92件中 11 - 20件表示
  • 秋山準

    秋山準から見た田上明

    入団当初からジャンボ鶴田二世として期待され、1992年9月17日、後楽園ホールのセミファイナル(45分1本勝負)・小橋健太戦でデビューすると、同年末の『'92世界最強タッグ決定リーグ戦』には病気療養中の鶴田の代役として出場を果たす(パートナーは田上明)。その後も同期の大森隆男や、先輩三沢光晴、小橋とのタッグでタイトルを獲得するなど、団体の看板レスラーの一人に成長する。プロレス四天王と並ぶ五強と呼ばれた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た潮崎豪

    2009年3月、佐々木健介が保持していたGHCヘビー級王座に挑戦し、勝利。約2年半ぶりに3度目の王座に返り咲いた。翌月、潮崎豪と防衛戦を行ない、勝利。また、5月17日にはKENTAと初のGHCシングル王者同士の一騎打ちを行い"元祖"スターネスダストαを解禁し、勝利した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た斎藤彰俊

    2011年春にチャンピオン・カーニバルに出場。秋山にとって11年ぶりの全日の登場となった。また、ノアのグローバル・タッグ・リーグで斎藤彰俊とタッグを組んで優勝する。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た天山広吉

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た武藤敬司武藤 敬司

    三冠ベルトは太陽ケア、大森隆男、武藤敬司ら全日本の挑戦者を退け4度の防衛を果たしたが、8月26日に船木誠勝に敗れて手放した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た川田利明川田 利明

    川田利明はあまり好きではなかったと公言しており、「全日本時代、川田さんのことは本当に嫌いだった。でも、自分がプロレスラーとして強くなれたのは、川田さんに叩きのめされ続けてきたから」と、多くのインタビューで語っている。なお、対四天王シングル戦では唯一、川田にだけ未勝利であるため、川田に勝つことが出来れば旧四天王越えが達成される。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た小川良成

    第2代GHCヘビー級王者時代の2002年4月7日、4回目の防衛戦となった有明コロシアムの小川良成戦では、「5分以内に片付ける」と小川を挑発していたが、逆に4分20秒・変形首固めによって丸め込まれて3カウントを奪われ、ベルトを失った。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た川畑輝鎮

    自身のブログ「秋山社長の徒然日記」では闘病中の小橋建太の経過を伝えるレポーターも兼ねていた。秋山の弟子でありいじられ役である橋誠や、秋山の家族、先輩である泉田純至、川畑輝鎮らと並んで小橋のエピソードが登場することが非常に多い。また、最近では秋山自身が薄毛を気にしていることもネタにしている。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た高山善廣

    2010年3月 - 5月、ノア初のシングルリーグ戦となるグローバル・リーグ戦に出場。Aブロック1位となり、決勝戦で高山善廣とノアでは初のシングル対決を行うが、エベレストジャーマン・スープレックス・ホールドに敗れ準優勝となった。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たボブ・サップ

    2005年10月にはWRESTLE-1に出場し、2回戦でボブ・サップとの対戦が実現するが敗れる。秋山準 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「秋山準」のニューストピックワード