であった。10月は打率.275、OPS.831とやや調子を落としたが、3月から9月まで月間打率3割、同OPS10割を切ることのない安定した打撃をシーズンを通して続け、以来4年ぶりの首位打者と2年連続の最高出塁率を獲得。二塁打もセ・リーグのシーズン記録を塗り替える47本を記録し、11月14日にはセ・リーグのシーズンMVPも受賞した。ポジションも開幕はライト、その後は元々予定されていたセンターへコンバートされたが、シーズン終盤からはライトに固定となった。オフには12月2日の『スーパーサタデー』に出演した際、司会の峰竜太から「メジャーに興味はありますか?」と聞かれ、「興味がないと言ったら嘘になるので、あります。WBCに出場してメジャーへの憧れがより一層強くなった」と答え、この頃からFA権取得以降のメジャー移籍に含みを持たせる発言をしていた。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 福留孝介

    福留孝介から見たソフトボール

    小学校3年からソフトボールを始め、6年には全国大会に出場。中学時代はボーイズリーグの「鹿屋ビッグベアーズ」に所属し、全国制覇。当時PL学園の立浪和義に憧れており、中日のキャンプを見学した際に入団したばかりの立浪(入団は1988年)からバットやサインをもらったこともある。その11年後にチームメイトとして再会する。福留孝介 フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示

「福留孝介」のニューストピックワード