前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示
  • 小橋建太

    小橋建太から見た秋山準秋山準

    9月11日 - 秋山準らと共にチーム「バーニング」を結成。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀賢太郎

    志賀賢太郎から見た秋山準秋山準

    志賀はジャイアント馬場の最後の付き人であり、馬場が死去するまで5年間という異例の長さにわたって付き人を務めた。馬場は志賀の人柄をいたく気に入っており、終生付き人として用いた。秋山準も自身のブログで「新弟子よりも気が利く男」、「どこかの誰か(橋誠)とは違う」と評価している。丸藤正道も「外見と中身が全く違う」と語っている。志賀賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢光晴

    三沢光晴から見た秋山準秋山準

    1992年7月にジャンボ鶴田が内臓疾患により長期休養を余儀なくされたことにより超世代軍と鶴田軍の抗争は終わりを告げ、同時に三沢は全日本プロレスの実質的なエースとなった。超世代軍の活動は1993年に川田が離脱したことで区切りを迎え(正式に解散したのは1998年)、それ以降は小橋・川田・田上明とともにプロレス四天王(後に秋山準が加わり「五強」と呼ばれた)の一人として全日本プロレスの中心を担った。三沢は1992年8月から1999年10月にかけて三冠統一ヘビー級王座を5度獲得、21度防衛。1994年3月5日には全日本プロレスの象徴的存在であったジャイアント馬場からタッグマッチでフォール勝ちし、名実ともに同団体を代表するレスラーとなった。三沢光晴 フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た秋山準秋山準

    同年森嶋猛とのタッグチーム「WILD II」を結成する。2002年2月17日、日本武道館大会で「WILD II」として大森隆男&高山善廣組を倒し、GHCタッグ王座を戴冠。しかし、9月23日の日本武道館大会で齋藤彰俊&秋山準組に敗れ、GHCタッグ王座を失った。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た秋山準秋山準

    杉浦貴、力皇猛、バイソン・スミス、佐野巧真、秋山準、佐々木健介(健介オフィス)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • SUSHI (プロレスラー)

    SUSHI (プロレスラー)から見た秋山準秋山準

    2017年1月15日、31日付での退団を発表。今後はフリーのプロレスラーとして活動しつつ、芸能活動も行う。所属ラストマッチは本人の希望で秋山準とのシングルマッチを行った。SUSHI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た秋山準秋山準

    2004年6月26日(22歳)、この日京都KBSホールで行われたバトルロイヤルでプレデビュー。同年7月24日、ディファ有明での秋山準&橋誠戦(パートナーは本田多聞)にて正式デビュー。第2回入門テスト合格者6名の中で、唯一デビューまでこぎつけた。ノアでは、2001年12月24日の鈴木鼓太郎(当時は鈴木康弘)以来2人目となる生え抜きの新人デビューであり、初のヘビー級からのデビューである。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ハードコア・クラウン

    グローバル・ハードコア・クラウンから見た秋山準秋山準

    秋山準が創設して管理委員長を務めていた。三沢光晴が存命時、最高顧問であった。創立当初はシングル王座であったが一時期、タッグ王座へ改定されたプロレス史上初のチャンピオンベルトである(詳しくは「志賀賢太郎とパンパーズの時代」を参照)。グローバル・ハードコア・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • フィッシャーマンズ・スープレックス

    フィッシャーマンズ・スープレックスから見た秋山準秋山準

    秋山準のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて右手で掴んだ相手の左腕を相手の左腿の外側へと持っていって、相手の左足を内側から抱えた左手で相手の左腕を掴み直して自由になった右腕を前屈みになった相手の首の後ろに回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。フィッシャーマンズ・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た秋山準秋山準

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り、「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(当時プロレスリング・ノア所属)とタッグを組み武藤&馳組に勝利した。また、永田はこの試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦したが1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負けを喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示

「秋山準」のニューストピックワード