136件中 81 - 90件表示
  • プロレスリング・ノア中継

    プロレスリング・ノア中継から見た秋山準秋山準

    プロレスリング・ノアの中心選手である三沢光晴・小橋建太・秋山準、高山善廣(フリー)の試合を中心に放送する30分番組。ビッグマッチの場合は放送時間が拡大される場合もある。解説者として百田光雄のほか、ノア所属レスラー、あるいはゲスト参戦する選手などが参加している(従来のようなプロレス雑誌やスポーツ新聞の記者、ライターなどは参加していない)。プロレスリング・ノア中継 フレッシュアイペディアより)

  • ロード・ウォリアーズ

    ロード・ウォリアーズから見た秋山準秋山準

    ジャイアント馬場の追悼大会となった1999年5月の全日本東京ドーム大会で全日復帰、アニマルの弟ジョニー・エースと組んで6人タッグマッチに出場し、小橋健太・秋山準・ハクシー組を破った。ロード・ウォリアーズ フレッシュアイペディアより)

  • シャイニング・ウィザード

    シャイニング・ウィザードから見た秋山準秋山準

    秋山準 - シャイニング・スターネス(テレビゲームでの命名)シャイニング・ウィザード フレッシュアイペディアより)

  • 泉田純

    泉田純から見た秋山準秋山準

    2004年5月、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。この頃から秋山準率いるスターネス入りを目指し、同年11月13日に行われた「勝ったら軍団入り決定マッチ」でダーク・エージェント入りを目指す川畑輝鎮に勝利。体重チェックもパスし念願のスターネス入りを果たした。泉田純 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のスポーツ

    1969年のスポーツから見た秋山準秋山準

    10月9日 - 秋山準(大阪府、プロレス)1969年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 太陽ケア

    太陽ケアから見た秋山準秋山準

    ジャイアント馬場を非常に尊敬している。大量離脱時に全日本プロレスに残るか否かの決断は、離脱するメンバーも残留するメンバーも仲間であると非常に悩んだが、ジャイアント馬場のおかげで今の自分があるとして残留する道を選んだ。また先輩の秋山準は馬場から帝王学を学んだが、ケア本人は「誰とでも試合が出来るようになれ」との教えを受けたことから研究を積み重ね、本人は相手がどんなスタイルでも対応出来ることを誇りにしている。太陽ケア フレッシュアイペディアより)

  • ハーリー・レイス

    ハーリー・レイスから見た秋山準秋山準

    また、2005年に小橋建太が訪れた際には、レイスが所持するNWA世界ヘビー級ベルトを小橋に与え(後に返還)、「私はもうミスター・プロレスではない。これからは彼こそがミスター・プロレスだ」とこれ以上ない褒め言葉を投げかけた。レイス曰く「私は長らくプロレスを見てきたが、2004年7月10日に行われた東京ドーム大会の小橋vs秋山がベストバウトだ」。また、NOAHレスラーではレイス夫妻共々、丸藤正道がお気に入りであり、「日本の息子」と呼んでいる。ハーリー・レイス フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリングZERO-ONE

    プロレスリングZERO-ONEから見た秋山準秋山準

    2001年3月2日に行われた旗揚げ戦では、「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」との理念を掲げた。メインイベントは、それまでのプロレス界の常識を超えるすさまじいものとなった。橋本が新日から永田裕志とタッグを組み、ノアの三沢光晴・秋山準組と対決。この初顔合わせはプロレスファンの注目はもちろん、ゲスト解説を務めた武藤ら現役の多団体のレスラー達の注目までも集めた。試合は19分10秒で三沢が片エビ固めで橋本からフォールを奪うが、ゴングが鳴った後も橋本は秋山を攻め続けたためノア勢とZERO-ONE勢の乱闘に発展。そこに観戦に訪れていた、当時橋本と遺恨を持った小川直也が登場し、橋本に「だらしねぇ試合してんじゃねぇぞ!」と絶叫。さらに三沢にも「三沢! 受けてもらおうじゃねぇか! 勝負を!」と怒鳴ったため三沢が激怒し小川に殴りかかった。さらに橋本陣営に付いていた藤田和之までもがリング上で「誰が一番強いか決めりゃいいんだ!」と絶叫し、複雑な対立構図が完成し、ファンを大いに驚かせた。しかしそんな雰囲気に対し、三沢は「テメェらの思うとおりにはさせねぇよ!」と話したため、ファンからブーイングを浴びる。その後橋本が「三沢! 思うとおりにするからな、憶えておけ!」とまとめた。結局ZERO-ONEとノア、小川、藤田との対立構図はこの一夜のみの出来事であったが、その後ノア勢が新日に参戦するなど、この試合を契機に団体間の垣根は急速に低くなり、プロレス界の交流が活発になった。プロレスリングZERO-ONE フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見た秋山準秋山準

    世界最強タッグ決定リーグ戦(全日本プロレス) 優勝:小橋建太&秋山準「超世代軍」組(2連覇)1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 本田多聞

    本田多聞から見た秋山準秋山準

    井上雅央とコンビを組み、タッグで活躍する。プロレスリング・ノア移籍後、GHCタッグチャンピオン秋山準・齋藤彰俊組に挑んだが惜しくも敗れ、それをきっかけに長年組んできたタッグを解散する。本田多聞 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「秋山準」のニューストピックワード