136件中 51 - 60件表示
  • スターネス

    スターネスから見た秋山準秋山準

    スターネス(sternness)とは、秋山準を中心としたプロレスラーのユニット(チーム)である。プロレスリング・ノアで活動した。2000年のノア旗揚げ後に発足し、2009年前半頃まで活動した。スターネス フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た秋山準秋山準

    プロレスリング・ノアのビッグスリー(2000年代に活躍した日本人強豪レスラー3選手) - 三沢光晴、小橋建太、秋山準ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • 菊地毅

    菊地毅から見た秋山準秋山準

    その後は秋山準との抗争で一時的に脚光を浴びたものの、再び前座戦線に戻っている。テレビ中継解説者でレフェリーのマイティ井上によると、菊地はヘッドバットの使用過多や、無茶をするファイトスタイルから、パンチドランカーの症状が出ているといい、体調面の不安も抱えている。菊地毅 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍同盟

    天龍同盟から見た秋山準秋山準

    2005年に天龍がプロレスリング・ノアに参戦した際にタッグを組んだ秋山準が「REVOLUTION 2005」と称し、天龍同盟を復活させるような動きを見せたが、天龍のノア参戦がその年限りであったために大きなムーブメントは起こせなかった。天龍同盟 フレッシュアイペディアより)

  • TKG48

    TKG48から見た秋山準秋山準

    2011年2月3日のユニオン新宿大会で会員番号12番の座を用意して秋山準(プロレスリング・ノア、小嶋陽菜推し)を勧誘するも失敗。TKG48 フレッシュアイペディアより)

  • 超世代軍

    超世代軍から見た秋山準秋山準

    秋山準(1993年川田脱退後に加入、1998年脱退・バーニングを結成)超世代軍 フレッシュアイペディアより)

  • 聖鬼軍

    聖鬼軍から見た秋山準秋山準

    1993年4月、三沢光晴が統率する超世代軍のナンバー2であった川田利明が、三沢超えを掲げ超世代軍を脱退。当時ライバルであった田上明と共闘を宣言した。これに秋山準(秋山は、川田と入れ替わる形で超世代軍へ移籍)・ジャンボ鶴田以外の鶴田軍メンバーも同時に共闘となり、新チーム結成となった。その後、ファンからの公募によりチーム名が「聖鬼軍」に決定した。初期メンバーには田上、川田の他に渕正信、小川良成がいた。また、同年中に川田の付き人であった井上雅央が加入した。聖鬼軍 フレッシュアイペディアより)

  • 四天王プロレス

    四天王プロレスから見た秋山準秋山準

    当時、全日本プロレスでは天龍源一郎が退団し、さらにジャンボ鶴田が内臓疾患により第一線を退いたことにより、三沢が実質的なエースとなっていた。全日本プロレスでレフェリーを務めた和田京平によると、この時期に社長のジャイアント馬場はプロレスの理想像を追求し、三沢に川田、小橋健太、田上明を加えた超世代軍と呼ばれる若手レスラーに、自らの理想とする試合形式、すなわち凶器攻撃、流血、リングアウト・反則・ギブアップによる決着のない、ピンフォールによってのみ決着するスタイルをとるよう要求した。その結果、三沢らは3カウントが入る寸前でフォールを返しながら頭部から相手を落とす大技を繰り出し続け、相手を「もう立てない」という状態に追い込んでピンフォール勝ちを収めるという筋立てで試合を行うことを余儀なくされた。1993年に川田が超世代軍を離脱すると三沢たちはプロレス四天王(後に秋山準が加わり「五強」)と呼ばれるようになった。プロレス四天王が行う「限界を超えるような技の攻防戦」は四天王プロレスとして認知され、プロレスファンから熱狂的な支持を集めた。四天王プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハインズ

    ジョージ・ハインズから見た秋山準秋山準

    1993年6月2日、ザ・パトリオットのパートナーとして小橋健太、菊地毅組を破ってアジアタッグ王座を戴冠する。秋山準・菊地毅組に一度の防衛後、9月9日にカンナム・エクスプレス(ダグ・ファーナス、ダニー・クロファット組)にベルトを奪われる。ジョージ・ハインズ フレッシュアイペディアより)

  • 堀口 文宏

    堀口文宏から見た秋山準秋山準

    プロ野球では地元球団の埼玉西武ライオンズのファンである。スポーツ好きが高じて、文化放送の「ライオンズナイター」でスタンドレポーターも務め、プロレスラーの秋山準と親交がある。堀口文宏 フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「秋山準」のニューストピックワード