136件中 31 - 40件表示
  • エメラルド・フロウジョン

    エメラルド・フロウジョンから見た秋山準秋山準

    初公開は1998年1月26日、全日本プロレス・大阪府立体育会館第一競技場大会における秋山準との三冠ヘビー級王座防衛戦。この時、公開されたものは現在のものと若干形式が異なっていた。ツームストーン・パイルドライバーの要領で相手の胴を両腕で抱え込み、逆さにしながら担ぎ上げる。そのまま相手の体を自分の横側にずらし、さらに相手の首下付近と腰を抱えるように腕を持ち替えてから頭部から落とす。この技には、相手の首などへの負担が大きく危険で、なおかつ技を決めるまでに時間がかかるという欠点があった。その後、相手の力量に応じ落とし方を調整でき、なおかつスムーズに技に移行できるように現在の型に改良された。なお、最初に公開されたフォームは、原型エメラルド・フロウジョン、オリジナル・エメラルド・フロウジョンと呼ばれることもある。また、考案後に名称が定まるまでは変型ツームストーン・パイルドライバーと仮称されていた。エメラルド・フロウジョン フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立高石高等学校

    大阪府立高石高等学校から見た秋山準秋山準

    秋山準 - プロレスラー大阪府立高石高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • フィッシャーマンズ・スープレックス

    フィッシャーマンズ・スープレックスから見た秋山準秋山準

    秋山準がここ一番でしか使わない技。ブレーンバスターの体制で組んだとき、相手の外側の足を取ってリストクラッチして放つ、垂直落下式のリストクラッチ式変形フィッシャーマンズ・バスター。フィッシャーマンズ・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • 回転地獄五輪

    回転地獄五輪から見た秋山準秋山準

    トルネードクラッチと同型。秋山準からピンフォールを奪った技。回転地獄五輪 フレッシュアイペディアより)

  • 健心

    健心から見た秋山準秋山準

    どことなく秋山準にも顔が似ている。健心 フレッシュアイペディアより)

  • WRESTLE-1

    WRESTLE-1から見た秋山準秋山準

    「プロレス界のナンバーワンを決めるトーナメント」というふれこみ通り、上井はメジャー3団体を始め多くの団体と交渉。新日本からは参戦選手が出なかったものの、プロレスリング・ノアから秋山準、全日本から武藤敬司や諏訪間幸平、ジャイアント・バーナード(当時)、そして天龍源一郎、佐々木健介、長州力らがトーナメントに出場。さらにミル・マスカラス、テリー・ファンクという往年の名レスラーがスペシャルマッチ(しかも第1試合。この試合を観戦した前田日明は「流石。老獪な動きで会場を温めさせていた。素晴らしい」と当時受け持っていたコラムで語っている)に参戦が決まり、8月4日、両国国技館で開催する。なお、テレビ局との交渉は不調に終わり、結局ペイ・パー・ビューチャンネルでの中継となった(開催1か月後から、USENが展開するインターネットテレビ・GyaOで配信された。秋山の試合だけは日本テレビのプロレスノア中継で放送された)。10,500人を動員し、結果的には成功であった。諏訪間、天龍源一郎、サップ、佐々木健介、秋山、グレート・ムタが2回戦に進出した(ジャマール、鈴木みのるはシード選手。天龍は進出を辞退)。WRESTLE-1 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・モデスト

    マイケル・モデストから見た秋山準秋山準

    2001年7月、視察に訪れたプロレスリング・ノアの三沢光晴の招聘により来日。タッグパートナーのドノバン・モーガンと共に、同団体の常連レスラーとなる。同年開催の初代GHCタッグ王座決定トーナメントにおいては、10月6日の1回戦で優勝候補のワイルドII(力皇猛・森嶋猛組)を撃破する金星を挙げたが、2回戦で秋山準・齋藤彰俊組に敗退した。マイケル・モデスト フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・エージェント

    ダーク・エージェントから見た秋山準秋山準

    当初スターネスに加入し、秋山準とのタッグでGHCタッグ王座を獲得するなど活躍していた齋藤彰俊だったが、2004年7月にスターネスを脱退。その後、中堅選手であり日の目を見ていなかった井上雅央とタッグチームを結成、直後に高校の後輩にあたる杉浦貴が加わり、新チーム結成に至った。同年9月、日本武道館で三沢光晴・小川良成の持つGHCタッグ王座に斎藤と井上のコンビで挑戦することを表明した。ダーク・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • WILD II

    WILD IIから見た秋山準秋山準

    2001年4月12日、秋山準率いるスターネスの一員だった森嶋猛と、小橋建太率いるバーニングの一員であるが小橋欠場のため三沢光晴率いるWAVEと共闘していた力皇猛、フリーランスとしてノアへ参戦を続けていた齋藤彰俊の3選手がリングに上がり、ノアにおいて下克上を目指し共闘していくことを宣言した。しかし、その直後に齋藤が森嶋・力皇を裏切り、秋山と結託。スターネス入りを宣言した。以後、森嶋と力皇の2人で活動していくこととなる。WILD II フレッシュアイペディアより)

  • 浅子覚

    浅子覚から見た秋山準秋山準

    また、この浅子の資格を取得するまでの猛勉強は、プロレスラー廃業した後の転職の難しさを物語り、三沢や秋山準らがレスラー引退後の土台作りが必要であると考えさせられ、秋山の副業を興す理由の一つともなっている。浅子覚 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「秋山準」のニューストピックワード