43件中 31 - 40件表示
  • 福祉

    福祉から見た国際連合

    国連は、1981年を国際障害者年とすることを決議した(1980年1月30日)。テーマは「完全参加と平等」とされた。障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援するもの」への大転換を目指すものであった。1983年から1992年を国連障害者の10年とし、その行動計画を充実させ、さらにアジア・太平洋各国は1993年から2002年までをアジア太平洋地域障害者の10年としてその定着を進めた。この中で、福祉の理念の一つとしてノーマライゼーションという言葉が強調され始めた。その後、インクルージョン(包摂)という言葉が新しい理念として強調され始める。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た介助

    社会福祉 (social-welfare) とは、狭義には基本的人権(特に生存権)の保障の観点から生活困窮者の生活保障や心身に障害等があり支援や介助を必要とする人への援助を行う公的サービスをいう。また広義には全国民を対象に一般的な生活問題の解決を目指す取り組みをまとめて社会福祉という。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た大陸ヨーロッパ

    大陸ヨーロッパ諸国(コンチネンタル)では、市民社会の一員であるとされる。福祉の供給の大部分を担っているのは「家族」である。家族や親族・近隣の相互扶助で機能を果たせなくなった部分を、制度や機構として政府などが担う。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た国際障害者年

    国連は、1981年を国際障害者年とすることを決議した(1980年1月30日)。テーマは「完全参加と平等」とされた。障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援するもの」への大転換を目指すものであった。1983年から1992年を国連障害者の10年とし、その行動計画を充実させ、さらにアジア・太平洋各国は1993年から2002年までをアジア太平洋地域障害者の10年としてその定着を進めた。この中で、福祉の理念の一つとしてノーマライゼーションという言葉が強調され始めた。その後、インクルージョン(包摂)という言葉が新しい理念として強調され始める。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た児童福祉

    児童手当と融資、育児支援、育児休業支援、片親支援福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た社会福祉法人

    社会福祉の供給主体は「家族」「政府」「市場」があり、3つに大きく分けることができる。政府以外の担い手として、コミュニティ、企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合、労組、社会福祉法人、医療法人、宗教団体、NPO、その他の公益法人、ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た傷病手当金

    ケア、障碍者援助、労災傷病援助、傷病手当金福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た恩給

    国民の生存権の保障(生活の安定や健康の確保など)を目的とする制度を社会保障制度 (social security system)という。社会保障は欧米では所得保障という意味で用いられることが多い。一方、日本では社会保障は社会福祉サービス等も含む概念として用いられている。日本では公的扶助、社会福祉、社会保険、公衆衛生及び医療、老人保健を総称して狭義の社会保障とする。さらに狭義の社会保障に恩給及び戦争犠牲者援護を含めて広義の社会保障とする。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た日本の福祉

    日本では、自由主義・保守主義の両方を混合して構成されている。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た障害

    国連は、1981年を国際障害者年とすることを決議した(1980年1月30日)。テーマは「完全参加と平等」とされた。障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援するもの」への大転換を目指すものであった。1983年から1992年を国連障害者の10年とし、その行動計画を充実させ、さらにアジア・太平洋各国は1993年から2002年までをアジア太平洋地域障害者の10年としてその定着を進めた。この中で、福祉の理念の一つとしてノーマライゼーションという言葉が強調され始めた。その後、インクルージョン(包摂)という言葉が新しい理念として強調され始める。福祉 フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「福祉」のニューストピックワード