前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た秋山真一郎秋山真一郎

    【JRA】 第1回中京競馬第4日目第10競走のはこべら賞(サラ系3歳500万円以下混合、ダート1700m、16頭立て)で、秋山真一郎騎乗のバーディバーディ(牡3歳)が1着となり、同馬を管理する池江泰郎調教師(栗東)は史上30人目、現役では4人目の通算800勝を達成した。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た秋山真一郎秋山真一郎

    第1回阪神競馬第4日目第2競走(サラ系3歳混合指定未勝利戦、ダート1200m、13頭立て)で、5番人気のメイショウサリマン(牡3歳、秋山真一郎騎乗)が1着となり、3月1日に開業したばかりの高橋義忠調教師(栗東)がJRA初出走・初勝利を挙げた。これは2007年の高木登調教師(美浦)以来、4年ぶりの快挙となった。なお義忠調教師は2月28日付で引退した高橋成忠元調教師の息子であり、厩舎も成忠元調教師から引き継いだものである。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦正樹

    勝浦正樹から見た秋山真一郎秋山真一郎

    1997年にデビュー。同期には武幸四郎や秋山真一郎らがいる。初騎乗は1997年3月2日、中山競馬第2競走で、14頭立ての14着だった。初勝利は6月14日、福島競馬第1競走。勝浦正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 江田勇亮

    江田勇亮から見た秋山真一郎秋山真一郎

    同期には秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、板倉真由子、押田純子、武士沢友治、松田大作らがいる。デビュー当時の夢は「名馬の子で勝ちたい」。江田勇亮 フレッシュアイペディアより)

  • 上村洋行

    上村洋行から見た秋山真一郎秋山真一郎

    2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊、蛯名正義、角田晃一、藤田伸二、福永祐一、武幸四郎、秋山真一郎、池添謙一、北村宏司、藤岡佑介、川田将雅、鮫島良太、三浦皇成らがいるが「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である。上村洋行 フレッシュアイペディアより)

  • 野村彰彦

    野村彰彦から見た秋山真一郎秋山真一郎

    秋山真一郎 - 元所属・若手のころからキョウエイマーチやカネトシガバナーなどの活躍馬に騎乗させている。野村彰彦 フレッシュアイペディアより)

  • 松田大作

    松田大作から見た秋山真一郎秋山真一郎

    1997年競馬学校第13期生として栗東・崎山博樹厩舎所属の騎手としてデビュー。同期には村田一誠、秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、武士沢友治、押田純子らがいる。松田大作 フレッシュアイペディアより)

  • 押田純子

    押田純子から見た秋山真一郎秋山真一郎

    競馬学校に13期生として入学。同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、松田大作、武士沢友治らがいる。押田純子 フレッシュアイペディアより)

  • カネトシガバナー

    カネトシガバナーから見た秋山真一郎秋山真一郎

    同馬は秋山真一郎・小坂忠士両騎手の重賞初制覇並びに初GI競走騎乗馬。さらに三石川上牧場初の重賞獲得馬でもある。カネトシガバナー フレッシュアイペディアより)

  • キョウエイマーチ

    キョウエイマーチから見た秋山真一郎秋山真一郎

    4歳に入ると勝ち星から見放され、主戦騎手を松永から秋山真一郎に代えるなどしたが効果はあがらなかった。結局4歳時は勝ち星はなくマイラーズカップの3着が最高成績であった。キョウエイマーチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「秋山真一郎」のニューストピックワード