前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • キョウエイマーチ

    キョウエイマーチから見た秋山真一郎秋山真一郎

    キョウエイマーチは、日本の競走馬である。1997年の桜花賞を制したほか、6歳になっても重賞を勝つなど、息の長い活躍を続けた。主戦騎手は松永幹夫→秋山真一郎。なお、馬齢は現在の表記で統一する。キョウエイマーチ フレッシュアイペディアより)

  • ピカレスクコート

    ピカレスクコートから見た秋山真一郎秋山真一郎

    2007年、1600万下クラスでの3戦目となった道頓堀ステークスで勝利しふたたびオープン馬となり、迎えた第39回ダービー卿チャレンジトロフィーでは秋山真一郎が騎乗し7番人気と低評価ながらレースを制し重賞初勝利を挙げた。しかし続く第52回京王杯スプリングカップでは2番人気に支持されるも最下位となる18着という結果に終わった。秋の初戦は富士ステークスに出走。しかし16着と大敗した。なお、香港マイルに予備登録を行っていたが回避となった。そして第24回マイルチャンピオンシップに出走したが、17番人気で17着だった。さらに続く2007ファイナルステークスでは10着に敗れた。ピカレスクコート フレッシュアイペディアより)

  • ロンググレイス

    ロンググレイスから見た秋山真一郎秋山真一郎

    主戦騎手は秋山忠一(秋山真一郎の父。現調教助手)→河内洋→田原成貴。ロンググレイス フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリピサ

    フェラーリピサから見た秋山真一郎秋山真一郎

    1月に京都競馬場で行われた芝の新馬戦が競走馬デビュー戦となり、秋山真一郎が騎乗して1番人気に支持されたがレースではトーセンキャプテンに敗れて2着だった。フェラーリピサ フレッシュアイペディアより)

  • 押田純子

    押田純子から見た秋山真一郎秋山真一郎

    競馬学校に13期生として入学。同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、松田大作、武士沢友治らがいる。押田純子 フレッシュアイペディアより)

  • 野村彰彦

    野村彰彦から見た秋山真一郎秋山真一郎

    秋山真一郎(1997年-2000年、騎手)野村彰彦 フレッシュアイペディアより)

  • カーム

    カームから見た秋山真一郎秋山真一郎

    当初はそのまま種牡馬になる予定だったが、関係者の尽力によって奇跡的に回復し、2003年7月27日の函館競馬第4競走・3歳未勝利(芝2000メートル)でデビューを迎えた。四位洋文を鞍上に迎え、レース経験馬を相手に単勝3番人気と支持を集めたが、結果はのちにダイヤモンドステークスを勝つこととなるウイングランツから大きく離された、16頭立ての13着であった。2戦目も3番人気に推されたが、15頭立ての9着。3戦目は騎手が秋山真一郎に乗り替わったが、ここも12着とよいところなく3連敗を喫した。結局中央競馬の3戦では1勝も挙げることができず、売却されることになった。カーム フレッシュアイペディアより)

  • 江田勇亮

    江田勇亮から見た秋山真一郎秋山真一郎

    同期には秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、板倉真由子、押田純子、武士沢友治、松田大作らがいる。デビュー当時の夢は「名馬の子で勝ちたい」。江田勇亮 フレッシュアイペディアより)

  • 村田一誠

    村田一誠から見た秋山真一郎秋山真一郎

    1997年に美浦の松永勇厩舎所属騎手としてデビュー。同期には秋山真一郎、武幸四郎、勝浦正樹、松田大作、武士沢友治、押田純子らがいる。村田一誠 フレッシュアイペディアより)

  • ベッラレイア

    ベッラレイアから見た秋山真一郎秋山真一郎

    2007年1月21日、京都競馬場の新馬戦で、秋山真一郎を鞍上に上がり3ハロン33秒8の末脚で快勝。その後、桜花賞を見据えクイーンカップに出走登録を行うも、抽選となり、除外となった。さらに翌週のアーリントンカップでも除外となり、代わりに出走したすみれステークスではアルナスラインの3着に終わり賞金を加算できなかった。桜花賞出走を諦めきれない陣営は、桜花賞への最終ステップ競走であるフラワーカップに出走登録を行うも、3度目の除外となってしまう。代わりに出走した中京競馬場のあざみ賞(500万下特別)を道中最後方から豪快に差し切り快勝する。ベッラレイア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「秋山真一郎」のニューストピックワード

  • Acrobat チュートリアル動画:Acrobat DCことはじめ

  • 切り抜き

  • Digital Photo Professional 4