92件中 31 - 40件表示
  • 秋山準

    秋山準から見た遠藤幸吉

    2006年3月に日本公開された映画「力道山」では、遠藤幸吉役を演じた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た力皇猛

    第5代・第14代・第23代GHCタッグ王座(パートナー 第5代・第23代は齋藤彰俊、第14代は力皇猛秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た志賀賢太郎

    一方、2006年1月8日、田上明とのGHCヘビー級選手権試合の前哨戦では、開始早々のエクスプロイダー・ジャンピングニーからのエビ固めで、田上から0分12秒でフォール勝した。なお、この試合は特別再試合となり、秋山が勝った試合を通常通りの第8試合、志賀賢太郎が勝った再試合を追加試合の第9試合とされた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たジャイアント馬場

    バスの中で疲れてうなだれるサラリーマンの姿を見て自分はああなれないと悟り、プロレスラーとして生きることを決意した。全日本プロレス入団へのきっかけとなったのはジャイアント馬場自らのスカウトによる。秋山は元々新日本プロレスの入団テストを受験していたが相手にされなかったことや、秋山自身がジャンボ鶴田のファンだったこともあり、馬場本人からのスカウトに感動して全日本プロレスへ入団した。秋山が全日本プロレスへ入団することを知った専大OBの長州力は「なんであんないい奴、取らないんだ!」と、同じく専大OBで当時新日本プロレスのスカウトも兼務していた馳浩を怒鳴りつけたそうである(後日、馳はこの件について「秋山の古傷である腰の状態が思わしくないため、プロレスは無理だと判断した」と語っている)。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た聖鬼軍

    鳴り物入りで入団した秋山も、新弟子時代は厳しすぎる練習の日々と先輩からの嫉妬の目で心身とも参っていた。その時「何かあったら俺が相談に乗るよ」と言ってくれたのが他ならぬ小橋建太である。「人生で一番つらい時期」を助けてくれた小橋との歴史はここから始まる。小橋相手のデビュー戦は「何も出来なかった」と後に述懐しており、完全に小橋に引っ張ってもらった試合であったと語る。数年後、その小橋と「BURNING」を結成し、三沢・小川組の「アンタッチャブル」、川田・田上組の「聖鬼軍」、そして高山・大森組の「ノーフィアー」と激戦を繰り広げ、世界タッグ王者のベルトも巻いた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たスターネス

    2000年7月、全日本集団離脱からプロレスリング・ノアへ移籍。以前はイメージカラーのブルーのショートタイツを身に着けていたが、ノア移籍後は白主体へと一新した。三沢や小橋のパートナーという位置付けから独立し、若手を率いて「STERNNESS(スターネス)」を結成。旗揚げ戦初戦のメインで小橋とタッグを組み、1本目を三沢から、2本目を田上から取る。翌日のメインでの小橋とのシングルでも勝利を収める快挙を見せるなど、以降は団体の中心選手として活躍。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た飯塚高史

    新日本プロレス所属の飯塚高史の「ブリザード」とはロックの仕方が左右逆。雑誌のインタビューでは、左手を相手太腿のどこへ添えるかで角度を調整していると話している。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たアンタッチャブル (プロレス)

    鳴り物入りで入団した秋山も、新弟子時代は厳しすぎる練習の日々と先輩からの嫉妬の目で心身とも参っていた。その時「何かあったら俺が相談に乗るよ」と言ってくれたのが他ならぬ小橋建太である。「人生で一番つらい時期」を助けてくれた小橋との歴史はここから始まる。小橋相手のデビュー戦は「何も出来なかった」と後に述懐しており、完全に小橋に引っ張ってもらった試合であったと語る。数年後、その小橋と「BURNING」を結成し、三沢・小川組の「アンタッチャブル」、川田・田上組の「聖鬼軍」、そして高山・大森組の「ノーフィアー」と激戦を繰り広げ、世界タッグ王者のベルトも巻いた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たBAD INTENTIONS

    2012年1月22日、斎藤とタッグを組んで新日本プロレスに流出したGHCヘビー級タッグベルトを奪還すべく、BAD INTENTIONSと対戦。これに勝利し、三冠とGHCタッグの四冠王者となる。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た太陽ケア

    三冠ベルトは太陽ケア、大森隆男、武藤敬司ら全日本の挑戦者を退け4度の防衛を果たしたが、8月26日に船木誠勝に敗れて手放した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「秋山準」のニューストピックワード