518件中 91 - 100件表示
  • 秋田県

    秋田県から見た藤原保則

    元慶2年(878年)元慶の乱が起こった。これは重い税や労役の苦しみに耐えかねた蝦夷の秋田城司に対する反抗であった。秋田城や民家は焼き払われ、多くの物資や兵を失った。朝廷は急いで陸奥国から五千人の援軍を派遣したが平定に失敗し、新任出羽守の藤原保則を派遣した。保則は反乱の平定に蝦夷をもって当たらせることで成功した。この後、城の修復や兵力の増強をはかったが、天慶2年に再び天慶の乱が発生した。当時はこのように蝦夷に対する朝廷の力は絶対的なものではなく、「俘囚の長」と呼ばれたヤマトに服属するエミシ民族の地方豪族の力は加速度的に強大になっていった。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た清原光頼

    北上川中流以北に勢力を広げていた安部氏は朝廷に対する貢租・徴役を怠り、横暴な態度であるというので朝廷は討伐を行った。これが前九年の役(永承6年(1051年) - 康平5年(1062年))である。しかし、当時の陸奥守や秋田城介の力では討伐ができず、新興武士であった源頼義が陸奥守として向けられ、七年以上にわたり戦いを繰り広げた。頼義も自軍のみで討伐できずに横手付近に根拠をおいた豪族清原光頼に臣下の礼の形を取り参戦を依頼した。光頼は弟の武則を大将とする一万余の兵を出し、遂に討伐に成功した。源頼義、義家の兵力はわずか三千であったが、この清原氏が出した兵力だけでもその武力を伺い得る。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た清原家衡

    しかしこの後、武則の孫の代にいたって一族争いが起こり、家衡が出羽国、沼柵(現在の横手市雄物川町沼館)に立てこもる。家衡はここを源義家に攻められ、金沢柵(横手市金沢中野)に移ったが、遂に敗れた。これが後三年の役(永保3年(1083年) - 応徳4年/寛治元年(1087年))である。この戦の後に、清衡が奥州藤原氏として栄えた。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た大和さくら

    男鹿半島(1991年(平成3年)、大和さくら秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た高井有一

    夢の碑(著:高井有一秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た小田野直武

    久保田藩からは思想家の佐藤信淵・平田篤胤・安藤昌益や、秋田蘭画を切り開いた佐竹義敦・小田野直武らが出ている。「エレキテル」で知られる博物学者平賀源内は久保田藩の依頼で阿仁銀山をおとずれ、途中立ち寄った角館で小田野直武に遠近法を伝えたといわれる。享保年間には鈴木定行と加藤政貞の2名が古来の観音信仰にもとづき、秋田六郡三十三観音霊場の古跡をたずね、巡礼歌を添えた巡礼記をのこした。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た仙台市

    1898年(明治31年)9月20日 - 歩兵第十七連隊、仙台から秋田への移駐を完了。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た津軽

    携帯電話やスマートフォン、PC、タブレットなどの通信機器に不可欠な固定コンデンサの出荷額は1,712億円で全国1位。樹齢200年をこえる天然秋田杉は木曽のヒノキ、津軽のヒバと並び、日本三大美林のひとつとなっており、木材生産量は全国4位。あきたこまちの名産地であり、米の産出額は新潟県、北海道に次いで全国3位。日本酒の生産高は、兵庫県、京都府、新潟県、埼玉県、愛知県に次いで全国6位である。1人当たりの県民所得は全国34位(平成21年度)。近年は風力発電を中心とした新エネルギー産業に力を入れている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見たイナゴ

    ほかに、とんぶりやじゅんさいなどの珍しい野菜も食べられている。一部の地域では納豆に砂糖を入れたり、赤飯にも多く砂糖を入れて作るなど甘みの多い味付けをする所もある(特に県南部で顕著である)。ひきわり納豆の消費も多い。イナゴを佃煮などにして食べる食習慣もある。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た連続テレビ小説

    雲のじゅうたん(1976年(昭和51年)、NHK、連続テレビ小説秋田県 フレッシュアイペディアより)

518件中 91 - 100件表示