179件中 11 - 20件表示
  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た秋山準秋山準

    ノアは全日本プロレスおよびジャイアント馬場の影響を多大に受けた団体であるため、ビッグマッチの乱発や大会場での興行は控えめの傾向にある。2004年の大会発表は前年暮れに行われ、同時に小橋建太vs秋山準という、団体最高のカードが用意された。プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • 井上雅央

    井上雅央から見た秋山準秋山準

    2000年、三沢光晴が旗揚げしたプロレスリング・ノアに移籍する。同年7月には金丸義信と組んでFMWに乗り込み、WEWタッグ王座を獲得。2001年には本田と組んで安田忠夫&橋本真也組と対戦したが、橋本の三角絞めで肩を脱臼した。2003年に本田とのコンビを解消。なかなか中堅の域を脱せず、2004年には秋山準に泉田純、川畑輝鎮と並んで「健康のためにプロレスをやっている人たち」と言われ「ノア・ヘルスクラブ」と命名されてしまう。5月30日、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。その後、スターネスを離脱した齋藤彰俊と合流、ダーク・エージェントを結成した。井上雅央 フレッシュアイペディアより)

  • 断崖式

    断崖式から見た秋山準秋山準

    喰らった選手のダメージも壮絶なのだが仕掛けた側にもダメージが大きい。田上のノド輪のように自分がきちんとした姿勢で着地できる技ならまだしもブレーンバスターのような背中で着地する技では自分の体を痛める場合がある。2004年7月10日のプロレスリング・ノア東京ドーム大会で小橋建太が秋山準に対して断崖式ブレーンバスターを繰り出したのだが仕掛けた方の小橋が吐血している。あまりにもダメージが大きすぎるため、相手は何とかして回避しようとする。かける選手とのエプロンや花道でのせめぎ合いも魅力となっている。断崖式 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た秋山準秋山準

    一時は秋山準とのタッグでアジアタッグ王座を獲得(防衛回数歴代2位)、スタン・ハンセンからパートナーとして指名されるなど、徐々に力を付けていった。馬場がビンス・マクマホンから選手貸し出しの依頼を受けた際に大森が指名され、1996年、WWF(後のWWE)のロイヤルランブルにてランブル戦に参戦したこともある。出場順番は11人目。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た秋山準秋山準

    高山善廣、川田利明、天龍源一郎、秋山準、永田裕志、果ては女子プロレスラーのアジャ・コングなど、彼ほどいろんな大物選手と闘ったことがある選手も珍しい(大体の場合、相手がフィニッシュ・ホールドを決めようとするとセコンドからタオルが投入されてTKO負けという落ちがつく)。この時、相手はいつも「X」とされる。高山と闘ったときはスポーツ新聞の裏面を飾ったほどである(「高山、宇宙人退治」という見出し)。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・スミス

    ジョニー・スミスから見た秋山準秋山準

    1998年1月9日、ウルフ・ホークフィールドとのタッグでアジアタッグ王座12回連続防衛中の秋山準、大森隆男組を破り第63代アジアタッグ王座を獲得し、2度目の同王座獲得を果たした。その後2度の防衛に成功して、10月6日に本田多聞、泉田純組に敗れ王座から陥落した。ジョニー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 望月成晃

    望月成晃から見た秋山準秋山準

    また、永田裕志の自主興行にて秋山準と一日限りのアンチエイジングスを結成し、中邑真輔、オカダ・カズチカ、高橋裕二郎と対戦している。その後、11月から12月にかけて行われた新日本のWORLD TAG LEAGUEに永田と出場した。望月成晃 フレッシュアイペディアより)

  • 神取忍

    神取忍から見た秋山準秋山準

    2005年3月5日、秋山準・森嶋猛のセコンドとしてプロレスリング・ノアに登場、相手セコンドの北斗晶と接触。「(対戦相手の)天龍源一郎と(セコンドの)北斗晶が一番嫌いな人を」と秋山準に請われてのものである。神取忍 フレッシュアイペディアより)

  • GET WILD (プロレス)

    GET WILD (プロレス)から見た秋山準秋山準

    2013年3月17日、両国国技館大会で秋山準&潮崎豪組に敗れ、世界タッグ王座から陥落。その後、征矢の長期休養が発表され、タッグを休止する。その間、テレビ朝日系列の番組『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』2013年5月23日放送「今、プロレスが熱い芸人」において、東京ダイナマイトのハチミツ二郎が大森に扮し、GET WILDの珍妙な会見を紹介した。GET WILD (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • S・A・T (プロレス)

    S・A・T (プロレス)から見た秋山準秋山準

    当初はユニット名は正式名称が定められていないために、長期間にわたり便宜的に中心選手の名を取り「秋山軍」と各種メディアで使用され、それが定着していた。他にも秋山準と齋藤彰俊を中心に結成された為、秋山・齋藤軍(あきやま・さいとうぐん)などとも仮称されていた。その後、2012年5月9日に正式なチーム名「S・A・T」が発表された。S・A・T (プロレス) フレッシュアイペディアより)

179件中 11 - 20件表示

「秋山準」のニューストピックワード