518件中 41 - 50件表示
  • 秋田県

    秋田県から見た伊藤秀志

    大きな古時計(ZuZuバージョン)(2003年(平成15年)、伊藤秀志秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た並木路子

    リンゴの唄(1945年(昭和20年)、並木路子秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た銀行代理店

    東北6県の店舗(仙台貯金事務センターが新規の貯金および振替口座に関する貯金簿を管掌する拠点で、銀行代理店を含む)と全国での自動振替を対象秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た北都銀行

    1895年(明治28年)5月3日 - 増田銀行(北都銀行の前身)が開業。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義理

    明治3年(1870年)2月24日(3月25日) - 岩崎藩主佐竹義理が版籍奉還し、岩崎藩知事に就任する。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た藤原基衡

    奥州藤原氏は初代の清衡から二代基衡、三代秀衡を経て四代泰衡に至るまでのおよそ一世紀(11世紀末 - 12世紀末)にわたって栄え、東北の天地は完全に豪族の支配下になった。藤原氏の支配原理は、代々押領使を世襲することで軍事指揮権を公的に行使し、併せて荘園の管理も請け負うというものであり、当時の秋田では比内郡の河田氏、秋田郡の大河氏、由利地方の由利氏が藤原氏の支配下にあったと言われているが、近年の研究では出羽国に奥州合戦後も御家人として在地支配を許された豪族が多いことおよび渥美・常滑焼が広まった平泉付近を中心とする太平洋側と珠洲焼の出土が多い秋田郡近辺の陶器文化圏が異なることから、在地領主の家人化が進んだ陸奥国と押領使としての軍事指揮権に留まった出羽国の差を指摘する見解もある。特に出羽北部である秋田地方には荘園が存在せず、公領制一色の世界であったため、どの程度まで奥州藤原氏の支配が及んだかは疑問であるとされている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た岩城隆彰

    6月22日(7月30日) - 本荘藩主六郷政鑑、亀田藩主岩城隆彰、矢島藩主生駒親敬が版籍奉還し、各藩知事に就任する。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見たみずしな孝之

    いとしのムーコ(2011年(平成23年) - 、みずしな孝之秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た藤あや子

    おばこ巡礼歌(1996年(平成8年)、藤あや子秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義隆

    元和8年(1622年)、山形藩主最上氏が改易され、旧最上領は幕府領と中小の大名領に分割された。このうち由利郡には、関ヶ原の戦い後に転封ないし改易されていた六郷政乗(2万石)、岩城吉隆(2万石)、仁賀保挙誠(1万石)、打越光久(3,000石)などが入部し、それぞれ本荘藩、亀田藩、仁賀保藩、旗本になった。後に仁賀保氏と打越氏は改易され(仁賀保氏は分家2家が旗本として存続)、代わって讃岐国高松藩主だったがお家騒動で改易された生駒高俊(1万石)が転封され、矢島藩となっている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

518件中 41 - 50件表示