179件中 21 - 30件表示
  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た秋山準秋山準

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦、以降はフリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た秋山準秋山準

    全日本プロレスが、「全日本プロレス本隊」(所属:秋山準、金丸義信ら)と「WRESTLE-1」(所属:武藤敬司、船木誠勝ら)に分裂した。2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 曙太郎

    曙太郎から見た秋山準秋山準

    2013年9月、全日本プロレス正式入団後初の大会となる「王道トーナメント」に参戦。1回戦で優勝候補の秋山準と対戦し、新必殺技のパイルドライバーで勝利。決勝戦まで勝ち進み、対戦相手の潮崎豪にも勝利し、第1回王道トーナメント優勝を果たし初の三冠ヘビー級王者にもなる。2014年4月22日に肺炎のため入院し、その後も体調が戻らず5月30日に王座を返上した。7月27日、8月16日の後楽園ホール大会で復帰することと、全日本プロレス運営会社の取締役に就任することが明らかになった。2015年4月25日、2015チャンピオン・カーニバルで諏訪魔を破り、初優勝した。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ウィリアムス

    スティーブ・ウィリアムスから見た秋山準秋山準

    1999年5月、東京ドームでの馬場の引退記念興行に参戦した後、2000年より本格的に全日本マットに復帰し、ベイダーと組んで当時日本陣営のトップチームだった小橋健太&秋山準を破って世界タッグ王座を奪取。全日本プロレスの選手大量離脱、プロレスリング・ノア発足時にも全日本プロレスに継続参戦する。2000年10月の新日本プロレスの東京ドーム大会での全日本プロレスと新日本プロレスとの対抗戦では、両団体の最強外国人レスラー対決としてスコット・ノートンと対決。必殺技のバックドロップでピンフォール勝ちを奪った。同年の世界最強タッグリーグ戦ではマイク・ロトンドとのバーシティ・クラブ21で9年ぶりの優勝を飾った。翌年には武藤敬司に渡った三冠王座奪還のための、全日本陣営の挑戦者の一人としても起用されている。スティーブ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た秋山準秋山準

    全日本プロレス時代からの慣習(馬場の指導)で、入門順に関わらず年長のプロレスラーは「〜さん」を付けて名前を呼び、年齢に関わらず入門順の早いレスラーを同様に「?さん」付けで呼ぶ。このため先輩後輩がお互いを「さん」付けで呼び合うケースがよく見られる。例を挙げると、力皇猛は森嶋猛や丸藤らよりプロレス界では後輩になるが、森嶋や丸藤らは「リキさん」と「さん付け」して敬語を使っている。杉浦貴も自衛隊でレスリングの実績を積んでいた関係上、入門が遅れているが、金丸らは「杉浦さん」と呼び、敬語を使う。その他、レスリング界で随一の実績を持つ本田多聞も入門が遅れているが、小橋は「本田」とは呼ばず、「本田選手」「多聞ちゃん」などと呼んでいるほか、秋山準も「本田さん」「多聞さん」などと呼ぶ。ただし齋藤は自身より年下でデビューも遅い秋山に対して「秋山選手」と呼んで敬語を使うのだが、その秋山より先輩である井上雅央に対しては「マサオ」と怒鳴ったような口調で呼んでいる。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • エクスプロイダー

    エクスプロイダーから見た秋山準秋山準

    秋山準のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回し、体をブリッジさせる勢いで両腕のクラッチを切って相手の体を後方へと投げ捨てる。エクスプロイダー フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た秋山準秋山準

    新日本プロレスにおいて、2003年にIWGPヘビー級王座(永年空位だったNWFの二冠を制覇した時期もしばらくあった)を獲得。その後鈴木みのると「外敵タッグ」を結成。鈴木とのタッグチームは2008年の健介オフィスでの秋山準・佐々木健介組に敗れるまで無敗であった(試合は健介が高山をピンフォール)。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 回転地獄五輪

    回転地獄五輪から見た秋山準秋山準

    トルネードクラッチと同型。秋山準からピンフォールを奪った技。回転地獄五輪 フレッシュアイペディアより)

  • GET (プロレス)

    GET (プロレス)から見た秋山準秋山準

    1998年8月23日、前日の試合からギクシャクしていた小橋とエースだったが、この試合でもタッグとしての連携がとれず、小橋のタックルがエースに誤爆した後は完全に小橋一人が狙われる展開で、そのまま小橋がフォール負け。試合後エースが大の字状態の小橋を起こすと、ラリアットとコブラクラッチ・スープレックスを放ち小橋に絶縁宣言のアピール。両者は空中分解し、ここにGETは終焉を迎えた。この件に関しエースは「GETでは小橋と同等だったのに、今は小橋が上に見られている。外国人のトップもいつまでハンセンなんだ?オレが外国人のトップになる為ニュームーブメントを起こす」と宣言し、ジョニー・スミス、ウルフ・ホークフィールド(現・ジム・スティール)と新ユニット「ムーブメント」を結成した。上記のエースの発言だが、GET活動時、既に小橋は2度目の三冠ヘビー級王座奪取を果たしており、1998年2月に一度しか三冠挑戦をしていないエースとは、実績でかなり差をつけており決して同等ではなかった。小橋はこの後秋山準らと新ユニット「バーニング」を結成した。GET (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ハーレム・ブラバド

    ハーレム・ブラバドから見た秋山準秋山準

    その得意技などから、新人時代の秋山準の強い影響が覗える。ハーレム・ブラバド フレッシュアイペディアより)

179件中 21 - 30件表示

「秋山準」のニューストピックワード