92件中 41 - 50件表示
  • 秋山準

    秋山準から見た平柳玄藩

    2011年11月8日の第2回グローバル・リーグ戦(後楽園)における金丸戦では、NO MERCY・平柳玄藩の介入もあって5分14秒リングアウト負けを喫した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た菊地毅

    2006年1月22日、GHCヘビー級選手権者・田上明を後頭部へのロージャンピングニーで下し、3年9か月ぶりにGHCヘビー級選手権者(第9代)へ返り咲いた。同年9月9日、挑戦者丸藤正道に完璧首固めで敗れ(27分29秒)、王座から陥落した。試合前に菊地毅と負けたら前座に戻ると約束していたため、翌月のシリーズでは6年3か月ぶりに青タイツで登場した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た高阪剛

    中学時代は水泳部に所属。レスリングは高石高校進学後から始めたが、フリースタイル81kg級でインターハイや国体に出場するなど、素質とセンスの高さを見せた。専修大学レスリング部時代(3年上の先輩に中西学がいる、柔道部の高阪剛は同級生で友人。)は1年時に全日本学生選手権で準優勝を果たす他、4年時にはレスリング部の主将も務めた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たノーフィアー

    鳴り物入りで入団した秋山も、新弟子時代は厳しすぎる練習の日々と先輩からの嫉妬の目で心身とも参っていた。その時「何かあったら俺が相談に乗るよ」と言ってくれたのが他ならぬ小橋建太である。「人生で一番つらい時期」を助けてくれた小橋との歴史はここから始まる。小橋相手のデビュー戦は「何も出来なかった」と後に述懐しており、完全に小橋に引っ張ってもらった試合であったと語る。数年後、その小橋と「BURNING」を結成し、三沢・小川組の「アンタッチャブル」、川田・田上組の「聖鬼軍」、そして高山・大森組の「ノーフィアー」と激戦を繰り広げ、世界タッグ王者のベルトも巻いた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たCIMA (プロレスラー)

    2004年からは「週刊プロレス」(ベースボール・マガジン社)でコラム「NOAHがわかる、NOAHがかわる」を連載(当初は毎週だったが、2005年から隔週となる)。ノア所属選手の裏話や次期シリーズの見所などを紹介していたが、2006年からはタイトルを「クロブタノート」と変更、泉田を主役としながらも秋山も「ブタ番」として、ノア番(ノア担当の番記者)とのトークや泉田のお見合い企画に参加した。「クロブタノート」が5回で終了した後は「NOAHがわかる、NOAHがかわる」が復活した。しかし77回で終了することを予告しており、その通りに終了した(秋山はコラム内で「次回からは爽やかなコラムが始まります」と予告しており、DRAGON GATE所属のCIMAが後を引き継いでいる)。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た若林健治

    相手に走りこんで飛び膝を相手の顔面・首筋に当てる技。これを出した際に当時の実況アナ若林健治が「ジャンボ鶴田直伝!」と叫ぶのはお約束と化していた。秋山もそれを誇りにしており、「一番思い入れのある技は何ですか?」という雑誌のインタビューに自身のオリジナル技ではなくジャンピングニーを選んでいる。なお、上半身を真っ直ぐに立て垂直に飛び上がり膝から脛付近を『面』で当てる鶴田のそれと比べると、胸を反らし腰から下を前方に突き出し膝頭を『点』で当てる。低空式で放ったり、後頭部へも放つことがある。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たプロレス四天王

    入団当初からジャンボ鶴田二世として期待され、1992年9月17日、後楽園ホールのセミファイナル(45分1本勝負)・小橋健太戦でデビューすると、同年末の『'92世界最強タッグ決定リーグ戦』には病気療養中の鶴田の代役として出場を果たす(パートナーは田上明)。その後も同期の大森隆男や、先輩三沢光晴、小橋とのタッグでタイトルを獲得するなど、団体の看板レスラーの一人に成長する。プロレス四天王と並ぶ五強と呼ばれた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たプロレスラー

    秋山 準(あきやま じゅん、男性、1969年10月9日 - )は、日本のプロレスラー、実業家。本名は秋山 潤。大阪府和泉市出身。また、本名の秋山潤名義として、有限会社アキヤマ・インターナショナル・コミュニケーション代表取締役社長でもある。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た国民体育大会

    中学時代は水泳部に所属。レスリングは高石高校進学後から始めたが、フリースタイル81kg級でインターハイや国体に出場するなど、素質とセンスの高さを見せた。専修大学レスリング部時代(3年上の先輩に中西学がいる、柔道部の高阪剛は同級生で友人。)は1年時に全日本学生選手権で準優勝を果たす他、4年時にはレスリング部の主将も務めた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たアンチエイジング

    三沢が急逝した2009年6月13日の広島大会で椎間板ヘルニアを患い、GHCヘビー王座を返上するなど、40歳代を前後にコンディション不良に苦しんできたが、その後は2011年の三冠ヘビー級獲得などタイトル戦線に復帰している。近年は盟友永田裕志が唱える「アンチエイジング」に共鳴している。秋山準 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「秋山準」のニューストピックワード