136件中 21 - 30件表示
  • 神取忍

    神取忍から見た秋山準秋山準

    2005年3月5日、秋山準・森嶋猛のセコンドとしてプロレスリング・ノアに登場、北斗晶と乱闘を繰り広げる。「(対戦相手の)天龍源一郎と(セコンドの)北斗晶が一番嫌いな人を」と秋山準に請われてのものである。神取忍 フレッシュアイペディアより)

  • 青木篤志

    青木篤志から見た秋山準秋山準

    自衛隊でレスリングの選手として活躍した後、ノアに入門。秋山準の付き人となった。青木篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た秋山準秋山準

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(プロレスリング・ノア)とタッグを組み武藤敬司&馳浩組に勝利した。また、この試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦。1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負け。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • S・A・T (プロレス)

    S・A・T (プロレス)から見た秋山準秋山準

    当初はユニット名は正式名称が定められていないために、長期間にわたり便宜的に中心選手の名を取り「秋山軍」と各種メディアで使用され、それが定着していた。他にも秋山準と齋藤彰俊を中心に結成された為、秋山・齋藤軍(あきやま・さいとうぐん)などとも仮称されていた。その後、2012年5月9日に正式なチーム名「S・A・T」が発表された。S・A・T (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・スミス

    ジョニー・スミスから見た秋山準秋山準

    1998年1月9日、ウルフ・ホークフィールドとのタッグでアジアタッグ王座12回連続防衛中の秋山準、大森隆男組を破り第63代アジアタッグ王座を獲得し、2度目の同王座獲得を果たした。その後2度の防衛に成功して、10月6日に本田多聞、泉田純組に破れ王座から陥落した。ジョニー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 断崖式

    断崖式から見た秋山準秋山準

    喰らった選手のダメージも壮絶なのだが、仕掛けた側にもダメージが大きい。田上のノド輪のように、自分がきちんとした姿勢で着地できる技ならまだしも、ブレーンバスターのような背中で着地する技では、自分の体を痛める場合がある。2004年、プロレスリング・ノア東京ドーム大会にて、小橋建太が秋山準に対し、断崖式ブレーンバスターを繰り出したのだが、仕掛けた方の小橋が吐血している。断崖式 フレッシュアイペディアより)

  • フロント・ネックチャンスリー

    フロント・ネックチャンスリーから見た秋山準秋山準

    フロント・ネックロックの別称でも呼ばれるが、最近はその名称は首を絞める絞め技であるフロントチョーク(フロントスリーパーホールド)の別称としても使われており、総合格闘技の人気上昇や、秋山準がこの名称でフロントスリーパーを得意技として使用し始めたことにより、後者のほうが使用頻度が高い。フロント・ネックチャンスリー フレッシュアイペディアより)

  • 川畑輝鎮

    川畑輝鎮から見た秋山準秋山準

    ノア入団後は中堅どころで目立たなく、大学の後輩でもある秋山準に「健康のためにプロレスをやっている」と言われて奮起。2004年5月、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。齋藤彰俊率いるダーク・エージェントへの加入を目指し、「ダーク引越センター下請け業者」を経てついに正式加入を認められた。川畑輝鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩式

    雪崩式から見た秋山準秋山準

    タイガードライバー - 三沢光晴。別名タイガードライバー2001。秋山準のみがこの技を食らっている。雪崩式 フレッシュアイペディアより)

  • ディファ有明戦隊ノアレンジャー

    ディファ有明戦隊ノアレンジャーから見た秋山準秋山準

    ホワイトレンジャー:秋山準 - 秋山のコスチューム色である白からディファ有明戦隊ノアレンジャー フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「秋山準」のニューストピックワード