136件中 11 - 20件表示
  • 三沢光晴

    三沢光晴から見た秋山準秋山準

    12月 - 日本武道館にて川田をパートナーに世界最強タッグ決定リーグ戦最終戦で田上&秋山準組を下し優勝、第20代世界タッグ王者となった。三沢光晴 フレッシュアイペディアより)

  • 小川良成

    小川良成から見た秋山準秋山準

    1998年8月、後楽園ホールでの6人タッグ戦で秋山準に初勝利。ジュニアヘビー級の選手がヘビー級に勝つことは、全日本の試合においてそれまで考えられなかった。折りしも三沢光晴は当時のパートナー秋山準とのタッグを解消することが決まっており、意中のパートナーがいることを匂わせていたがそれこそが小川だった。その時期、三沢はジャイアント馬場からマッチメイク権を委譲されており、小川の台頭は「三沢革命」の象徴になる。その年の最強タッグ決定リーグ戦にて三沢のパートナーとして本格的に抜擢され、三沢とユニット「アンタッチャブル(後のWAVE)」を結成。小川良成 フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た秋山準秋山準

    同年森嶋猛とのタッグチーム「WILD II」を結成する。2002年2月17日、日本武道館大会で「WILD II」として大森隆男&高山善廣組を倒し、GHCタッグ王座を戴冠。しかし、9月23日の日本武道館大会で齋藤彰俊&秋山準組に敗れ、GHCタッグ王座を失った。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • 望月成晃

    望月成晃から見た秋山準秋山準

    また、永田裕志の自主興行にて秋山準とアンチエイジングスとして、中邑真輔、オカダ・カズチカ、高橋裕二郎と対戦している。望月成晃 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た秋山準秋山準

    ノアは全日本プロレスおよびジャイアント馬場の影響を多大に受けた団体であるため、ビッグマッチの乱発や大会場での興行は控えめの傾向にある。2004年の大会発表は前年暮れに行われ、同時に小橋建太vs秋山準という、団体最高のカードが用意された。プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た秋山準秋山準

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦。以降、フリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ハードコア・クラウン

    グローバル・ハードコア・クラウンから見た秋山準秋山準

    秋山準が創設・タイトル管理委員長を務める。三沢光晴が存命時、最高顧問であった。グローバル・ハードコア・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ウィリアムス

    スティーブ・ウィリアムスから見た秋山準秋山準

    1999年5月、東京ドームでの馬場の引退記念興行に参戦した後、2000年より本格的に全日本マットに復帰し、ベイダーと組んで当時日本陣営のトップチームだった小橋健太&秋山準を破って世界タッグ王座を奪取。全日本プロレスの選手大量離脱、プロレスリング・ノア発足時にも全日本プロレスに継続参戦する。2000年10月の新日本プロレスの東京ドーム大会での全日本プロレスと新日本プロレスとの対抗戦では、両団体の最強外国人レスラー対決としてスコット・ノートンと対決。必殺技のバックドロップでピンフォール勝ちを奪った。同年の世界最強タッグリーグ戦ではマイク・ロトンドとのバーシティ・クラブ21で9年ぶりの優勝を飾った。翌年には武藤敬司に渡った三冠王座奪還のための、全日本陣営の挑戦者の一人としても起用されている。スティーブ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た秋山準秋山準

    GHCジュニアヘビー級王座からは陥落したものの、かつてタッグを組んでいた丸藤正道が2006年9月に秋山準を破りジュニアでありながらGHCヘビー級王座を戴冠。同年1月にGHCジュニアヘビー級王座の防衛戦で丸藤に勝利していた経緯から初防衛戦の相手として指名され、初のジュニアヘビー級同士によるGHCヘビー級選手権試合が行われた。1月の試合を超え、プロレス大賞にて2006年のベストバウトに選ばれる程の死闘を繰り広げたものの敗北する。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た秋山準秋山準

    高山善廣、川田利明、天龍源一郎、秋山準、永田裕志、果ては女子プロレスラーのアジャ・コングなど、彼ほどいろんな大物選手と闘ったことがある選手も珍しい(大体の場合、相手がフィニッシュ・ホールドを決めようとするとセコンドからタオルが投入されてTKO負けというオチがつく)。この時、相手はいつも「X」とされる。高山と闘ったときはスポーツ新聞の裏面を飾ったほどである(「高山、宇宙人退治」という見出し)。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「秋山準」のニューストピックワード