136件中 71 - 80件表示
  • ノア・ヘルスクラブ

    ノア・ヘルスクラブから見た秋山準秋山準

    2004年、当時のノア中堅レスラーで伸び悩んでいた3人を一まとめとして秋山準が彼らを「二軍」と扱っていた。チーム名は秋山が「健康維持のためにプロレスをやっている」と酷評したことから由来する。ノア・ヘルスクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のスポーツ

    1998年のスポーツから見た秋山準秋山準

    世界最強タッグ決定リーグ戦(全日本プロレス) 優勝:小橋建太&秋山準「超世代軍」組(初優勝)1998年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • RO&D

    RO&Dから見た秋山準秋山準

    しかしGHCタッグ王座戦にて、王者秋山、力皇組からは勝利を得ることはできなかった。その後王者組のタイトル返上に伴い行われた新王座決定トーナメントにブラウンとブキャナンが出場し優勝、GHCタッグ王者となる。しかし七日後の初防衛戦にて丸藤正道&杉浦貴組に王座を奪われ、短期政権となってしまった。RO&D フレッシュアイペディアより)

  • マグナス (プロレスラー)

    マグナス (プロレスラー)から見た秋山準秋山準

    同年7月22日、プロレスリング・ノアの両国国技館大会「GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU 力皇猛引退セレモニー」にジョーとのタッグで参加。秋山準&齋藤彰俊の保持するGHCタッグ王座にジョーと挑戦し、11分40秒、ジョーが齋藤をマッスルドライバー(キン肉バスター)からの片エビ固めで下し、初挑戦で初戴冠を果たした。マグナス (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 橋誠

    橋誠から見た秋山準秋山準

    1998年3月25日、対金丸義信戦でデビュー。2000年、バーニングを離脱した秋山準やマウナケア・モスマン等と組むようになり、バーニングを解散に追い込む。しかし、その直後に全日本プロレス分裂騒動が勃発し、同団体を退団、プロレスリング・ノアの旗揚げに参加。川田と袂を分かったため、新たに秋山準の付き人となる。また同年、秋山率いる軍団スターネス入りする。橋誠 フレッシュアイペディアより)

  • 裏投

    裏投から見た秋山準秋山準

    裏投げのように片腕では相手の首根っこ辺りを抱えるが、もう片方の腕は相手の腿を抱え、スープレックスの要領で真後ろへ投げる技。いわば縦回転式の裏投げ。飯塚高史は「ブリザード・スープレックス(通称・ブリザード)」、秋山準は「エクスプロイダー」として使用し、他のレスラーが使用する際の名称は任意となっている。ブリザードは元々はクラッチを解かずにブリッジしてホールドする技(ブリザード・ホールド)であるが、投げっぱなしのブリザードも用いられるようになり、エクスプロイダーと同型になった。裏投 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た秋山準秋山準

    一時は、秋山準とのコンビで獲得したアジアタッグ(防衛回数歴代2位)や、スタン・ハンセンからパートナーとして指名されるなど、徐々に力を付けていった。馬場がビンス・マクマホンから選手貸し出しの依頼を受けた際に大森が指名され、1996年、WWF(現WWE)のロイヤルランブルにてランブル戦に参戦したこともある。出場順番は11人目。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見た秋山準秋山準

    小橋建太が考案した技。ケンタッキー・ボムともいう。相手の片腕を、相手の股下を通した上でその手首を掴み、その状態のままコブラツイストをかける。そして、そのままの形で頭上へ持ち上げ、パワーボムの体勢に持ち替え、シットダウン式ジャンピングパワーボムの形で落としてフォールする。相手の片手首は掴んだままの時が多い。秋山準のデビュー戦の時、決め技として初披露。パワーボム フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・オナード・クラウン

    グローバル・オナード・クラウンから見た秋山準秋山準

    秋山準がタイトル管理委員長を務めるハードコア王座(通称・白GHC)については、グローバル・ハードコア・クラウンの項目を参照のこと。グローバル・オナード・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀享

    横須賀享から見た秋山準秋山準

    プロレスリング・ノアの秋山準の技で、相手の正面から肩と太腿の裏を掴んで背後に投げ飛ばす。雪崩式でもよく放っている。横須賀享 フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示

「秋山準」のニューストピックワード