5949件中 91 - 100件表示
  • ニホンイイズナ

    ニホンイイズナから見た秋田県秋田県

    ニホンイイズナ(学名:)は、ネコ目の中では世界最小の種であるイタチ科イタチ属イイズナ種の亜種で、青森県と岩手県、秋田県に生息するイイズナである。ニホンイイズナ フレッシュアイペディアより)

  • 穂積生萩

    穂積生萩から見た秋田県秋田県

    山林地主澤木再吉の末娘として秋田県男鹿に生まれる。1928年、東京府荏原郡田園調布(東京都大田区田園調布)に移住。1943年、高等女学校を卒えて鈴木亨のもとで古事記を学ぶ。叔父澤木四方吉(慶應義塾大学部文学科教授)が折口信夫の旧友だった影響により、折口に傾倒。。穂積生萩 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉尚

    佐藤嘉尚から見た秋田県秋田県

    佐藤 嘉尚(さとう よしなお、1943年11月8日 - 2011年11月19日)は、秋田県出身の作家、編集者。佐藤嘉尚 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県歯科医師会

    秋田県歯科医師会から見た秋田県秋田県

    一般社団法人秋田県歯科医師会(しゃだんほうじんあきたけんしかいしかい 英称 Akita Dental Association)は、秋田県の歯科医師を会員とする法人。秋田県歯科医師会 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県薬剤師会

    秋田県薬剤師会から見た秋田県秋田県

    一般社団法人秋田県薬剤師会(あきたけんやくざいしかい 英称 Akita Pharmaceutical Association)は、秋田県の薬剤師を会員とする法人。秋田県薬剤師会 フレッシュアイペディアより)

  • モウコガマ

    モウコガマから見た秋田県秋田県

    中国やロシアなどを含むユーラシア大陸やヨーロッパに広く分布する。日本では帰化植物として扱われており、北海道や秋田県、千葉県などで確認されている。一方で、秋田県のモウコガマについては、在来種であるとの指摘もある。モウコガマ フレッシュアイペディアより)

  • 十和田西線

    十和田西線から見た秋田県秋田県

    2008年度からは運行期間を4月最終金曜日から11月第1日曜日までの金・土・日曜日に拡大し、従来の弘前発の往復に加え、十和田湖発の往復ルートも新設した。十和田湖発の新設便はJRバス東北が担当し、「十和田湖・弘前号」とした。さらに運行ルートに秋田県小坂町の康楽館・鉱山事務所などを組み入れ、康楽館では1時間15分の休憩時間を設け、自由に散策できるように観光面を強化した。なお、「十和田湖・弘前号」は2009年度から秋田県の第一観光バスが担当している。それに伴い、十和田湖側の発着地の変更が行われた。2011年度からは冬の観光対策で「十和田湖・弘前号」が通年運行となった。なお、事前予約が入らなかった場合は運休となる。十和田西線 フレッシュアイペディアより)

  • 蓑火

    蓑火から見た秋田県秋田県

    同種の怪火は各地に伝承があり、秋田県仙北郡、新潟県中蒲原郡、新潟市、三条市、福井県坂井郡(現・坂井市)などでは蓑虫(みのむし)、蓑虫の火(みのむしのひ)、蓑虫火(みのむしび)、ミノボシ、ミーボシ、ミームシなどという。信濃川流域に多いもので、主に雨の日の夜道や船上で蓑、傘、衣服に蛍状の火がまとわりつくもので、慌てて払うと火は勢いを増して体中を包み込むという。大勢でいるときでも一人にしか見えず、同行者には見えないことがあり、この状態を「蓑虫に憑かれた」と呼ばれる。逆に居合わせた人々全員に憑くこともあり、マッチなどで火を灯すか、しばらく待てば消え去るという。中蒲原郡大秋村では、秋に最も多く出るという。蓑火 フレッシュアイペディアより)

  • フレーモア

    フレーモアから見た秋田県秋田県

    フレーモア(繁殖名ブラオンジヤツク)は、1930年代半ばに活躍した日本の競走馬である。1934年に行われた第3回東京優駿大競走(日本ダービー)に優勝した。全妹にアステリモア(阪神優駿牝馬(オークス))、フェアモア(目黒記念〈秋〉)がいる。史上唯一の秋田県産の日本ダービー優勝馬である。フレーモア フレッシュアイペディアより)

  • 幡瀬川邦七郎

    幡瀬川邦七郎から見た秋田県秋田県

    幡瀬川 邦七郎(はたせがわ くにしちろう、1905年6月1日 - 1974年5月12日)は、秋田県雄勝郡幡野村(現:秋田県湯沢市)出身の元大相撲力士。本名は大野 邦七郎(おおの くにしちろう)(旧姓:佐藤)。幡瀬川邦七郎 フレッシュアイペディアより)

5949件中 91 - 100件表示

「秋田のできごと」のニューストピックワード