179件中 41 - 50件表示
  • 寿司親父

    寿司親父から見た秋山準秋山準

    2月16日二人が強引に王者である秋山準&金丸義信にアピールをすると二人は挑戦を認める。その後記者会見でSUSHIはタッグチームとしての感触は似たところもあるしやりやすかったと話す。寿司親父 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・モデスト

    マイケル・モデストから見た秋山準秋山準

    2001年7月、視察に訪れたプロレスリング・ノアの三沢光晴の招聘により来日。タッグパートナーのドノバン・モーガンと共に、同団体の常連レスラーとなる。同年開催の初代GHCタッグ王座決定トーナメントにおいては、10月6日の1回戦で優勝候補のワイルドII(力皇猛・森嶋猛組)を撃破する金星を挙げたが、2回戦で秋山準・齋藤彰俊組に敗退した。マイケル・モデスト フレッシュアイペディアより)

  • WILD II

    WILD IIから見た秋山準秋山準

    2001年4月12日、秋山準率いるスターネスの一員だった森嶋猛と、小橋建太率いるバーニングの一員であるが小橋欠場のため三沢光晴率いるWAVEと共闘していた力皇猛、フリーランスとしてノアへ参戦を続けていた齋藤彰俊の3選手がリングに上がり、ノアにおいて下克上を目指し共闘していくことを宣言した。しかし、その直後に齋藤が森嶋・力皇を裏切り、秋山と結託。スターネス入りを宣言した。以後、森嶋と力皇の2人で活動していくこととなる。WILD II フレッシュアイペディアより)

  • クリス・チェッティ

    クリス・チェッティから見た秋山準秋山準

    背後から抱えてジャンピングボムの形で落とす技。秋山準の得意技と知られる。クリス・チェッティ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見た秋山準秋山準

    世界最強タッグ決定リーグ戦(全日本プロレス) 優勝:小橋建太&秋山準「超世代軍」組(2連覇)1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • DK (ダーク・キングダム)

    DK (ダーク・キングダム)から見た秋山準秋山準

    7月12日、秋山準&大森隆男の持つ世界タッグ王座にKENSO&長井組が挑戦するも敗北。DK (ダーク・キングダム) フレッシュアイペディアより)

  • 天龍同盟

    天龍同盟から見た秋山準秋山準

    2005年に天龍がプロレスリング・ノアに参戦した際にタッグを組んだ秋山準が「REVOLUTION 2005」と称し、天龍同盟を復活させるような動きを見せたが、天龍のノア参戦がその年限りであったために大きなムーブメントは起こせなかった。天龍同盟 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・オナード・クラウン

    グローバル・オナード・クラウンから見た秋山準秋山準

    ノアに存在していたチャンピオンベルトは他に秋山準が管理委員長を務めていたグローバル・ハードコア・クラウンがある。グローバル・オナード・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハインズ

    ジョージ・ハインズから見た秋山準秋山準

    1993年6月2日、ザ・パトリオットのパートナーとして小橋健太、菊地毅組を破ってアジアタッグ王座を戴冠する。秋山準・菊地毅組に一度の防衛後、9月9日にカンナム・エクスプレス(ダグ・ファーナス、ダニー・クロファット組)にベルトを奪われる。ジョージ・ハインズ フレッシュアイペディアより)

  • アンタッチャブル (プロレス)

    アンタッチャブル (プロレス)から見た秋山準秋山準

    1998年8月、3か月の欠場から復帰した三沢光晴は、秋山準とのコンビを解消し、新パートナーに小川良成を指名。まだチーム名は決定していなかったが、これがチームの原形となる。アンタッチャブル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

179件中 41 - 50件表示

「秋山準」のニューストピックワード