前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • 小橋建太

    小橋建太から見た秋山準秋山準

    1998年9月11日…秋山準らと共にチーム「バーニング」を結成。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た秋山準秋山準

    全日本プロレス時代からの慣習(馬場の指導)で、入門順に関わらず年長のレスラーは「?さん」を付けて名前を呼び、年齢に関わらず入門順の早いレスラーを同様に「?さん」付けで呼ぶ。このため先輩後輩がお互いを「さん」付けで呼び合うケースがよく見られる。例を挙げると、力皇猛は森嶋猛や丸藤正道らよりプロレス界では後輩になるが、森嶋や丸藤らは「リキさん」と「さん付け」し、敬語を使っている。杉浦貴も自衛隊でレスリングの実績を積んでいた関係上、入門が遅れているが、金丸義信らは「杉浦さん」と呼び、敬語を使う。その他、レスリング界で随一の実績を持つ本田多聞も入門が遅れているが、小橋建太はプライベートでは「本田」とは呼ばず、「本田選手」「多聞ちゃん」などと呼んでいるほか、秋山準も「本田さん」「多聞さん」などと呼ぶ。ただし齋藤彰俊は、自身より年下でデビューも遅い秋山に対して「秋山選手」と呼んで敬語を使うのだが、その秋山より先輩である井上雅央に対しては「マサオ」と怒鳴ったような口調で呼んでいる。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た秋山準秋山準

    2004年6月26日(22歳)、この日京都KBSホールで行われたバトルロイヤルでプレデビュー。同年7月24日、ディファ有明での秋山準&橋誠戦(パートナーは本田多聞)にて正式デビュー。第2回入門テスト合格者6名の中で、唯一デビューまでこぎつけた。ノアでは、2001年12月24日の鈴木鼓太郎(当時は鈴木康弘)以来2人目となる生え抜きの新人デビューであり、初のヘビー級からのデビューである。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀賢太郎

    志賀賢太郎から見た秋山準秋山準

    志賀はジャイアント馬場の最後の付き人であり、馬場が死去するまで5年間という異例の長さにわたって付き人を務めた。馬場は志賀の人柄をいたく気に入っており、終生付き人として用いた。秋山準も自身のブログで「新弟子よりも気が利く男」、「どこかの誰か(橋誠)とは違う」と評価している。丸藤正道も「外見と中身が全く違う」と語っている。志賀賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た秋山準秋山準

    馬場→三沢が中心だった時代、若手選手に一流レスラーとの対戦で更なる実力を発揮してもらうという育成の狙いからベテランレスラーを相手にした「七番勝負」シリーズが展開され、「ジャンボ鶴田試練の十番勝負」、2代目タイガーマスク(三沢)の「猛虎七番勝負」等を開催した。上述2名の他、小橋建太(当時・小橋健太)・秋山準らもこのシリーズを経験し、スターダムを駆け上がった。このシリーズは後に三沢が主催したプロレスリング・ノアでも行われた。武藤が社長に就いてからも本間朋晃や諏訪間幸平(諏訪魔)が挑戦している。宮本和志は本間をパートナーにタッグマッチで挑戦。天龍源一郎は2003年(平成15年)に若手レスラーを鍛える目的のシングル七番勝負を行った。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 井上雅央

    井上雅央から見た秋山準秋山準

    2000年、三沢光晴が旗揚げしたプロレスリング・ノアに移籍。同年7月には金丸義信と組んでFMWに乗り込み、WEWタッグ王座を獲得。2001年には本田と組んで安田忠夫&橋本真也組と対戦したが、橋本の三角絞めで肩を脱臼した。2003年に本田とのコンビを解消。なかなか中堅の域を脱せず、2004年には秋山準に泉田純、川畑輝鎮と並んで「健康のためにプロレスをやっている人たち」と言われ「ノア・ヘルスクラブ」と命名されてしまう。5月30日、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。その後、スターネスを離脱した齋藤彰俊と合流、ダーク・エージェントを結成した。井上雅央 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た秋山準秋山準

    杉浦貴、力皇猛、バイソン・スミス、佐野巧真、秋山準、佐々木健介(健介オフィス)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た秋山準秋山準

    小橋建太・三沢光晴等に反旗を翻し、秋山準等とともにユニット「スターネス」を結成。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た秋山準秋山準

    新日本プロレスにおいて、2003年にIWGPヘビー級王座(永年空位だったNWFの二冠を制覇した時期もしばらくあった)を獲得。その後鈴木みのると「外敵タッグ」を結成。鈴木とのタッグチームは2008年の健介オフィスでの秋山準・佐々木健介組に敗れるまで無敗であった(試合は健介が高山をピンフォール)。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た秋山準秋山準

    復帰直後の2003年1月に、三沢とのシングルを経験する。結果は敗北。これを期に丸藤はWAVEを脱退し、三沢の付き人も同時に卒業する。その直後から「下克上」を旗印に、同じく若手のWILD II(森嶋猛&力皇猛)やKENTAと共闘を始め「ジュニアの体のままヘビーに挑戦」と目標を定める。この一環で2003年4月5日には秋山準&齋藤彰俊組が保持するGHCタッグ王座にも森嶋と共に挑戦を果たした。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示

「秋山準」のニューストピックワード