117件中 61 - 70件表示
  • 福祉

    福祉から見た業務独占

    社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士などの国家資格があるが、これらは一部を除き業務独占ではなく名称独占のため、職務の棲み分けが明確でなく、施設によっては国家資格を職名として使用しないところもある。また、介護保険法制定以降、高齢者福祉では介護支援専門員や介護福祉士、2級以上のホームヘルパーのニーズが高まっているが、労働上条件が非常に劣悪(いわゆる3K職場の代表格でもある)であり、介護人材の離職率が極めて高く、低賃金で雇えると考えられた発展途上国の外国人労働者の受け入れが始まった(しかし、実際に経済連携協定(EPA)に基づく人材受け入れを開始してみると、外国人への日本語教育の負担が重いことが敬遠され、福祉分野での外国人の雇用は減少しており、就業した外国人も日本語の壁や重労働に耐えられず帰国してしまう者が後を絶たない)。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た市民社会

    大陸ヨーロッパ諸国では、4番目のカテゴリーとして市民社会の一員であるとされる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た小さな政府

    社会福祉分野においては、政策を行うにあたっての財源の確保が大きな課題である。「小さな政府」を指向する先進諸国では、税収が増えないなかでの人口の高齢化による義務的経費の増加により、今まで必要なサービスを受けられていた人間が、逆に十分なサービスを選択したり受けられなくなるという「対象の空洞化」「逆選択」の問題が深刻化している。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た保健

    本格的な少子高齢社会を背景に1997年に児童福祉法が改正、2000年には、高齢者向けの保健・福祉サービスを統合した介護保険法が施行され、児童福祉や高齢者福祉サービスを皮切りに社会福祉政策はこれまでの措置制度から契約中心の制度へと大きく転換し、2006年には障害者自立支援法が施行されることとなったが、一連の改革を「社会福祉基礎構造改革」と呼んでいる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た生活協同組合

    政府以外の担い手として、コミュニティ、企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合、労組、社会福祉法人、医療法人、宗教団体、NPO、その他の公益法人、ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た福祉用具専門相談員

    福祉用具専門相談員(福祉用具の販売、貸与を斡旋する人)※無試験福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見たNPO

    政府以外の担い手として、コミュニティ、企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合、労組、社会福祉法人、医療法人、宗教団体、NPO、その他の公益法人、ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見た老人介護支援センター

    その他、老人福祉法による「在宅介護支援センター(老人介護支援センター)」、介護保険法による「地域包括支援センター」などがある(こちらは多くが民間福祉事業者へ委託)。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見たコミュニティ

    政府以外の担い手として、コミュニティ、企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合、労組、社会福祉法人、医療法人、宗教団体、NPO、その他の公益法人、ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。福祉 フレッシュアイペディアより)

  • 福祉

    福祉から見たアルバイト

    雇用面では、常勤雇用が少なく、パート、アルバイトが多いことが挙げられる。これは、労働集約型であり補助金や介護報酬などに依存しているという特性上、人件費抑制やサービスを向上すべく最低基準以上の人員を雇うために非常勤の比率を高めざるを得ないからである。また、女性が多い職場のため出産、育児休業などによる代替雇用が多く、正規雇用に繋がらない場合がある。福祉 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「福祉」のニューストピックワード