136件中 91 - 100件表示
  • フォール技

    フォール技から見た秋山準秋山準

    マサ斎藤はAWA世界ヘビー戦でラリー・ズビスコをこの技で破り、世界王座に着いた。丸藤正道はさらに右腕で相手の左手を掴んだ完璧首固めを使って秋山準を破り、GHCヘビー級王座を獲得した。渕正信は腕で相手の耳を塞ぎカウントを聴けない状態でフォールする。矢野通は前屈みになった相手の首捕らえ、足を払い前方へ回転させながら丸め込む裏霞を使用している。棚橋弘至は相手に向かって走りこみながら首固めに持ち込む電光石火を得意としている。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー・ドラゴン

    スーパー・ドラゴンから見た秋山準秋山準

    バックドロップで持ち上げた相手をシットダウン・パワーボムで叩きつける。秋山準のブルーサンダーと同型で、雪崩式でも使用する。スーパー・ドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・サップ

    ボブ・サップから見た秋山準秋山準

    2005年10月2日、「WRESTLE-1 GP 2005 2回戦」において秋山準と対戦し、7分21秒、ビーストボムからのエビ固めで勝利。ボブ・サップ フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た秋山準秋山準

    秋山準によると、仁志は週刊プロレスを毎週購入していると明かしており、巨人時代の同僚だった河原純一が試合で使うテーマ曲について悩んでいたところを、「俺が聴きたいから」という理由だけで小橋建太の入場曲である「GRAND SWORD」に決定させてしまう(打者はネクストバッターズサークルから打席に入るまでしか流れないが、投手は入場から捕手との打ち合わせ、投球練習までずっと流れるため、投手の方が長く曲を聴ける)など、ノアファンとして知られている。2006年12月10日ノアの日本武道館大会でサプライズゲストとして、第1試合からメインまでのほとんどの試合を観戦。この日の第4試合に秋山が入場の際に移籍が決まったばかりの横浜ベイスターズのTシャツを着て入場している。2007年12月2日、再び放送席に登場。小橋建太の復帰戦のゲスト解説を務めた。2008年、強引に内川聖一を誘い、会場ではしゃいでいる姿が写真に写りこんでいた。2009年には大学の後輩の松本啓二朗に石森太二の入場曲を選択した(2009年はKENTAの入場曲を使うため、タッグを組んでる石森太二の入場曲を選んだとの事)。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 浜亮太

    浜亮太から見た秋山準秋山準

    デビュー戦では、曙の巨体を投げきるなど奮闘。その甲斐もあってか、翌日の会見では武藤敬司と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦への出場が発表された。デビュー直後の抜擢は1992年大会の秋山準と並び異例の早さである。浜亮太 フレッシュアイペディアより)

  • クリップラー・クロスフェイス

    クリップラー・クロスフェイスから見た秋山準秋山準

    この技の使い手はクリス・ベノワが最も有名であるため、ベノワの通称を前に冠してクリップラー・クロスフェイスと呼ばれることが多い。日本では永田裕志がナガタロックIIとして使っており、そちらの名称でも知られる。元々永田が若手時代から使用していたが、技名などは特になかった。WCWパワープラントで稽古していた時にカズ・ハヤシに伝授し、カズがベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで使用した際に「ナガタロックII」と命名した。永田の友人であるプロレスリング・ノアの秋山準も「ナガタロックII」の名称で使っている。また、邪道は「クロスフェイス・オブ・JADO」という名前で用いるなど、様々な選手が名称を変えて使用している。クリップラー・クロスフェイス フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見た秋山準秋山準

    正強高等学校(現・奈良大学附属高等学校)、専修大学(プロレスリング・ノアの秋山準は同級生で友人)、東レと柔道部に所属。柔道をバックボーンにリングスに入団。同期には坂田亘がいる。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • STACK OF ARMS

    STACK OF ARMSから見た秋山準秋山準

    6月17日、船木が復帰。7月29日にて永田を約半年ぶりに下し、三冠ヘビー級王座挑戦への足がかりとする。8月26日、王者・秋山準を倒し船木が三冠ヘビー級王座獲得。STACK OF ARMS フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺智子

    渡辺智子から見た秋山準秋山準

    類似の技として火の玉ボムやブルーサンダーがある。渡辺智子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田京平

    和田京平から見た秋山準秋山準

    以来、2011年6月の離脱まで全日本プロレス一筋で試合を裁きつづけた。裁いた試合数は延べ1万試合を超え、現在はディファカップ(プロレスリング・ノアとZERO1-MAXの共催)や佐々木健介20周年記念興行(全日本が全面協力)、ビッグマウス・ラウドでと全日本外でもレフェリングを頼まれている。なお、2005年7月10日にプロレスリング・ノアで「三沢vs川田」が組まれた時は、何度もその歴史的カードを一番近くで見ていたために雑誌のインタビューを多く受け思い入れを語っていた。その時は「オレ以外が裁かなきゃいけない」とプラチナカードを通しての後輩の成長を願っていたが、大会終了後は「やりたかったけど、オファーくれないんだもん」と、ひょっとしたらと思っていたようだ。その後ノアでは2008年10月にPWF公認チーフ・レフェリーとして世界ジュニアヘビー級選手権試合・丸藤正道vs.KENTAや、2009年10月の三沢光晴追悼興行田上明&川田利明組vsKENTA&秋山準組戦を裁く。また、和田のレフェリングを後世に伝えるための活動も精力的に行っている。和田京平 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「秋山準」のニューストピックワード