179件中 81 - 90件表示
  • 西村修

    西村修から見た秋山準秋山準

    2002年、プロレスリング・ノアに一日トレードの形で出場し、志賀賢太郎と対戦。2003年にはノアの秋山準とG1 CLIMAXで対戦し勝利している。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリングZERO-ONE

    プロレスリングZERO-ONEから見た秋山準秋山準

    2001年3月2日に両国国技館で開催したプロレスリングZERO‐ONEの旗揚げ戦では、「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ」との理念を掲げた。メインイベントは、それまでの日本のプロレス界の常識を超えるすさまじいものになった。橋本はこの日、新日本プロレスの永田裕志とタッグを組み、プロレスリング・ノアの三沢&秋山準組と対決した。この初顔合わせはファンの注目は、もちろんゲスト解説を務めた武藤ら他団体の選手達の注目までも集めた。試合は19分10秒に三沢がジャーマン・スープレックスからの片エビ固めで橋本からフォールを奪うが、ゴングが鳴った後も橋本は秋山を攻め続けたため、ZERO-ONE勢とノア勢の乱闘に発展した。だが、そこに観戦に訪れていた小川がマイクを持ってリングインし、橋本に「橋本!コラッ!だらしねぇ試合してんじゃねぇ!コノヤロー!」と絶叫、さらに小川は三沢に対しても、「三沢!受けてもらおうじゃねぇか!勝負を!」と怒鳴ったため、三沢が激怒して小川に殴りかかった。また、橋本の陣営に付いていた藤田和之までもがリングでマイクを持ち、「オイ!誰が一番強いか!ここで決めればいいんじゃねぇか!オイ!」と絶叫して、複雑な対立構図が完成してファンを大いに驚かせた。すると三沢がマイクで、「お前らのな、思う通りにはしねぇよ!絶対!」とリングを降りると、橋本が「三沢!三沢!思う通りにしてやるから憶えておけ!」とまとめた。結局、ZERO-ONEとノア、小川、藤田との対立構図はこの一夜のみの出来事であったが、その後、ノアの所属選手が新日本に参戦するなど、この試合を契機に団体間の垣根は急速に低くなり、プロレス界の交流がますます活発になった。プロレスリングZERO-ONE フレッシュアイペディアより)

  • KENSO (プロレスラー)

    KENSO (プロレスラー)から見た秋山準秋山準

    2017年2月17日、元GAORA王者Xとして全日本に久方ぶりの来場。3月12日に秋山準とGAORA王者決定戦のシングルを行う。KENSO (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽ケア

    太陽ケアから見た秋山準秋山準

    2011年10月23日に秋山準が諏訪魔から三冠ヘビー級王座を奪取する。ケアは王座奪回に最初に名乗りをあげ、2011年11月27日のノアのディファ有明大会に参戦し秋山に挑戦するが、秋山のスタンディングでのフロントネックロックに敗れて王座奪取に失敗した。太陽ケア フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のスポーツ

    1969年のスポーツから見た秋山準秋山準

    10月9日 - 秋山準(大阪府、プロレス)1969年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロード・ウォリアーズ

    ロード・ウォリアーズから見た秋山準秋山準

    ジャイアント馬場の追悼大会となった1999年5月の全日本東京ドーム大会で全日復帰、アニマルの弟ジョニー・エースと組んで6人タッグマッチに出場し、小橋健太・秋山準・ハクシー組を破った。ロード・ウォリアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浅子覚

    浅子覚から見た秋山準秋山準

    また、この浅子の資格を取得するまでの猛勉強は、プロレスラー廃業した後の転職の難しさを物語り、三沢や秋山準らがレスラー引退後の土台作りが必要であると考えさせられ、秋山の副業を興す理由の一つともなっている。浅子覚 フレッシュアイペディアより)

  • VOODOO-MURDERS

    VOODOO-MURDERSから見た秋山準秋山準

    2014年7月、"brother"YASSHIが新体制となった全日本プロレスのリングに5年ぶりに登場。リング上で参戦を要求すると、ブードゥーマーダーズとしてではなく、"brother"YASSHI個人として出場し、試合終了後、リング上でブードゥーマーダーズを投入すると宣言しアピールした。しかし、全日本プロレスからは秋山準社長名義のコメントで「今の全日本プロレスにはスキャンダルは必要ありません。今後“brother”YASSHI選手をはじめとするVOODOO-MURDERSの全日本プロレス参戦はご遠慮いただきました」と拒否され、予定されていたYASSHIのシリーズ参戦も白紙となった。VOODOO-MURDERS フレッシュアイペディアより)

  • 絶対王者

    絶対王者から見た秋山準秋山準

    かつてはプロレスリングにおいて、力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木など、絶対王者であることが当たり前であった(ジャイアント馬場はPWFヘビー級王座で38回連続防衛を記録している)。ゆえに、昭和期には絶対王者という言い方はなく、この表現が生まれたのは平成に入って(2004年には秋山準が小橋建太の事を絶対王者と呼んでいる)、複数エース制がメジャー団体で定着して以降のことである。絶対王者 フレッシュアイペディアより)

  • 征矢学

    征矢学から見た秋山準秋山準

    3月17日の両国大会で秋山準&潮崎豪組に敗れ、世界タッグ王座から陥落。試合終了後、以前から首および目を痛め、危険な状態であった事と、その治療のため長期休養を発表。征矢学 フレッシュアイペディアより)

179件中 81 - 90件表示

「秋山準」のニューストピックワード