117件中 41 - 50件表示
  • 福祉

    福祉から見た日本国憲法第25条

    社会保障(しゃかいほしょう、social security)とは、本来は個人的リスクである、老齢・病気・失業・障害などの生活上の問題について、貧困の予防や生活の安定などのため社会的に所得移転を行い、所得や医療を保障、社会サービスを給付すること、またはその制度を指す。体系としては日本国憲法第25条に記された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(生存権)」等が根拠である。日本の社会保障制度は社会保障制度審議会(現:経済財政諮問会議・社会保障審議会)の分類によれば、社会保険・公的扶助・社会福祉・公衆衛生及び医療・老人保健の5本の柱から成っているとされ、広義ではこれらに恩給と戦争犠牲者援護を加えている。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た公衆衛生

    いわゆる福祉国家政策を展開した国を中心に「社会福祉」については、社会保障と公衆衛生の政策を含んで理解や定義されることが多い。国によっては教育も含む場合がある。日本においても「広義の社会福祉」とした場合、社会保障と公衆衛生の政策を含み、それを「公共の福祉」と説明する場合がある。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た行政機関

    日本では超高齢化を反映し高齢者福祉施設は施設数が多いため、求人数も多いが、児童・障害施設は保育所を除くと施設数が少ないため求人数は少ない。特に高齢者福祉分野は民間企業が参入しやすいため、介護職や看護職の労働者派遣業が確立されたが、児童・障害分野は行政機関か社会福祉法人主体のものが多い。また、児童養護施設や児童相談所などでは配置人員の不足が指摘されている。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た知的障害者福祉法

    その後1960年代に現在の知的障害者福祉法、老人福祉法、現在の母子及び寡婦福祉法が制定された。これらを併せて「福祉六法」と呼ぶ。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た生活保護法

    狭義には、障害者や一人親家庭(父子家庭、母子家庭)など社会的ハンディキャップがあると考えられる国民に対して公的な支援を行う制度を指し、児童福祉法、身体障害者福祉法などで規定される社会保障の一分野である。一方、生活保護法などで規定される所得保障制度などは公的扶助と呼ぶ。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た介護支援専門員

    社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士などの国家資格があるが、これらは一部を除き業務独占ではなく名称独占のため、職務の棲み分けが明確でなく、施設によっては国家資格を職名として使用しないところもある。また、介護保険法制定以降、高齢者福祉では介護支援専門員や介護福祉士、2級以上のホームヘルパーのニーズが高まっているが、労働上条件が非常に劣悪(いわゆる3K職場の代表格でもある)であり、介護人材の離職率が極めて高く、低賃金で雇えると考えられた発展途上国の外国人労働者の受け入れが始まった(しかし、実際に経済連携協定(EPA)に基づく人材受け入れを開始してみると、外国人への日本語教育の負担が重いことが敬遠され、福祉分野での外国人の雇用は減少しており、就業した外国人も日本語の壁や重労働に耐えられず帰国してしまう者が後を絶たない)。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た公的扶助

    狭義には、障害者や一人親家庭(父子家庭、母子家庭)など社会的ハンディキャップがあると考えられる国民に対して公的な支援を行う制度を指し、児童福祉法、身体障害者福祉法などで規定される社会保障の一分野である。一方、生活保護法などで規定される所得保障制度などは公的扶助と呼ぶ。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た保育士

    社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士などの国家資格があるが、これらは一部を除き業務独占ではなく名称独占のため、職務の棲み分けが明確でなく、施設によっては国家資格を職名として使用しないところもある。また、介護保険法制定以降、高齢者福祉では介護支援専門員や介護福祉士、2級以上のホームヘルパーのニーズが高まっているが、労働上条件が非常に劣悪(いわゆる3K職場の代表格でもある)であり、介護人材の離職率が極めて高く、低賃金で雇えると考えられた発展途上国の外国人労働者の受け入れが始まった(しかし、実際に経済連携協定(EPA)に基づく人材受け入れを開始してみると、外国人への日本語教育の負担が重いことが敬遠され、福祉分野での外国人の雇用は減少しており、就業した外国人も日本語の壁や重労働に耐えられず帰国してしまう者が後を絶たない)。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た精神保健福祉士

    社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士などの国家資格があるが、これらは一部を除き業務独占ではなく名称独占のため、職務の棲み分けが明確でなく、施設によっては国家資格を職名として使用しないところもある。また、介護保険法制定以降、高齢者福祉では介護支援専門員や介護福祉士、2級以上のホームヘルパーのニーズが高まっているが、労働上条件が非常に劣悪(いわゆる3K職場の代表格でもある)であり、介護人材の離職率が極めて高く、低賃金で雇えると考えられた発展途上国の外国人労働者の受け入れが始まった(しかし、実際に経済連携協定(EPA)に基づく人材受け入れを開始してみると、外国人への日本語教育の負担が重いことが敬遠され、福祉分野での外国人の雇用は減少しており、就業した外国人も日本語の壁や重労働に耐えられず帰国してしまう者が後を絶たない)。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た社会福祉法人

    日本では超高齢化を反映し高齢者福祉施設は施設数が多いため、求人数も多いが、児童・障害施設は保育所を除くと施設数が少ないため求人数は少ない。特に高齢者福祉分野は民間企業が参入しやすいため、介護職や看護職の労働者派遣業が確立されたが、児童・障害分野は行政機関か社会福祉法人主体のものが多い。また、児童養護施設や児童相談所などでは配置人員の不足が指摘されている。福祉 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「福祉」のニューストピックワード