秋山準 ニュース&Wiki etc.

秋山 準(あきやま じゅん、男性、1969年10月9日 - )は、日本のプロレスラー、実業家。本名は秋山 潤。大阪府和泉市出身。また、本名の秋山潤名義として、有限会社アキヤマ・インターナショナル・コミュニケーション代表取締役社長でもある。 (出典:Wikipedia)

「秋山準」Q&A

  • Q&A

    こんばんは。 サムライの、「速報❗ バトル☆メン」見てて思ったのですが、下のメンバー…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月30日 22:43

  • Q&A

    ▼ こんばんは、全日本プロレスです。 アジアタッグ防衛回数12回の、秋山準·大森隆…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月11日 03:46

  • Q&A

    永田裕志と秋山準はどっちが 上 でしたか?

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月24日 18:09

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「秋山準」のつながり調べ

  • S・A・T (プロレス)

    S・A・T (プロレス)から見た秋山準

    当初はユニット名は正式名称が定められていないために、長期間にわたり便宜的に中心選手の名を取り「秋山軍」と各種メディアで使用され、それが定着していた。他にも秋山準と齋藤彰俊を中心に結成された為、秋山・齋藤軍(あきやま・さいとうぐん)などとも仮称されていた。その後、2012年5月9日に正式なチーム名「S・A・T」が発表された。(S・A・T (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリングZERO-ONE

    プロレスリングZERO-ONEから見た秋山準

    2001年3月2日に行われた旗揚げ戦では、「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」との理念を掲げた。メインイベントは、それまでのプロレス界の常識を超えるすさまじいものとなった。橋本が新日から永田裕志とタッグを組み、ノアの三沢光晴・秋山準組と対決。この初顔合わせはプロレスファンの注目はもちろん、ゲスト解説を務めた武藤ら現役の多団体のレスラー達の注目までも集めた。試合は19分10秒で三沢が片エビ固めで橋本からフォールを奪うが、ゴングが鳴った後も橋本は秋山を攻め続けたためノア勢とZERO-ONE勢の乱闘に発展。そこに観戦に訪れていた、当時橋本と遺恨を持った小川直也が登場し、橋本に「だらしねぇ試合してんじゃねぇぞ!」と絶叫。さらに三沢にも「三沢! 受けてもらおうじゃねぇか! 勝負を!」と怒鳴ったため三沢が激怒し小川に殴りかかった。さらに橋本陣営に付いていた藤田和之までもがリング上で「誰が一番強いか決めりゃいいんだ!」と絶叫し、複雑な対立構図が完成し、ファンを大いに驚かせた。しかしそんな雰囲気に対し、三沢は「テメェらの思うとおりにはさせねぇよ!」と話したため、ファンからブーイングを浴びる。その後橋本が「三沢! 思うとおりにするからな、憶えておけ!」とまとめた。結局ZERO-ONEとノア、小川、藤田との対立構図はこの一夜のみの出来事であったが、その後ノア勢が新日に参戦するなど、この試合を契機に団体間の垣根は急速に低くなり、プロレス界の交流が活発になった。(プロレスリングZERO-ONE フレッシュアイペディアより)

「秋山準」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「秋山準」のニューストピックワード